1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
テーマ:ブログ
2016-05-27 22:20:03

Who Who Who ??



バチカン市国のバチカン宮殿内に建てられたシスティーナ礼拝堂。

1477年から1480年にかけて、教皇シクストゥス4世により建造されたという。

その天井に描かれたメッセージ!


ミケランジェロ・ブオナローティによって描かれたとされているが、何を告げているのか?


ほんとうは誰が、何を言いたかったのか?


リサーチャーのMr.Hayashi は、マラヌスの手(中指と薬指が付いているジェスチャー)だと。

謎は深まる。


イエスとブッダは同一の種だと。


Oh ! そんなにも多くの謎を宿したまま、

我われ人間は、この地上から姿を消していく。


彼らの寿命が短くとも800年に比して、

我われは長くても100年。


神と呼ばれるETが、数千年から何万年とも知れぬのに対し、

まさしく被造物である我われは、人間の手で誕生させたペットのように、

短い地上での生活を終える。


ルネサンスの芸術家たちが操り人形だった?


ほんとうの意味はその背後に隠されている。あれらの隠し絵の背後に。


一般人は、いつの時代もほんとうのことを知らないままこの地上を去っているのか。

https://youtu.be/yXYRJ61A7YA



☆世界の向こう★
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ぶんげいとしかく  やくだつ市場  セソング

AD
いいね!(11)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
テーマ:ブログ
2016-05-22 13:17:52

Above Amazon Rainforest



今日は、私が追ってきた範囲で分かったことの一部を記してみたい。


有史来、人はある時期からETと接触し、


余りの隔たりに、彼らを神と呼ぶようになった。

呼び方は、国によって異なるが。


時代が進む中で、本来のETとは違う像を人間は造りだし、

伝承して行く中でさまざまに変容していった。



これが、神仏の存在の奥に、ETの存在が垣間見られる原点。


はるかに高度なテクノロジーを持った彼らは、地球上の人間をある意味支配する形をとったが、

彼らのDNAを受け継いだ人間は、同時に自由意志を持った存在になり、地球上で増殖して行った。


自由意志の頂点に立つのは、別の星からやって来たエンキだろうか。兄弟であるエンリルは、ローマカソリックの頂点に立ち、イシュタールとかイナンナ、マリ、マリアなどと呼ばれる存在がこれを継承し、今日もこの地球に深いかかわりを持っている。


イエスを聖母マリアの子としてキリスト教をつくったのは、人間だと思われるが、

ヘリオスとイナンナが、Bible にどれほど関与したかは曖昧だ。


共に太陽神だったミトラとヘリオス。太陽神の座を譲ったヘリオスだが、後に、イナンナとキリスト教を立ち上げたが、イナンナの方が大きな支配力を持っているのかもしれない。人間からすると、カソリックのマリア信仰。


3人のマギ:彼らは皆、ETかETと人間との混血と考えられる。

ゴーダマ・シッタルタ 

釈迦の父・ストダナゴータマは、カンボジャ、ダリウスと共にミトラの誕生を祝った。後のキリスト教は、これを継承して、3人の博士、とした。繁栄したミトラ教にとって代わり、イナンナとヘリオスの立ち上げたキリスト教が巻き返し、今日まで続くことになった。ここには、人間社会において、すさまじい殺戮があったようだ。


エンキ、ミトラの流れは今日のフリーメイソンへと受け継がれ、イナンナはカソリックを継承している。なお、呼び名は国によって異なる。


エンキとエンリルは、彼らの星へ帰還したが、いわゆる聖母マリアとイエスはこの地球に関与している。彼らは、どれほど生き続けるかは不明だが、神と言われるだけの存在なのだろう。十字架に磔になったのは身代わりの人間ということだろうか。太陽神ヘリオスは、そうなっても死ぬような存在ではないと思われる。


エンキとエンリルは、神社の前に像となっているあの存在。リサーチャーが述べているように、門番なんかではなく、ここは私の領地であるぞ、と。


古墳と言われるものは、墓ではなく、まさしく彼らの領地なのだろう。


ほんとうのことは、示されているが、人がそのことを深く知ろうとしないだけかもしれない。


これは国内のことだが、世界中で同様のことが起こっていた。ピラミッド然り。数え上げたらきりがないほど存在する。


今日では、アメリカ、ロシア、中国に一般のETが住んでいる。もちろん他の国にも存在するが、表面には現れないようにしている。現れていても、一般人との区別は曖昧だ。


現在では、来ていることを世界に知らせてほしい、という彼らの申し出を開示しないのは、人間の側だと思う。
https://youtu.be/-8stzghN-5s


☆世界の向こう★
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ぶんげいとしかく  やくだつ市場  セソング


AD
いいね!(25)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:ブログ
2016-05-18 09:24:09

Keep your eyes open !!


今日、
エイリアンの人口が216億と聞いても、そうなんだ、と思う。


子供の頃は誰も教えてくれなかったし、興味もなかった。


意識の領域になく、あり得ないことだった。


我われの天の川銀河内のこと。


それ以上離れた星々のことは分かっていない。


想像では、それぞれの銀河、星々には同じくらい暮らしている可能性がある。


世界にはETと遭遇したり、彼らの乗り物でかの星へ行ってきたという人がいるが、


最近では、


Miriam Delicado(カナダ) の言葉がもっとも心にしみる。


https://youtu.be/g2DePg1PjLg


超能力者の父を持ち、4歳でETに遭遇した、Miriam Delicado

そして、

ET Contactee となった。


最近、彼らとコンタクトを取り、


彼らのFLYING OBJECT をビデオに収めることが出来た。


The best way to see a UFO yourself ・・・is to be open to it and keep your eyes open !!


https://youtu.be/g2DePg1PjLg




☆世界の向こう★
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ぶんげいとしかく  やくだつ市場  セソング


AD
いいね!(17)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
テーマ:ブログ
2016-05-14 23:11:07

Who came from Somewhere




日々の生活や既成概念からあまりにも遠ざかっていると、


人はそのことを受け入れることが出来ない。


その人にとって非日常的に思われることを受け入れることは困難だ。


足下をすくわれ、不安や恐怖におののくことになるからだ。


だから、知らなかったこと、聞かなかったこと、見なかったこととして忘れたい。


しかし、

ある時それを見てしまった場合、一人だけの体験だったら、苦しむか忘れようとするか、誰かに分かってもらおうとするか。


だが、多くの人々とともに体験してしまった場合、

自らの常識を変えざるを得なくなる。


さらに、深くリサーチすることにより、この地球には、

太古の昔から、神と呼ばれてきたETが関わっていた事を知る。


今日、世界中で彼らの空飛ぶ物体を目撃し、

ある者は彼らとコンタクトを取り、

彼らの星へ行っている。


しかしながら、現実は、秘匿され続けてきたため、

タイムトラベルはすでに完成している、などと聞けば、

頭がおかしい、と思われたりする。


携帯電話すら、人間が発明したと思っているかもしれない。



火星には、すでに10万人が移住している、と聞けば、

どうやって行ったのか、今日のロケットではまだまだ難しいではないか、

行ったとしてもどうやって生きて行くのか、と。


表向きの情報の背後で、

まったく異なる事実が、

進展していて、


火星へは、かの国のジャンプルームから15分~20分で行かれるんだよ、

と聞けば、ああSFの話ね、と思うかもしれない。



今日、SFの10倍以上も進んでいる現実など、

とても信じられないだろう。


もっと身近な地上のことで、

アメリカにもロシアにも中国にもETが住んでいて、政府と関わりを持っていることすら、

また、陰謀だろう、と。


いやいや、太古の昔から、

人は彼らと関わり、多くのことを指導されていたと考える方が自然かもしれない。


今日、現実を認め受け入れることは困難かもしれない。

しかし、先人は、彼らを神として受け容れていたに違いない。


リサーチャーMr.Hayashi もそのことにふれている。

https://youtu.be/lwN7hhbxV34




☆世界の向こう★
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ぶんげいとしかく  やくだつ市場  セソング


いいね!(18)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:ブログ
2016-05-11 16:58:50

Edfu & Kitora & Fox shrine


like flying object


豊川稲荷秋季大祭 提灯:

https://youtu.be/M58CMizVLCc





古代にはさまざまな空飛ぶ物体があったようだ。

Edfu shrine in Egypt. ・・Kitora Japan


かの国が、アフガニスタンで発掘された太古のFlying Object を持ち去ったことで、大変な事件が起きたことも秘匿されている。


豊川稲荷=Fox shrine

豊川稲荷の境内には、Fox-God ばかりではなく、亀の像もある。


亀・・助けた亀に連れられて・・

そう、亀の甲羅は彼らの空飛ぶ乗り物の形。


すべての物証が伝承されているが、

一般人は多くのことを見落としている。


https://youtu.be/noR2sdEAJxA



Who is the fox-God ? 頭が獣、体は人間。


稲荷=エジプトのHermanubis であるという説を唱える、Mr.Hayashi


そして彼らは、人間より位が上であったようだ。


エジプトとこの国を結ぶさまざまな物証。

https://youtu.be/3NpOmcVI3FY


太古の昔から、神と呼ばれるETが空飛ぶ乗り物で、

世界中を飛び回っていたに違いない。


かれらのどの種が活動していたかは時代によって異なったり、対峙していたり、共存していたに違いない。


それらを記す物証が世界中に存在する。


粘土板、碑文、テラコッタ、土器土偶・・


人間は彼らと密接な関係にあり、多くのことを学んだに違いない。


我われの太陽系や宇宙の星々。そこにはあの惑星Xも含まれている。



☆世界の向こう★
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
国内・海外旅行  やくだつ市場  セソング

いいね!(16)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。