2014-08-15 12:22:17

SCEE Jim Ryan氏インタビュー: 独占におカネを払う必要性は感じていない

テーマ:インタビュー
Q(CVG):「PS4が一千万台普及したというのは大ニュースだった。早くて驚いたか
A(Jim Ryan氏):「ああ。11月の発売の時にそう言われていたら、あなたの手を噛み千切っていたかもしれない。仮にあなたが、私が今年のGCの壇上に上がって一千万台というセールスを発表するだろうと言ったら、私はさぞかし驚いたことだろう。

特に、在庫不足が非常に深刻だったことを考えると...UKでは多少マシでしたが、とはいえUKでもクリスマス前には特にそうでした。だが大陸欧州では、今年の最初何ヶ月かは非常に厳しい状況だった。もしももっと供給があったなら、一千万台突破はもっと早かっただろう。


Q:「勢いという点で、PSコンソールの中でPS4はどうか
A:「ブッチギリだ。

Q:「Tearawayには注目した。Vita版は実に素晴らしかった
A:「見た目もすばらしいし、反応も良かった。PS4のタッチパッドへの対応はクールだ。

Q:「PS4版はどうか
A:「Media Moleculeの完全な内製だし、チームは全力で取り組んでいる。

Q:「Media Moleculeは他に何を開発しているか
A:「彼らがTearawayしか考えていないということはない。詳しくはまだいえない。

Q:「VitaからPS4への展開は珍しい。こういったことは今後もあるか
A:「Media Moleculeのようなチームにはクリエイティブであることがすべてだ。売れそうだから別のプラットホームに、というのは違う。物事の始まりは創造性であり、儲かるかどうかではない。

Q:「Vita版は評価が高かった。PS4には多くのユーザがおり、見通しは明るいのではないか
A:「それはもちろんだ。

Q:「実験スタジオとして、MMはどのくらいのライセンスを持っているか
A:「たくさんある。MMのようなスタジオに決まりきったやりかたを押し付けるのは愚かなやり方だ。

Q:「Rise Of The Tomb Raiderが話題になった。AAAに対するソニーのスタンスは
A:「ご存知の通り、当社には極めて強力なスタジオのネットワークがある。これらのスタジオはみなPS独占のタイトルを開発している。これは筋の通った3rdパーティとの提携関係として最高だと思っている。DestinyについてのActivisionとの提携は、彼ら3rdパーティにとって大いに意味のある提携関係の例だし、こうしたゲームのプレイヤーにとっても意味があり、有意義なものだと思う。こうした二つの方法をぴったり組み合わせることで、マーケットにおける当社のポジションはかなり完全なものになるのではないかと思う。

だから、こちらから出かけていって単なる独占契約を買う必要があるか?といえば、たぶんそんな必要はない。昨日、メディア・ブリーフィングの前に、E3の発表からのアップデート動画をお目にかけた。ショウ自体は新しくフレッシュなもので一杯にしておきたかったからだ。そうした(新しくフレッシュな)ものこそが、私たちにとっての素晴らしく、強力で、皆さんに納得していただけるような独占作品のラインナップなのだし、私たちはそれに満足しているのだ。


Q:「インディーにはソニーからアプローチしているのか。向こうから来るのか。
A:「どちらとも言える。

Q:「PS3作品のリマスターは今後も続けていくつもりか
A:「The Last Of UsのPS4版は極めて好評だったが、やりすぎるとPS4がPS3の単なる焼き直しになってしまう。バランスが重要だ。

Q:「PSNowのベータから学んだことは何か
A:「何から何まで、非常に多くのことを学んでいるところだ。技術的なことも、多くの人々がサービスを平行して使うことについての山ほどのデータ、インストールベースに対比して計測すること。こうしたことすべては私たちにとって新しいもので、ベータが行われている毎日毎日、日々学んでいる。

消費者にとって何が良い価格モデルなのかについても学んでいる。レンタルでスタートしたが、そのために適切な期間設定は何か、レンタルしプレイすることについての適切な価格は何か。まだ完全に分かったわけではないが、このことについては何とかするつもりだ。ここからの教訓を得、必要に応じて違った形でおこなっていく。

私たちが学んだことの一つは、レンタルはモデルの一つであり、一部の人にとっては魅力的なサービスだが、定額制のほうにより強く惹かれるのかもしれないということだ。このやり方も私たちが注目しているものだ。お分かりの通り、このテーマは今回の短いインタビューで語るには盛りだくさん過ぎるものだ。『学んでいる』という言葉はぴったりな言葉だ。なぜならこれは私たちにとって新しいビジネスであり、私たちは謙虚になり、このビジネスをすっかり呑み込んではいないことを認め、すばやく学んでいく必要があるのだ。


Q:「EA Accessについて否定的だった。PSNowではどんなバリューを提示するか
A:「その二つは全く別のものだ。

Q:「今回もVitaについては触れられなかった。このハードをどうサポートしていくか
A:「私たちはVitaを今後もサポートする。Vitaは好きなのだ。E3で言ったように100以上のゲームが開発されている。お分かりだろうが、カンファレンスでVitaを取り上げなかったのは、Vitaに使える時間がなかっただけだ。PS4の優先度は高い。PS4については山ほどお伝えすべきことがあり、PS4に集中したかったのだ。

VitaとPS3について話し始めたら、ショウは二時間にもなり、皆が不満になっただろう。だからPS4にだけに抑えたのだ。昨夜お見せしたタイトルは一つ残らず、リモートプレイを使用してVitaでプレイできると申し上げておく。この機能は非常に高く評価されているし、私たちの想定よりもずっと多く使われている。

他の事、もっと高い戦略的なレベルについてのことだが、私たちは個々に切り離された、垂直分業としてのハードの時代には終わりが来ると考えている。そうしたバラバラなサイロの日々は崩れ落ちて、すべてがネットワークに接続される。音楽だろうが動画だろうが、一度買えば様々なハードで、様々な場所で楽しめることが求められる。

私たちはそうした時代にあわせていく。PSNowであり、PS4のコンテンツをTVだけでなくポータブルなデバイスで楽しむことができる機能なのだ。それがこれからの楽しみ方であり、私たちはそうした未来への戦略的な道筋に従っている。そしてVitaは、そのための戦略的な基礎の一部なのだ。


Q:「PS4とVitaの同梱について
A:「検討中だ。

Q:「ホリデーシーズンでのPS4の見通しはどうか
A:「UKについて言えば、ますます良くなっている。今後もそうなるようにしていきたい。


NS: CVG  Sonys Jim Ryan Interview:We dont need to buy exclusivity


みらい的コメント:


一行訳部分で、特に面白い部分(PSNow関連とか)は別途追記予定。


AD
いいね!した人  |  コメント(51)  |  リブログ(0)

みらいさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

51 ■Re:でも今世代の勝利ってある意味フロックでしょ

>toorisugariさん
PS4もSteamrollerの予定だったけど、GFが28nmプロセスでコケたからJagureに
切り替えただけで、判断のタイミングとかはMSも変わらなかったんじゃないかと
思うよ。ESRAMに関してはメインメモリにDDR3採用した事の影響だから、その点で
GDDR5の採用を早い段階で決めたSCEの判断が正しかっただけかと。

50 ■Re:Re:無題

>toorisugariさん
>売れるゲームを初っ端から作れ、と考えるから駄目なんだと思うのです

スクエニ擁護する気はないんだが、スリーピングドッグスなんかは1作目の採算性は
端から捨ててやってるよ。正確にはスクエニ内製じゃないけどね。あれは
発売しても利益出ないって話でアクティが手放したのを、トリロジーで最終的に
利益出ればいいって話で買ったから

49 ■Re:無題

>名無しさん
マルチだったタイトルが、売れてない低性能の方に独占されたら、両機種持ちの人ほど頭に来るんじゃね?
ゲームを最適に遊べる環境を整えたのに、無理やり「このタイトルは劣化版しか売らないから」って言われた訳なんだし。
「この劣化版でも遊びたければ5万円払ってバツイチ買って下さい。嫌なら遊ぶな。」なんてのは論外だし。
そのタイトルに思い入れのある人ほど辛いんじゃね。

金とか宗教なんて関係ない。
足元見られて馬鹿にされるぐらいならファンを辞める。
それが人としてのプライド。
盲目に従う方が宗教だよ。

48 ■無題

ゲームしかやる事がない寂しい人間はそうかもな

47 ■無題

ゲームを遊ぶ側から見れば独占であろうが無かろうがどうでもいいけどね
やりたければ対応ハードを買うだけだろっていう
お金が無い、信仰心が許さないとかだったらご愁傷様だけどね

46 ■Re:無題

>あいうえおさん
お金持ちであればよくね?

それに、外交は友達付き合いじゃないよ?

45 ■Re:無題

43> さん
ほほう、トゥームの独占についてあなたは肯定的なんですか。へぇ。

44 ■無題

SCEEトップのMMに対する考え方が素晴らしい
利益優先を押し付けたりせず独創性を重視
お偉いさんがこういう見解を持ってるのは凄いと思うわ

43 ■無題

>スクエニ、お前の事だよ。

何言ってんだこの馬鹿ちょん脳障害は
捏造記事真に受けた真性知的障害者か

42 ■無題

お金を払って友達になってもらうのは本当の友達じゃない。
表面上は仲良くてもお金をたかられているだけ。
それに、お金が切れたら縁も切れる。

今の日本政府がやってるのがまさに
お金(ODA)を払って友達になってもらってる。
年々ODAの支払額が増えてるし。
もしも、お金を出さなくなったら総スカンされるだろうね。

41 ■新作に金出した方が将来性がある

同じサードに金出すにしても
既存ゲームを独占するより
新作を作る方がメリットは大きい

40 ■無題

ちゃんとソフト面で真面目に作ってあるならまだ救いはあるんだろうけど
そうなってないのがまた痛い2社だからなぁ

39 ■Re:無題

30> さん
ゲームのやっかいな所は「やり終わらないと評価できない」事にあるかと。
なんで、悪いゲームの場合「ここのメーカーのは次は買わない」となる。
要するにいいゲームを作ってもその評価が反映されるのは次のゲーム。

これじゃぁ近視眼な経営者がゲーム会社を運営してたら、そりゃ駄目なゲーム作りますよ。
ゲーム会社は命を賭けて良いゲームを、しかも2作続けて作るしかない。
ここを勘違いして、売れるゲームを初っ端から作れ、と考えるから駄目なんだと思うのです。
スクエニ、お前の事だよ。

38 ■無題

>>30
同感。
我々ユーザーが求めるのは「面白いゲームを遊べる事」の一点のみ。
だから、ゲームメーカーはゲームを作ることに注力してほしいし、ユーザーもそういう姿勢を望んでる。
反対に、ゲームを作らないことに金をかけたってユーザーが支持するわけがない。

37 ■でも今世代の勝利ってある意味フロックでしょ

AMDのSteamrollerのCU数見るとXB1と全く一緒なので、もしSteamrollerの完成が2013年2月頃だったら、XB1はSteamrollerになっていたでしょう。
であればクロック数が倍(CPUは半分)なXB1はESRAMの恩恵をかなり受けていた筈で、CPUはXB1勝ち、GPUはSCE勝ち、みたいな状況になっていた可能性はあります。
今回SCEが勝ったのはJagureコアに移行する決断が圧倒的に早かったからです・・・・・
と思ったけど、XB1がSteamroller採用ならPS4もSteamroller採用だよね。あんま意味ないかこれ。
まぁXB1はなんで同時期発売に拘ったんだ、という感はありますが。
1年遅くしてSteamrollerでやりゃぁ良かったんじゃねーの、とは今でも思いますが。

36 ■Re:無題

>あさん
金があっても完全に使い所間違えてる二者よりも金がない筈のSCEが勝者になってますけどね。

35 ■無題

まぁそれ以前にお金ないもんね。

34 ■無題

勝者の余裕だなあ。

33 ■マルチも実質独占

普通に作るとだいたい1.5~2倍のスペック差通りのソフトの出来になるから
マルチソフトもソフトの完成度的には実質独占みたいなもんだけどなw

だから同発マルチを避けて影響力あるタイトルを時限独占で買おう、売ろうとするんだろうけどね
後発で劣化版じゃメーカーもう利用がないって事情もあるんしょうな

32 ■Re:無題

#26>0さん

モーフィアスはプロトタイプ+α、βソフトダウンロードパッケージでもいいから出してほしいわw

31 ■ファースト独占に期待するな

ファースト独占に期待すんなって
キルぞーんSF(笑)は糞グラだったな
銀座ソニービルで試遊台で触ったけど

30 ■無題

結局有名IPの奪い合いでお金の叩き合いになっちゃうからね
そんなつまらんことに金使うなら、新規IPでも自社IPにでもお金入れて良いソフト作ったほうがいいからね
ゲーム会社はソフトを作って儲けるべきなんだよ
どこに独占だなんだと本質からずれたところでお金を稼ごうってのが間違い
カプコンやスクエニ、5bpのようなサードはいい加減目をさますべき
まず良いゲームを作れ。ゲハードを利用する前に実力で物を売れ

29 ■無題

毎回Vita見捨てたの?とか言われるからVita関連は少し苛立ってるんじゃないのか?っていう感じはあるな、まぁサポート続けてるのに毎回言われちゃ嫌になるか

>>27
日本はローカライズされないゲームには興味ない傾向多いからな、ストーリー内容や説明を求める人が多いから尚更

28 ■無題

ソニーはPS2からPS3のサード離れで理解したんだよ
マルチが当たり前の時代にサードを自社ハードに独占するにはそもそも無理。常識的に考えて二台ハードで出すほうが儲かるんだしさ。義理や同情でビジネスは進まない
サードは独占するなら金を渡すか、あるいは自社ハードを一強にするしかない。そしてそれはPS3世代の経験上、そしてPS4の優勢を持ってしても現実的じゃない
この点、MSはなまじソニーより金を持っているし、自分が嫌われても相手が潰れれば自然と自分のが売れると打算で動いているから尚更嫌われる
だから、今のソニーのサード独占のためのコストをかけずに自社ハードとソフトのために力を入れるのは一番正しい
そして何より金で伝統あるブランドを自社にだけ出すなんてあくどい真似でゲーマーを不快にさせず、豊富な新作はゲーマーを楽しませる。だからPS4はコアゲーマーにウケてるんでしょ
最初からゲームでいかに楽しませるか、楽しませる対価としての金しか取ってない。そりゃ皆支持するよ

27 ■無題

Gigazineで日本市場はローカライズで売上が5倍以上になるというデータが出てますね。

26 ■無題

PS4とVitaの同梱よりPS4とモーフィアスの同梱がほしい。

25 ■Re:無題

> 23 さん
>> この不利な戦いを今後何年(ry
今年度いっぱいじゃね?
ユダヤ人創業者の威光も年々低下してるしねw

24 ■無題

Watchdogsに関しては、確かプロモーション面でのサポートを特に手厚くしたとかってことだったはず。
多分destinyもそういうことなんだろう。

独占するのとは違うけど、マルチタイトルにおけるPS版のアピールにはなるし。
まぁその二作については時限だか完全だかは知らんがDLC独占はあるのだけれども。

23 ■無題

「比較されたらXBOXの負け」っていう現状が固まって来た以上、マイクロソフトは「何かをやらない事を強要する金」を積む必要があるよな。ウォッチドッグでもデスティニーでも、売り上げブースとが掛かるのはPS4だけなんだから。発売の邪魔をする以外に方法が無いんだろう。
一方でソニーは「PS4のパワーを見せつける為」に金をつぎ込めば良いだけなんで、両社のイメージの差はドンドン広がって行くだろう。

墓穴を掘ったといえばそれまでだが、マイクロソフトはこの不利な戦いを今後何年続けるつもりなんだろう。

22 ■無題

当社のポジション~ってことをこれほど明確に表現してる辺り、
多様性を如何に重要視していることがまたわかりますね。
別にソニーがやらなくたっていい部分はあって、
それはサードのもんだよねというある種の徹底した生産合理性がある。
スペンサー君の吐いた言い訳文や某不健康氏にこんな発言ができますかね。

せめてこのような考え方が頭の隅にでもないうちは、
プラットホーム事業なんてやってほしくありませんね。ゲームの歴史を遅延させるだけです。

21 ■Re:無題

>スパイBOXさん
と言うか、EAの国内法人の判断なのか本社判断なのか?
たぶん後者だろうけど・・・

それこそ、ドラゴンエイジやキングダムズ オブ アマラー:レコニング
のようなローカライズ工数の大きいRPGタイトルについて
採算が合わない、という理由でローカライズを見送っていたのが

ドラゴンエイジの新作では欧米でのリリースから
1週間程度の遅れで国内版をリリースするというスタンスに
なっていますからね

明らかに、日本語化を前提に制作をしているが故でしょうし
日本でのEAのタイトルの販売数に一定の評価をしている
証左なのでしょうね

現状、スパチュンは主に英Deep Silverや伊505 Gamesの
タイトルのローカライズが多いですよね
個人的には仏Focus Homeのタイトルも考慮して欲しいところ

20 ■無題

カプコンやスクエニへの明確なメッセージですねー
もう欧米SCE関係者は木っ端みたいな規模に成り下がった二社は眼中にない気がしますが
頑張って独占を金で買えばいいんじゃないでしょうかw

19 ■無題

destinyはここでもよく記事にしてたけど
ゲームの方向性が定まらない頃から親身に相談相手としてやってきて
PS4の設計等についても助言を貰うような良い関係を築いてたとかじゃありませんでしたっけ

18 ■Re:無題

>14さん
そりゃJim Ryan氏に直接質問しないと真意はわからない話だろう?
とは思うけど・・・

一ゲームファン的には、PS4の最初の発表の際(2013年2月かな?)
に既にActivisionやBungieのスタッフに登壇してもらって
"Destiny"のアピールをしていましたからね

その後もE3やGamesCom(TGSではどうだったか忘れたけど)
の機会毎にプレゼンを行っていますし、そういう提携のことじゃないかな?

17 ■無題

日本と海外って分ける人おおいけど、
実際は日本とアメリカと欧州とで、3つの方向性があると思うな。

・日本はオタク化。キャラもストーリーは薄っぺらいことが多い。自己啓発セミナーみたいなストーリーが多い

・アメリカは迫力あるゲームが多い、ドラマの影響もありそう、アメリカのドラマってめっちゃ金かけてるだろ、脚本も含めて。日本のドラマがゴミに見える

・欧州はアートっぽい。UBIとか。独創性あるのが多い

今回のgamescomで、ソニーは欧州を意識したゲームを選んだように思える。

MSは…アメリカの調子のままだった(笑)

16 ■無題

日本国内の洋ゲーローカライズは
スパチュンが精力的ですよねぇ
AAAタイトルに関しては、そういうのだけ金積んでローカライズ権獲得するメーカーがいるんで
スパチュンには行かないと思いますが
アマラーを出してくれたんで、個人的には
足を向けられないメーカーです

15 ■無題

アニメ文化と結びついた特殊な嗜好ですか
他の掲示板でもよく見られる、コピペのような和ゲー洋ゲー煽りの中の一つでは

見るからにおかしいコメや、一目で荒らしと分かる荒らしもいますが、その業界を憂う古参のユーザーを装い、警戒心を持たれない様に工夫している荒らしもいますのでお気をつけて
それもゲームに限らず、どの分野でもね
分かりやすい荒らしなんて誰でも警戒できますからね

14 ■無題

>DestinyについてのActivisionとの提携は、彼ら3rdパーティにとって大いに意味のある提携関係の例だし
具体的にどのようなことをやっているのですか?

13 ■Re:無題

>PS4さん
ローカライズについては、先日もスパチュンからSniper Elite 3の
国内発売が一度はアナウンスされて、結局はたぶんCERO審査の
問題で発売が見送られることになったり・・・

日本という地域的な縛りには抗えない部分はあるものの
そのスパチュンやスクエニ、ユービーアイの国内法人などが
以前よりは積極的にローカライズを行うようにはなっていますね

メーカー別に見ると、海外大手で国内法人を持たないのは
Activisionだけで、その国内での提携先がスクエニなので
ここ数年、スパイダーマンやトランスフォーマーのシリーズが
国内ではリリースされなかったのに、今年に関しては
両方出るので、これらがある程度売れるかどうか?が
次作以降の判断材料になるんでしょうね

問題はDeep SilverやFocus Homeなどの欧州の中規模
パブリッシャの作品ですね・・・
このへんはメーカー毎の提携先が決まっているではなく
タイトル毎にローカライズ販売の契約を結んでいるようなので

スポーツやレース、キャラクターなどの版権モノも
なかなかクリアし難い手続きがあるようだけど
以前よりは国内でも海外タイトルの認知度は上がっているので
現状は悲観よりも楽観の方に傾いているような気がしますよ

12 ■無題

サードなんてその時々で都合のいいほうに流れるし
時には理解不能な行動に出ることもある
そんなものに大金を払うのは間違ってるってのは十分理解できる

そしてその方針の通りに行動したSCEが好調で
逆の立場をとったMSや任天堂が苦しんでるというのは
その方針の正しさを証明してるようなもの

11 ■Re:無題

>音無き鯱さん
リメイクに近いのかもしれませんが、やっぱりPS4への移植であることに違いはないですからね
MM程のスタジオに移植しか作らせていないなんて宝の持ち腐れでしょう
MMの新規IP(であって欲しい)に期待が高まりますね

10 ■無題

>Q:「Media Moleculeは他に何を開発しているか
>A:「彼らがTearawayしか考えていないということはない。詳しくはまだいえない。

これが気になるなぁ

9 ■無題

マネーゲームではSCEはMSに勝ち目がないってのはあるけど続編の独占はIPを殺しかねない。
SCEのウォッチドッグスに対するサポートは完璧でしたね。
独占することなくUBIの新しい柱を育てる手助けができたわけですし。
逆にMSがサポートしたタイタンフォールは出足で躓いたように見えます。
多くのプラットホームで一人でも多く遊んでもらうことが業界の維持につながるのではないでしょうか。

8 ■Re:無題

>PS4さん
fonさんが仰るように洋ゲーのローカライズは心配ないでしょう
(実際、洋ゲー比率はすこしづつ上がってますし)

国内サードもやる気のない会社は淘汰され、本気で市場を開拓する気持ちがあるメーカーが新作を出す傾向にあると思いますが、正直言って据え置きも携帯もそれぞれ1機種で十分な気がします

(というか、真面目にハード作る気のない会社はとっととソフトメーカーになった方がユーザーと本人たちの双方のためではないかと)

7 ■Re:無題

>PS4さん
別にローカライズに数千万かかるわけじゃないので
10万も売れればやってくれますよ

重視はして貰えないでしょうが
ニーズがあるなら、つまりユーザーが買う間は問題ないはずです
結局欲しい物は買い支えるしかないんですよね

スマホのカード収集に大金を注ぐ時代が
永遠に続くわけもなし

6 ■無題

>4さん
日本が特殊な市場であることは、ずっと前から変わって無いことなので、特殊な市場云々が原因で昨今の衰退があるわけじゃない。

もう書くまでもないけど、今日本市場が衰退してるはMSや任天堂のファンを無視した独占工作で、ゲーム業界が魅力を失ったせいに他ならない。

スマホ云々もメーカーの言い訳にすぎない。
実際スマホで”儲かってるタイトル”はあっても国民的ゲームやブームが生まれてるかと言えば何もない。しょーもないタマゴッチブームのように、時々流行っては忘れ去られるアプリがある程度。スマホとゲームは別物。

任天堂さえ滅べば、また国民的なお祭りの11回めが開催されるだろうドラクエのようなものはスマホからは生まれない。

5 ■無題

>>4
ローカライズなら何も問題ないでしょう
CoDは毎回30万本以上売れる市場も出来てれば
GTA5で80万本ほど売れる様になってて
洋ゲーの市場が広がってますし

日本側から海外へのローカライズも問題ないですよ
ファルコムやガストあたりの作品も翻訳されて
海外依存度かなり高いレベルまで市場成長してます

4 ■無題

>だめおさん

日本はどうなるんでしょうね。
ゲーム市場全体の一割という規模、日本でしか通用しない特殊な言語、アニメ文化と結び付いた特殊な嗜好…。
正直、今後ローカライズしてもらえるのかさえ不安です。

3 ■無題

ファーストに金を払い続けたSCEは
TLoUがリマスターを含めて
新規IPなのに800万本まで成長する様な市場を手に入れた。

一方で時限独占ばかりに金を払っていたMSは
気付けばバンジーにも逃げられて、スタジオ閉鎖を繰り返していた。
しかもマルチソフト市場でボロ負けというオチまで付く。

2 ■無題

まあファーストの供給が安定してればサードの作品を独占する必要とかないとは思うが・・・

日本国内の場合はまたちょっと事情が違うからね

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。