2015-01-10 11:05:06

任天堂: ブラジルから正式に撤退

テーマ:ゲーム業界
ブラジルから見ていただいている皆さんにとって今日は悲しい日だ。任天堂はブラジルゲーム市場からの撤退を発表した。公式のコンソール、携帯機、そしてゲームはこの国では公式の販売は終了する。表向きには任天堂はこの理由を高い税率のためとしているが、それは問題の一つに過ぎないだろう。任天堂はブラジルのeShopの今後や、既存の任天堂ユーザがどうなるのかについては今のところ明らかにしていない。


NS: mynintendonews  Nintendo Officially Leaves The Brazilian Gaming Market


みらい的コメント:


任天堂は海外のリストラを積極的に進めており、ブラジルからの撤退もその一環と見られる。

ちなみにソニーとMSはともにブラジルに強気だ。MSはXB1のロンチ第一陣にブラジルを含めており(MSとソニーの、世界ロンチ地図)、ソニーは現地に工場まで建てている(ソニー: PS3をブラジルで現地生産する計画を発表(追記あり))。

ブラジルの市場規模は世界で11位で日本のだいたい10%程度(国別のゲーム市場規模ランキング: 台頭するアジア勢。中国2位、日本は3位に)。南米における「王冠の宝石」であり、全体の1/3程度を占めている(中南米のゲーム市場: 市場規模は合計4,400億円。ブラジルがその1/3を占める)。

AD
いいね!した人  |  コメント(88)  |  リブログ(0)

みらいさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

88 ■Re:無題

>まにまにさん
任天堂だけ例外w
なんのかの理由をつけても、任天堂だけ売れてない。
ブラジルは据置機の方が強いよ。
2012年のランキング
1) World of Warcraft + Burning Crusade (PC)
2) Call of Duty Modern Warfare 3 (PS3)
3) Fifa 12 (PS3)
4) Kinect Sports Segunda Temporada (X360)
5) Mario Kart 7 (3DS)
6) Uncharted 3: Drake’s Deception (PS3)
7) Assasin’s Creed Revelations (X360)
8) Super Mario 3D Land (3DS)
9) Battlefield 3 (PS3)
10) Forza Motorsport 4 (X360)

87 ■無題

新興国では据置機の価格が高い・・・のも有りますが
ゲーム専用機をリビングに置く文化がない、
ゲームが生活に必要と理解のある家族がまだ少ない、
"空白地帯"であるが故にこれらを乗り越えて普及させなくてはいけません。

年々成長する市場といいますが、上記を踏まえると
TV画面を借りなくてはいけない据置機よりも、専用固有の画面を持つ機種のほうが可能性を感じます。
ま、こちらはGoogleとAppleがいるんですがね。

任天堂って据置きが強い企業でもないんですよね。
日本ではSFCが強かった印象だけど、世界で見るとメガドラが頑張ってたりしますし。
携帯機が強い企業なので、それゆえ携帯機も撤退するというのが、色々と勿体無いよなぁと思います。

86 ■Re:無題

>まにまにさん
>私は将来有望な市場を泣く泣く撤退したといった印象は少ないですかね。

そらそうよ、任天堂の居場所がなくなったから撤退したんだから、将来絶望な市場から逃げ出したんだよ。

売れないのは市場が悪いから!
スマホやF2Pが弱く、コンソールが強い大儲けできない市場じゃなきゃ撤退したって仕方ない?w
何その酸っぱい葡萄w

日本もそうじゃん。

85 ■Re:無題

>まにまにさん
年々成長する市場から完全撤退。
それだけだよ。
その市場に合う商品が出せなかった。
事前に市場調査して参入した筈の、アメリカ大陸で第三の規模の市場からね。

84 ■無題

私は将来有望な市場を泣く泣く撤退したといった印象は少ないですかね。
撤退したのは事実ですが、再参入は十分可能ですし。
個人的には携帯機まで撤退する必要はなかったのでは、とは思いますが。

79でななっしーさんが「安価を武器に・・・」と言ってますが、ブラジル市場での購入層はそこは余り考えていない気はします。
単にブラジルの現状にマッチしていない機種を持っている、それゆえの結果といったところでしょうか。
繰り返しになりますが、私は土台が違うと思ってます。PSやXBもブラジル市場にフィットしていると思えません。
スマホ・タブレット・PC (または第4の選択肢) を中心としたF2P市場のほうが有望な気がします。

個人的に任天堂は現状のTVゲーム以外のデジタル・アナログゲーム事業で参入するのも有りかなと思います。
ケンカすると弱いと言ってますしね、こっちの方が面白いものが出てきそうw

83 ■無題

ブラジルのWatch Dogsは、20万本程度の日本より売り上げ本数多いんですね。
しかも日本の倍以上の小売価格なのに。

少なくとも欧米のタイトルなら日本語にローカライズするより
ブラジル向けにローカライズした方が採算性が良い重要な市場になりますね。

要するに任天堂の今回の決定は、グローバルのサードパーティーを諦めて
京都産タイトル専用機として生きて行くと割り切った結果なのでしょう。

82 ■Re:無題

>名無しさんさん

ああ、こちらこそ申し訳ないです
74が名無しさんさんのコメだというのを見落としていました

81 ■無題

>a.さん
71です。申し訳ない。一応74で71だと辻褄が合わなくなることは書いたのですが。
おそらく日経のはCSのみの数字でF2Pとかを入れてないんだと思います。

80 ■Watch Dogsがブラジルで33万本突破

>まにまにさん

http://doope.jp/2014/0634855.html
>ブラジルにおける「Watch Dogs」の販売が33万6,000本を突破、ラテンアメリカの販売規模は60万本に

>UbisoftのBertrand Chaverot氏によるとブラジルのWatch Dogs販売は1本当たり199.90米ドル規模に相当し、米ドル換算の総売上は1億2,000万ドルに達したとのこと


単に任天堂が失敗しただけじゃないですか?
71名無しさんの、CS市場は誤差レベルというのも間違いですね
CSだけで500億円あっても全く不思議じゃないです

またUbiによると、プラットフォームの内分けは
PS4とXbox Oneが全体の41%を占め、10%がPC版だったとのことなので
PS3と360という前世代機だけで売れたわけでもないです

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ13HGS_T10C15A1EAF000/
日経によると、ブラジルの500億円市場のうち任天堂のシェアは数%だったようなので
将来有望な市場を泣く泣く撤退したというのは間違いないのではないでしょうか

79 ■Re:無題

>まにまにさん
日本円に換算すると為替の変動があるのでブレはでますよ。
2011から2012で1割ぐらい円高になっています。

市場自体F2P優勢ですが、前出の資料では年あたり7.6%の成長で、2016年には2011年の倍に成長するとした有望かつ大きな市場です。

CSというより任天堂がそこら脱落した。
安価を武器に攻め込もうとした、任天堂の南米戦略の挫折でしょう。
回復不能な程かどうかは今後次第ですが、厳しいと言わざるを得ないでしょう。

78 ■無題

何となくブラジルをまとめると、みらいさんの去年の記事の市場規模がやや不正確な感じを受ける。
2011年に380億ぐらいで、成長して500億程度になっている・・・という印象でいいのかな。
F2Pが強いですか、中国みたいですなぁ。もう土台が違いますね。

>> ななっしーさん、ぽんずさん
任天堂空白時間と言いますが、元々空白ですよね?
今回の件ではVideo Juegos Latinoamericとの4年間の代理店契約が終了し、契約更新しないので撤退という流れだそうで。
私はブラジルで現状のCS機が成功するのは難しいと思えるので、まぁ良いタイミングだったのではないでしょうか。

何か中国と同じニオイがするんですよね、ブラジルw
上で書いたように市場の土台がもう全然違う気がします。

そういえば中国ではPS4発売が謎の延期になってますね。
XB1も出しただけで、その後いい話は聞こえてきませんし・・・。
日米欧と同じフォーマットを持って行ってもダメな気がする。

77 ■豚に真珠

そもそも
来期の事業予算(年度)が全く無いから海外事業の
殆どを売り払ってるわけでね

76 ■無題

任天堂のビジネスモデルってのはゲームそれ自体もさることながら、ゲームに関連した
キャラクター関連商品の収益も馬鹿にならないので、その基盤を失うことは見た目以上に
損失は大きい

下手なスポットCMよりゲームの宣伝効果って絶大だしね

75 ■ぶらぜ~お

http://thebrazilbusiness.com/article/market-for-videogames-in-brazil
2011年はTVゲーム市場が8.4億BRL(約380億円ぐらい?)

74 ■無題

みらいさんの去年の記事の
>中南米のゲーム市場: 市場規模は合計4,400億円。ブラジルがその1/3を占める
と、日経の
>ブラジルのゲーム市場は500億円程度
の数字が違いすぎるなぁ
スマホを入れるか入れないか、辺りか?

73 ■任天堂信者「欲しがりません勝つまでは!」

>まにまにさん
歴史上、数多の国や都市が敗戦を経験しているが、
あらゆる勢力には負けが決定するまでは逆転勝利を信じる人々は必ずいた。

客観的事実を述べると、任天堂はWiiUのみに限らず、
同国でゲームを売るという商行為を自ら放棄した。
何人か知らぬがWiiUなど任天堂のゲーム機を正規購入したブラジルの人々は見捨てられたのだ。
SCEもMSも留まっている中、任天堂だけがひっそりと「足抜け」した。

その事実を重大事と危惧するか楽観視するか様々な解釈があっていい。
どう解釈しようが事実が重大ならその結果は任天堂が引き受けなければならない。

「ブラジル撤退は大したことじゃない」

そう思うことで「心」が救われるならいいんじゃないでしょうか?
或いは任天堂だけが失敗したんじゃないという物語にすがるのもいい。

72 ■Re:Re:任天堂はもし「次」を出せても結局「先」はない

>M.Tさん

大雑把に言って、MSはソニーの一年遅れぐらいの印象があります。
理由は、フルスペック(64bit かつInstant Go対応)のwindowsタブレットの発売で一年ぐらい遅れたことから。

ゲーム機のような、コンセプトがあって、ハード、ソフトの両面から実現していくという点では、ソニーに対抗できそうなのはアップルぐらいだと思います。

任天堂は下手すると10年遅れかもしれません。
割り切って、おもちゃ路線やテレビ・スマホの周辺機器のようなハードの方がいいと思います。

71 ■無題

gamespark 2014年4月
>コンソール機が非常に高価なブラジルで成長を続けるF2P市場 ― 市場規模は4.7億ドル
>ブラジルのF2P市場規模は4.7億ドル(約482億円)と報告されており、そのほとんどはゲーム内アイテムの購入によって形成されているようです。

日経 2015年1月13日
>任天堂、ブラジルから撤退 家庭用ゲーム機販売
>ブラジルのゲーム市場は500億円程度で、任天堂のシェアは数%とみられる。

ブラジルのゲーム市場はF2Pのアイテム課金が大部分でCSは誤差レベルみたいですね。
でもCS市場が小さいという事は撤退しなくても在庫等の損失は小さいはずで、そこから撤退というのはけっこう印象悪いです。

70 ■無題

任天堂は貯めた金を使えば良いのに

69 ■Re:ブラジルってどうなん?

>まにまにさん
商売として、儲からないなら撤退。
それは正しい部分もありますが、かといって儲からない地域は撤退すれば良いかと言うと、それも問題があります。

南米最大の市場に任天堂空白時間が生まれます。
任天堂に親しまない世代が生まれます。
それに周りの国々はブラジルから撤退したゲーム機をどう見るでしょうか。

南米最大の市場のブラジルを失った事で、周辺国での売行きも落ちますし、数を大きく減らしてあらゆるコストが上昇して採算性も落ちるでしょう。
採算割れなら撤退でしょうか…
悪循環ですね。

本来、枯れた技術の水平展開で安く売りさばく市場の足場を失うのは、任天堂にとって恐ろしい話でもあります。

68 ■ブラジルってどうなん?

私はソニーとMSがブラジルで大きく利益を出しているなんて聞いたことがないし、
またうまくいっているといったニュースもまだ見ていないが、本当のところはどうなんでしょうか。
PS3を現地生産するといった話と。PS4を4000レアル(約18万円)XB1が2200レアル(約10万円)で発売するといった記事は見たことが有ります。
もう記事が出てから時間が立ってますし、PS3の話も1年以上前の話ですので、結果が出て伝わっていてもいいと思うのですが・・・。

67 ■Re:無題

>うさん
単純な話で、見失ったんじゃなくて「安価な玩具」路線の限界に来てただけの話ですよ。
赤字の問題を棚上げしたら、ソフトラインナップの縮小は値下げしたことでチャラになる筈でした。
ところが出せない、出ても極一部以外は売れなくて次が続かない。
ハードは国内市場トップなのにです。

次があってもその先が怪しのは、居場所がなくなって来ただけかも知れませんね。

66 ■無題

WiiUの失敗は玩具の体裁を取りながらコア層にもアピールしようとした事
おかげで誰にも望まれない中途半端なハードになってしまった

3DSの失敗は身の丈に合わない高級・高額路線
おかげで消費者にソッポ向かれ、値下げで叩き売りしてでもシェア確保しなければならなくなった
これが原因で思うような利益を出せなかったのは周知の通り

いずれも、自社ハードが誰にどんな理由で売れているか見失った結果の失敗である
「子供に与えるのに最も適した無難で安価な玩具」
ここさえ見失わなければ「次」も出せるし「先」もある

PSやXBOXとはジャンル違いで目指すべき方向がそもそも違うし、この二社とは比較する事もライバル扱いする事も適切ではない

65 ■無題

今まで好き放題殿様商売やってきたからね
しかも幹部連はいまだにWiiDS時代の甘い蜜を忘れられない

幹部連一新しない限り無理でしょうね
最低でもいわっち、ミヤホンのW老害は追い出さないと

64 ■Re:任天堂はもし「次」を出せても結局「先」はない

>ぽんずさん

自分もほぼ同意見ですが、たった一つの問題として「任天堂側の頭を下げられない体質」がありますね。
やはりコレは社外から新社長を招いて体制の刷新が出来ない限り無理なのでしょう。

63 ■Re:任天堂はもし「次」を出せても結局「先」はない

>ぽんずさん
ぽんずさんのコメントが一番現実を反映していると思います。 枯れた技術の云々ではもうお話にならないのが現実でしょう。
3社を比較するともともと何もないところから様々な商品を生み出したSONYが一番技術力は高いのが明らかです。 PSはそのノウハウが活きてるブランドでしょう。 そこには、絶対に任天堂は対抗できないでしょうからやるとしても携帯機レベル。

据置きは大人しくサードとして参入するしかないでしょう。 そうすれば優れた開発キットも手に入って集中的にソフト開発に臨める。
IP自体は、まだ力があるからPSに参入してもそれなりに売れると思います。

これしかもう道が無いのに拘るんだから分かりません。 セガの横山さんとかもPS4を見てウチが勝てないのも分かったと言ってましたね。
商売も引き際が大事だと思います。

62 ■任天堂はもし「次」を出せても結局「先」はない

負けるだけならいいよ。
PS4レベルのハードを作ってWiiU並の爆死をしたら会社規模縮小どころか倒産ですよ。
パソニシじゃないんだからハードだけ作ってもしょうがない。
それこそファーストなんだから「アンチャーテッド4レベルの画質でゼルダを出せ」って言われるんだから。
それも1本や2本じゃなく線で大作を出せと言われる。
任天堂にやっていくだけの体力も時間的猶予もないですよ。

仮に青息吐息で次のハード出せたとしても、
これからどんどんハードル上がっていくんです。
もう玩具屋が単独で付き合っていける商売ではなくなっている。
映画会社のVFX技術を流用するような時代ですよ。
「宮本さんのお手製」なんていうアナログな時代じゃないんです。

ちなみにサードの立場でPS4に参入するのは心配いりません。
彼らに独自のアカウントシステムを構築する能力はないし、
クラウドゲーミングを作る技術もありません。

でもSCEが用意するシステムに乗っかるだけなら任天堂にだって出来ます。
サードに対するバックアップ体制は万全ですよ。
タブコンをUBiに投げっぱなしにした任天堂とは違いますから。

61 ■Re:Re:スマホで課金ゲームを出しましょう。

>無理っぽいさん
>客のお子様ユーザーがスマホの課金ゲーにお金を突っ込んでくれるのか?
>もし突っ込んできたらそれは別の意味でまずい気が。子供から搾取する気満々じゃないですか。

子供から搾取する気マンマンですよ。
任天堂は既にガンホーも顔負けのコンプガチャゲーを作っているのです。

https://www.youtube.com/watch?v=bKUs8AhtN-k

↑これを見てください。
Suicaのチャージポイントを利用して親に内緒で課金しまくれる親切仕様!
もう既にダミー会社を作って内緒で参入してんじゃないか?という老練の技w
もはや3DSでコンプガチャするか?スマホでコンプガチャするか?の違いしかありません。

どーせ新型ゲーム機なんか出したところで、
PS4が価格攻勢やソフト資産で勝負に来たら大負けに負けるに決まってるんだから。
ゲーム機は性能の良い方が勝つなんて単純な商売ではない事は任天堂が一番知ってます。
WiiUを引きずったま次世代機(つまり互換)なんて出せないし。
WiiUを振り切って完全なる新型(高給路線)を出したってPS4のラインナップには敵いません。

60 ■Re:無題

>qさん
>このニュースを見て考えた事は状況によって長所と短所は入れ替えるんだなと

…どこが?
撤退しなきゃならないやり方が長所に入れ替わる日がくる?

59 ■Re:無題

>qさん
>最近の任天堂の弱さは贅肉が無さ過ぎて風邪ひいてる人みたい、特に上で引っ張れる人材が貧弱すぎる


過去の資産に胡座かいて、何も投資しなかったから、人も少なく一人頭の売上が大きかっただけでしょうね。
余計なコストを掛けずに儲けるのは、商売としては最高ですわね。
なんか失敗するとスッパリ手を引いて、やり方を変えて挑戦とか無駄な足掻きは一切しない感じ…

でも熟慮して手を出したようにも見えないのに、手数も出さず簡単に手を引く今のやり方だと、早晩何もやれなくなっちゃうと思う。

とりあえず次を見据えて投資しなかったから、今の任天堂みたいに取り残されてるんですけどね。

58 ■無題

まさかこのブログで社内不倫云々つー生々しい話を目にするとは思わなかったw

57 ■無題

このニュースを見て考えた事は状況によって長所と短所は入れ替えるんだなと
任天堂は持たざる経営ってやつで本丸の社員は二千人位で一人当たりの売上げが
大体二億円対するソニーは十四万人で一人当たりの売上げは四千六百万程度
確かに任天堂の方が生産性は高いし給料も良いんでしょう
一見するとスリムで効率の良い任天堂とブクブク太ったソニー
でもこの無駄に見える部分がイザって時には他の部署の技術や人材を活用したりカバーしあえる
モチロン足引っぱられる事もある、どちらが良いとは一概に言えないけど
最近の任天堂の弱さは贅肉が無さ過ぎて風邪ひいてる人みたい、特に上で引っ張れる人材が貧弱すぎる

56 ■無題

これが噂の、「テタイブーメラン」なのか

55 ■無題

任天堂本社も企画以外の人員いらんだろ
開発はPS3や360のHD化で苦労してたサードに丸投げなんだから

54 ■Re:スマホで課金ゲームを出しましょう。

>ぽんずさん
そりゃ確かにまずいでしょうけど、でもソフト専業になっちゃったら今の企業規模は不要になるわけで(相応に身軽じゃないと利益が出せない)、それは中の人には受け入れがたい。叩き上げで来た人にはできない選択でしょう。外部から斬り捨て御免なCEOを連れてこないとできませんよ。

それに自社部隊でソフトを作れるとしても、主客のお子様ユーザーがスマホの課金ゲーにお金を突っ込んでくれるのか?もし突っ込んできたらそれは別の意味でまずい気が。子供から搾取する気満々じゃないですか。

53 ■無題

もうすでに看板タイトル全部外注に丸投げだし

52 ■Re:無題

>無能社員をどんどんリストラしようさん
年俸制は良し悪しありますからねえ。バンナムもやってましたけど、みんな確実に成果が出るテイルズばかりやりたがってチャレンジングな新規が全く出なくなってしまったことがありましたし。結局テイルズスタジオを解散することに。任天堂なら今以上にマリオが出るだけでは。

ただソフトメーカーになったところで、アーケードもやっていてネットワークもいち早くやっていたセガでも大変だったのに、技術も周回遅れ、ネットワークの知識もない任天堂はどうすればいいのか、難しいところではありますよね。外注でシリーズものを出すだけの版権管理会社みたいになってしまうのか。

51 ■無題

みらい的コメントまでえび通にパクられてる
しかもえび通のコメントのように書かれてる

50 ■無題

税率は高いのはまえもってわかっていたのだから今更撤退って一体何をしてたのか

49 ■無題

足引っ張る市場がなくなって清々したわ
これで岩田さんも本腰入れ次世代機戦争に挑めるという物
ここからの大攻勢に否が応でも期待が高まる

48 ■無題

まぁ、リオが有るじゃないか  ブラジルには

47 ■無題

ブラジル産PS3と価格競争にも成らないから
尻尾巻いて逃げるんだろうなぁ

46 ■無題

Wiiuが八万円超、PS4に至っては17万超だとか。そらいくら何でも売れないわけだ。

45 ■無題

WiiUはリージョンロックがかかっているので本体を買ってくれた人の為にもソフトだけは発売していくべきだったと思います。

44 ■スマホで課金ゲームを出しましょう。

とりあえずMSやSCEが頑張ってる所で任天堂だけが撤退するのはマズイよね。
それに地域に優先順位をつけて低いところを露骨に冷遇するのもよくない。
それなら最初から参入しない方がいい。

まあでも全部撤退してソフト屋さんになるのは賢明な判断ですよ任天堂の場合。
3DSで課金ガチャゲーを作るくらいならスマホに進出しちゃえばいい。
任天堂なら上手くやれるでしょう。

43 ■無題

任天堂にも年棒制を導入して、結果を出さない奴は年齢に関係なく一律に400万、結果を出す社員はパフォーマンスに応じて600万、800万、1200万、2000万と出せばいい。

社内結婚の後に社内不倫し、精神安定剤を机にぶちまけて、医務室に入り浸って、周囲の士気を下げる奴は即クビでいい。

42 ■ブラ汁

中南米のゲーム市場: 市場規模は合計4,400億円。ブラジルがその1/3を占める
http://s.ameblo.jp/seek202/entry-11901419171.html
Superdataの新しいレポートによると、ブラジルのデジタル·ゲーム市場は冷えこんでおり、中南米の他の領域は大幅に拡大しつつある。

ブラジルが依然としてラテンアメリカのゲーム市場における「王冠の宝石」とみなされている一方、メキシコ、アルゼンチンなどの国々の市場が拡大していると、このレポートは述べている。ブラジルがこの地域の総売上の34%を占め、メキシコは現在22%、アルゼンチンは14%を占めている。

メキシコとアルゼンチンのデジタルへの月次支出平均は、これ以外の国よりも約10%高い。

ブラジルは今年は合計15億ドル、2017年までに16億ドルに達するものと予想されている。これは大きな売上だが、前年からみると成長はずっと遅い。モバイルゲームの年間での売上高は合計$6.1億であった一方で、League of LegendsやDota 2といった作品がブラジルでのシェアを倍増させている。

41 ■無題

山内が息子電通に入れてもらってたの見ればわかる通り
任天堂もコネで入れた社員が相当数イルんでしょ
電通はそういうコネ社員が遊んでてもデキる社員もバリバリ取ってるからうまく回るんだけどね
コネ社員がいることで仕事入ってくるって広告屋の性質もあるんだけどゲーム屋じゃねえ

40 ■無題

しかし、成長市場捨てちゃうとは
任天堂のほうがMSはより厳しそうだね

39 ■Re:無題

>名前:さん
会社側から会社員を辞めさせられる、となると安定してローンが組めなくなったりして、結局は経済に悪影響があるだけ。
それは巡り巡ってゲーム経済の縮小を招くだけだよ。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。