2014-05-04 09:07:02

ソニー前CEOはPSを「オモチャ」だと思っていた。

テーマ:ゲーム業界
Game InformeとのインタビューでAndrew House氏:

「ソニーの前社長に、自分はケン(久夛良木氏)と働くつもりだといったとき、彼の最初の言葉は『だがそれはオモチャじゃないか!オモチャなんかで何をするつもりなんだ?』というものでした。私は、(プレイステーションには)もっと大きな可能性があると思うといいましたが、ほんとうにそんな反応だったのです。

「前CEOの大賀さんは、『SCE(Sony Computer Entertainment)は大げさすぎる名前なんじゃないかといいました。ゲームなんかに、なんでそんんな(大げさな)名前をつけるんだと。しかし私はコンピュータ・エンタテイメントは将来、世界をまたぐ巨大な産業になると個人的に確信していました。

NS: playstationing  Former Sony CEO Thought PlayStation Was Just ‘a Toy’

AD
いいね!した人  |  コメント(49)  |  リブログ(0)

コメント

[コメントをする]

49 ■無題

PONG! ATARI appleⅡからの流れを考えれば
単なる「オモチャ」じゃ無い事は分かる人には分かっていたって事か

48 ■無題

まぁ実際子供の玩具の延長だったけど
立派なコンピュータエンターテイメントに育ったよね
漫画なんてと卑下されてたのが、文化的に立派に評価されるものが出てくるようになったのと似てる

47 ■無題

今やゲームが半導体産業を引っ張ってるようなもんだよ
ゲームがなければこんなに早く技術が進歩することはなかったんだろうなー

46 ■無題

もともとSFCのCDROM機から始まったのがPSですからね。
あの当時のゲーム機はSFCもPSもSSもオモチャと考えられてましたよ。
なので大賀氏の頃(SCE黎明期)ならコンピュータエンタテインメントの名は大げさというのもわかる気がします。

45 ■無題

家電メーカー(ソニーもパナソニックもMSも)からすれば、やっぱりゲーム機は1990年初頭ではおもちゃでしょうね。単価も安いにターゲットのユーザー層の年齢も低かった。年齢の高いのユーザー層は単なるオタクだったです。
任天堂の山内氏も「ゲームはおもちゃ」と思っていたので、N64ではあのような酷いビジネスモデルを作ってしまったのです。

44 ■無題

PlayStationという大げさな名前が描く未来をちゃんと把握していたのは久夛良木一人だけだったのは有名な話だ。だから任天堂とけんか別れしたんだ。ソニーの上も任天堂も「ゲームはおもちゃ、エンターテイメント産業になんてならない。」という認識だった。当時はそれが当たり前で、久夛良木が変えたから、今の俺たちは昔の人が馬鹿に見えるだけなんだけどね。

これは「タッチースクリーンなんて失敗ギミックの代表例だ。」とiPhone登場前に言われてた事と一緒だ。「それ以前」の人達が馬鹿だったと笑うのは簡単なんだよ。

43 ■無題

大賀は自分の理解できない分野だから独立させて変な影響力を排除してやっただけ
久夛良木CEOを最後まで望んでいたが社外取締役がNOを突きつけた
エレキ畑の人間は若手以外SCEを敵視してたの有名な話

42 ■無題

俺的ゲーム速報もはちま起稿もGKが主な住民のブログですよ
みらマニに馬鹿が湧くようになったのはゲハ板から出張してきているんですよ

普段ここの住民は民度が高いしスルースキルも高いから大丈夫でしょう

41 ■無題

なんか「ここがおかしい」「ここが食い違う」みたいな意見が多いみたいですけど、SECを立ち上げる前は懐疑的だったけど、今では見方を改めている、でいいんじゃないでしょうか。

これは昔の話で今の話じゃない様ですから。

40 ■無題

ひどいコメントばかりですね
オレ的ゲーム速報に紹介されるようになってから
ここは低質なコメントであふれるようになってしまった
残念です

39 ■当時はスーファミ時代

SCE設立当時、PS1の準備段階での話しであるなら
世の中は、SFC全盛期、FCも下降しながらもまだ消えていない、N64は未発表という時代でしょう。

SFC用ソニー製のCDROMアダプタの、任天堂との共同プロジェクトがご破算になったのが確定したかどうか・・・くらいの時期ですね。


そりゃ、世の中にSFCしかない時代であればゲーム機を「オモチャ」と看做すのは、年寄りからすれば当たり前の思考です。
ただし、ソニーには、年寄りの上司が自分が理解できないものを、若い部下に挑戦させる許可を出す企業文化があったということですね。
現在のゲーム部門以外の大赤字はさておきとしてw

何にせよ、古い話です。

38 ■無題

そして今、任天堂は電子機器になったゲームハードについてこれず落ちこぼれたという

37 ■Re:無題

小学生並みのコメントしかできない35

36 ■無題

恐らくこれと関係がありそうだね

http://ameblo.jp/seek202/entry-11626697497.html

どこの会社にも自分の興味ない物に理解を示さない人はいるよね

35 ■無題

みらいゴキアックス

34 ■Re:無題

33>粛さん
見る目がない、というよりは、当時はやはり「ゲーム機」という括りで見るのが当たり前だったからでしょう。
(限定的でも)ネット端末として使用出来るようになったのはPS2後期からですし、PS3の時でさえBD規格は海山付かない状態でしたし。

しかし、そんな中で子会社化した、とは言え「ソニー」の名を冠した「ゲーム機」を出したのだから
たいした決断だと思いますが。

33 ■無題

PSX辺りまでの上層部はこんなんが多かったとは聞いたがな…

天下のソニーがゲームなんて反社会的なものを作るのはあり得ない、家電によらせなければいけない
とかトチ狂った事いってたはずだが

まぁ見る目ないよねw

32 ■無題

この記事をネタに争えと言いたげ

31 ■無題

>>29
子会社でスタートさせたのはリスクを分散させる為だが当時を知っていればかなりの厚遇だっただろう。

いきなりの全国展開と4万円もするハードを当時としては破格の月産30万台体制。
業界を巻き込んでのプロモーション攻勢。
など大賀が後押ししてなければ予算も生産ラインも流通網(これは再構築)の確保も難しかっただろうな。

30 ■無題

「my former boss」は、自分の以前の上司という意味でしょう。前社長ではない。
元記事も、CEOとbossを混乱している。

Andrew House氏がSCEに参加した時は、まだPS1が発売される前だったから、その当時のゲーム機(SFC、GB、メガドライブ)がおもちゃ扱いされるのも至極当然でしょう。
ゲーム機がITの先兵になるのは、PS2(N64、DCも)の登場を待たなければいけないでしょう。

29 ■Re:無題

>>28
SCEがソニー一部門ではなくて子会社になったのは、そんな優しい理由じゃない。
背水の陣を敷かせたんだ。

28 ■無題

大賀さんは畑違いではあったろうが、ソニー単独でのPS事業推進にゴーサインを出して、
「外に出た方がやりやすいだろう」と、久夛良木さんを丸山さん(SME)に預けてSCEを設立させ、
PS1を成功に導いた経営者でしょ
そんな人が「あんな子供のおもちゃに関わるのはやめておけ」なんて言うかね

27 ■無題

ハウスは
大賀さんがいたから役員会通ったの知らないのか?

26 ■無題

my former boss at Sonyがソニーの前社長って解釈には無理があるんじゃないか?
って思ったら、やっぱりみんな違和感感じてたのね
社長はソニー社員全員のボスなわけで、
社長って言いたいならmyなんて限定する言い回しはせんわな

25 ■Re:無題

>>21
おもちゃ発言はSCE入りした頃じゃなくて久夛良木がまだSCEに在籍しててなおかつアンドリュー・ハウスが本社幹部に面会する機会があるようなSCE幹部職についてた頃の話だと思う。

24 ■無題

まぁ当時はFCとSFCでゲーム=おもちゃという思想が普通だったからな…
ゲーム=エンターテイメントになったのはPSからですし。

23 ■無題

SCEの名称が大仰じゃないのかって言ったのは普通に大賀じゃねーの。あの人音楽と映画しか頭になかったしさ。
あいつ神格化されてるけど、コロンビア買収の際に抱え込んだ負債は1兆円規模で歴代CEOの中でも作った負債は突出してるし。
SPE(旧コロンビア)が黒字化したのだって後に出井が改革した後だからな。

前社長の方はタイミングからいってPS事業と全く関わってない人物だろうから中鉢でしょ。
PS事業に関わってたらPSがPS2あたりからは単なるゲーム機ではなくホームエンターテイメントを目指してたのは理解してただろうしさ。

22 ■無題

この発言が誰かといえばストリンガーしかいないだろうね。
彼によって結局クタタンはパージされたんだし。

21 ■無題

アンドリュー・ハウス氏の経歴を探ってみると

・1965年生まれ、ウェールズ出身。
・1990年Sony Corporation入社、東京を本拠とするcorporate communicationsに従事。
・1995年4月SCEIのマーケティング・コミュニケーション部門に異動し、初代PSの立ち上げに貢献。

ソニーみたいな大企業で30手前の人にとってボスといったら大賀典雄社長よりもっと下の人だと思うんですけど。
中小企業じゃあるまいし、異動の面談で社長なんかと話をしないでしょ。

20 ■Re:無題

>一刀両断さん
出井はありえん。
出井はPS開発に至った現況のスーファミ用ディスクシステムのドタキャンの件で久夛良木が京都に出向いた際に同行してるし、SCE立ち上げには積極的に関与してたはずだし。

19 ■Re:無題

> さん
PS4が世界的にヒットしているから、何でもいいので新しいエピソードが欲しがられたんじゃないですか

18 ■無題

>my former boss at Sony
SCE移籍以前の部署における上司と解釈するのは無理があるでしょうか

17 ■無題

クタたんがPSを商品化しようとした当時、社内の猛反発に遭って大賀氏がSMEに
協力してもらう形でSCEを設立したはずだけど

何で今更こんな話題が?

16 ■無題

元ネタがGame Informerの雑誌版のようですね。

引用された発言が正しいとすれば、"my former boss at Sony"だから
SONY本体の社長じゃなくて当時ハウス氏が勤めてた部署か子会社の上司っていう意味では?

15 ■無題

中鉢か出井じゃないの?
この辺は久多良木とも仲が悪かったし

14 ■無題

ソニーの前社長って誰を指してるのかな。
普通に捉えたらストリンガーになるが・・・

その後に前CEOの大賀とあるから時系列がよくわからない。
元ソースの時系列を確認できるほどの英語力もありませんorz

13 ■無題

そのころゲーム業界を席巻していたのは任天堂ハードだからな
そりゃ「ゲーム=おもちゃ」と思われてもしかたあるまい
当時の一般人のほとんどはそう考えていただろ

12 ■無題

PSやAIBOを面白いから作ろうという人間がソニーにはあまりいないのが悲しく腹立たしかった。おもちゃを作るのがそんなに悪いのか。

11 ■無題

バリトン歌手だから畑違いでそう思うのも当然ですよ。彼は完全に音のためにソニーに在籍してた訳ですからね。
元々テープレコーダーの音質にクレームを付けたのがキッカケですからwそういう意味でもソニーは変わってましたよね。

10 ■ん

確認なんですが、

>ソニーの前社長に

これは誰のこと?

>「前CEOの大賀さん

大賀さんは久夛良木氏の味方で、SCE設立をプッシュしたって人ですよね。…??

9 ■無題

アンチソニー見てると、どうしてもソニーに潰れてもらわなきゃ困るって感じの憎しみ感じますしね
あれは信者云々じゃなくて、もっと狂気じみてます

8 ■無題

まず最初に在日が吹聴し、それをろくに調べもしない馬鹿が真に受けて、その馬鹿が流布していく倍々ゲームでアンチソニーという宗教が広まっていく仕組み
ちなみにトヨタも同様
これはこの二つが日本を代表する企業であることが故ターゲットにされたんでしょう

7 ■無題

>>5
台湾でバレたみたいにサムスン工作員が暴れてたり
どっかの反日団体が叩いてんじゃないですかね
まあソニーアンチなんて似た様な気持ち悪い性格の奴ばっかですけど

6 ■無題

それが今やアメリカの大企業のMSを
心底困らせるライバルにまで成長してますからねぇ
未だにオモチャ屋やってるのに何故か赤字の会社もありますが

5 ■無題

今ではソニーと言う会社自体が
ネット民のおもちゃになってしまった

どうしてこうなった

4 ■無題

娯楽産業とはいえビジュアルとサウンドのテクノロジーの粋なのにね
当時は理解がなかったのか

3 ■無題

見えてない人には当時、そう見えてただろうね

オモチャから昇華させたのがpsの勝利

任天堂なんてずっと否定しといて最近になってエンターテイメントマシンって自慢してるからなあ

psのめちゃめちゃ後追いを自慢するのが任天堂とマイクロソフト

2 ■無題

ヒドいなぁ•••
オモチャって3DSや任天堂信者みたいなモノのこというのだろうに

1 ■無題

オモチャを全力で開発した結果が今の現状ですよ。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。