うっとりと仏厘の調べ
何百年も続いた、千古の家の囲炉裏端で、仏壇のお厘を楽器にして、心温まる昔懐かしい童謡や、わらべ歌などの演奏を煙が時折目に染みる中で、聞きました。


とっても心洗われるひと時でした。


その後のおこたの上での百人一首のかるた遊びも、昔の子供に返る思いがしました。たまにはのんびりとのひと時も大事でしたね。


前日の、食育リーダー研修会で一日缶詰状態の後は、特に癒されました。


さて、今年も、3月6日より始まりました。へしこ漬けの教室、

3月分4月分のお教室は、すべて満員になってしまいましたが、5月はまだこれからです。4月中ごろから、また募集いたしますので、ご参加ください。



AD


2月11日、男の料理{蕎麦打ち会}


私も参加させていただいて、店の教室でやりました。


越前そばのそば粉を使って、朝一とれとれの畑直送の大根とねぎを使って、自分たちでこねて、打って、切って

茹でて、大根おろしもダイナミックにどんぶり鉢一杯に!


ネギも、大根おろしの中に、ダシ汁もどぼっと加えて

冷水でしっかりと冷やし、水を切った蕎麦の上にどっさりと乗せて


美味しかった~!



一人ずつ、500グラムのそば粉をこねて

伸ばし

切って


私は、頂き物の九州のそば粉があったもので、それに

薄力粉を少し加えて9割ぐらいのそば粉で、打ってみました。


私が一番へたくそみたい。

でも、コシが堅くて、どれも美味しかったですよ。

今日は、いつも店に来られてるお客様が、一番の先生でした。


またやりましょうね。


今月は、味噌作りの教室が随時受付で、やっております。


公民館での教室も1月に清水西公民館で1回、開発の啓蒙公民館で2月13日に1回とたくさんの方が味噌を作られました。


22日には、はまな味噌作りの教室も、予定しています。


時折雪が降って、三寒四温の季節ですが、

春祭りが待ち遠しいですね。




AD

今年ももう2月に

テーマ:



遅まきながら、2016年もよろしくお願いもうしあげます。


ということで、昨日は節分でした。

例年のごとく、市内の神社、不動寺とお参りし、豆まきのご利益をいただいてまいりました。


今日は、もはや、立春となり、お商売の方は味噌作りの方々も、今は続々と来られて、誰ぞかのお声の通り「そんなもん、寝んとでもせなあかんて~!」の真っ最中でご猿ります。



AD