November 21, 2004

布団

テーマ:ESSAY

夏がけと、シーツを新調しました。
ぐっすり眠れそう。

昔、ある俳優さんと付き合っていた女優さんが、
ゴミの日に布団を全部、マンションのゴミ捨て場に出していて
だからあの二人は別れたんだと報じていた。
捨てられた丸めてある布団の写真まで掲載されていた。
わたしはこの記事を書いたのは女性だろうなぁ、と思った。
そしてその俳優さんのカップルは、その後本当に別離が報じられた。

確かに女性ってそういうところに潔癖なのだと思う。
わたしも、昔、相手の部屋の布団が
わたしと付き合うちょっと前まで付き合っていた女性の匂いがついているみたいで
布団こそ変えられなかったけれど、
掛け布団カバーとシーツを
全部自分で買ったライトブルーのそれに交換したことがある。
今思えば、その人のこと、本当に好きだったんだろうな。
今はもう、自分の布団ですら、さして気にならなくなった。
もう、そんな風に
布団を変えたいくらい潔癖な女の子みたいな気持ちになることは
悲しいけど、ないのかもしれない。
なんて思いながら
肌触りのサラリとした夏がけを、スーパーから部屋まで運んできた。
子供の頃、お風呂上りにつけたべビーパウダーみたいに心地よい。
一人きりの部屋、一人きりの体温で、一人きりの匂い。
わたしのシャンプーと、
あまり知られてないブランドの香水の残り香。
他は何もない。
この布団の中は、自分だけが生きている匂い。



(2004.5.10)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。