2014-03-17 01:32:39

Dodd氏:TFを箱独占にしたことにEA歯軋り。ソニーには焼き土下座モード全開

テーマ:ゲーム業界
おなじみPete Dodd氏:

「inFamousについてとっくり考える必要はない。このゲームのソーシャル・メディアでの指標は、青天井なのだ。だから......MLB The Showがミリオンを突破することはまずないが、ハードは牽引するのだ。

指標についての説明を求められて、Dodd氏は、YouTubeの再生回数等を挙げている。

「YouTubeの再生回数。Twitterのツィート数。予約本数。
「Second SonのTrailerは3月7日に公開され、470万ビューを獲得した。




「YouTube上でTitanfallで近いものを見るなら、昨年10月に戻らなくてはならない。この動画は230万ビューを獲得している。E3でのPVは3万をわずかに上回っている。公式のゲームプレイTrailerは一週間前のものだが...19.4万件だ。




「誰もがinFamousを見過ごしている。品質についての話では全くないのだ。Titanfallは自分も持っているし大好きだ。私が言いたいのは、これを私に教えてくれた人はとてもMSに近いのだが、inFamousのことを見過ごしてはいない。Titanfallはメディアを支配しているが、inFamousは編集者ではなく、消費者が買うかどうかを選択をするところ(YouTubeやTwitter等)を抑えているのだ。

Ryse: Son of Romeのアクション・スポットPVが、inFamousのPVと同じくらいの再生回数だったとの指摘に対してDodd氏はこう答えた。

「10月から公開されているPVと、2週間前からのPVのビューが同じなのだ。これは違うのではないか?マーケティングに詳しい人ならこれをよく見る必要がある。今すぐ戯言をやめ数字を見るべきだ。私はそういった一人ではなく、彼らに話している。皆が言っている『inFamousを見過ごすな』と。


またDodd氏は、TitanfallをPS3/PS4に出さなかったことについて、EAは明らかにソニーに『申し訳なく』思っていることを明らかにしている。

「ソニーもまた、EAと先週の会合で彼ら自身がまとめた指標を使い、PS3/PS4であったならTitanfallがどの程度売れたかを示している。

「EAがMSから受け取ったカネは、(マルチにしていたならば得られていたであろうカネの)ほんの手付けにもならない金額だった。EAの人はソニーの計算を検証し、それが正しいことを認めた。EAは今や「ソニーさん、ほんッッとうにスイマセンでした」モード全開なのだ。

「もう一つ。Xbox 360版のTitanfallは30fpsだ。私の投稿を読んでもらえればと。


NS: gamingbolt  inFamous Second Son Leading Titanfall In Social Metrics, EA Sorry For Not Bringing Titanfall To PS4


みらい的コメント:


なお「EAは今や「ソニーさん、ほんッッとうにスイマセンでした」モード全開なのだ」の原文は、「EA is in full ‘We’re so f**king sorry, Sony’ mode currently」。

EA自身、XB1大勝利のシナリオをほとんど疑っていなかったのだろう。

コトはTFの売上の半分を失ったということに留まらない。
一番痛いのは、今後10年は続くであろう次世代のドミナント・フランチャイズを獲得する上で、最大にしておそらくは最後のチャンスをフイにしてしまったことだ。

悔やんでも悔やみきれまい。


みらいさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。