7月10日にやまだようじさんと「瀬上沢で生きもの探し!ミニミニ水族館をつくろう!」のイベントを開催しました。

参加者は13家族43名とやまださん、スタッフ5名でした。
保育園や幼稚園の子から小学生までたくさんの方に参加いただきました。

前日の雨がうそのように晴れ上がり、真夏のような日差しで熱中症にならないよう水分補給に気をつけてもらいました。
今回は瀬上池の下流の小川で生き物を探し、池の上休憩所で捕まえた生き物を種類ごとに水槽を分けてミニミニ水族館です。

青いサワガニやカワニナ、ほっぺたに縞模様があり腹に吸盤のシマヨシノボリ、ちょっとヌルツとするアブラハヤ、どじょう、ヌマエヒ、アメリカザリガニ、タイワンシジミ、ホタルの幼虫のエサとなるカワニナ、ムカデのようなヤマトヘビスジトンボの幼虫、ヤマサナエ、コシボソヤンマやオニヤンマのヤゴ、など、清流の目安となる色んな生き物がいました。

みんなで分類した水槽の前で、やまださんからサワガニは肉食?草食?とか、右利き?左利きの質問が飛び出します。
正確には分かっていないですが、サワガニは雑食性で、藻類を食べるサワガニは青色、水生昆虫を食べるサワガニは赤褐色となるのではないかとのことでした。
また、右か左のどちらか一方のハサミが大きいとのこと。
その後、水槽の生き物を絵に描いてもらいました。
もちろん最後に捕まえた生き物は小川へ返してやりました。

この瀬上沢の自然を是非多くの方に知っていただきたい、触れていただきたい、そして瀬上沢の自然を残す声をひろめていきたいと思います。
活動に賛同いただけるかたはこちらへお願いします。


その他の画像はこちら(※google photoへ遷移します)