2013-08-19 12:52:54

任天堂アメリカ: GameCubeのマーケティングにおける知られざる苦闘(4)

テーマ:ゲーム業界
Mercury氏はそして、Fils-Aime氏に別のことを勧めた。
「私たちが本当に注力すべきゲームは、バイオハザード4です。このゲームはコンソールを牽引するでしょう。以上です。」

Fils-Aime氏は、3rdパーティのタイトルに大きなプッシュを与えるという考えに驚いた。

「Reggieの顔に何らかの表情が浮かんだのは、それが初めてでした。それは「おい、本当か?」といいたそうな、興味津々の表情でした。他の誰一人それを見ていないとは信じられませんでした。実際、そんなふうに3rdパーティーのタイトルを正面に立てるのは私の側にとっては大きなリスクでしたが、バイオ4のデモをプレイして(自分がシリーズのファンであるのは認めるにせよ)それにブッ飛ばされていたのです。この作品にはなんらかのスポットライトを当てる必要がありました。PS2のホームで戦うつもりであるならば、バイオ4はそのためのゲームだったのです。


GameCubeの時代の終わりに近付き、任天堂は自社のファンの信頼を失った。任天堂は新型のコンソールを発売するたびに市場シェアを失っていった。

「プライドは傲慢に変わりました。見苦しい傲慢です。任天堂はゲーム・コミュニティを軽蔑するようになっていきました。任天堂は自らが作り出したゲーマーに裏切られてしまったように感じたのです。マーケティングチームは、ゲーマー向けの戦略を、強い怒りと恨みをもって眺めるようになっていきました。『ハードコア』な任天堂ユーザは、同じく見捨てられました。なぜわざわざ(彼らを大事にする必要があるのでしょうか)?だって彼らは、私たち任天堂が作るものであれば、どんなものでも買うつもりなのですから。


GameCubeからWiiへのスムーズな移行を行うため、任天堂はその最後の年、GameCubeを第二のコンソールだと位置付けた。2006年のE3でWiiが披露される前に、任天堂ブランドを取り巻く興奮を作り出すための最後の一押しを与えることが目標だった。

「この決定は、ソニーとMSに少しばかり譲歩し、『第二のコンソール』というスタンスを受け入れるためのものでした。この時点で考えられていたのは、誰もが既にPS2かXBOXを持っており、そこで任天堂はGameCubeの価格を引き下げ、全員にとってのナンバー2という地位を狙うべきだというものでした。

「私たちは『その他のコンソール』になり、ターゲット層は『全ての人々』となりました(より正確には、『誰でも(いい)』なのですが)。そして私たちは、GameCubeの市場に残されたものを回収し、任天堂への評判を盛り上げるため、『キラー』タイトルの最後の一群を送り出そうと務めていました。(Wiiという)新しいゲームの革命が起こる前のことです。


[1] [2] [3] [4]   



NS: Not Enough Shaders  The Struggles of Marketing GameCube
AD
いいね!した人  |  コメント(21)  |  リブログ(0)

みらいさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

21 ■無題

GCの頃任天堂信者だったけど、岩田や宮本のゲーマーに対する侮蔑的な姿勢や発言で一気に嫌いになった
情弱連中がもしもしにかっ浚われてどうしようもなくなってる今の任天堂の姿は実に滑稽で気味がいいわw

20 ■無題

Wiiは出力がSDだった時点で失速は目に見えていたと思うんだがなぁ
なんでデジタル移行に間に合わなかったんだろね、ゆうちゃんは

19 ■無題

wiiはただの珍しいおもちゃを大量のTVCMで釣って
世界中の馬鹿を騙せたに過ぎない
ゲーム機としては低性能なのでそれ以上の面白さはなくすぐに飽きられただけだ

もう同じ手では流石に買ってもらえない

この先十年、任天堂はポケモンだけを携帯ゲーム機で売る会社に戻るだけだろう

18 ■無題

Wiiはある意味本当に革新的だったが、後に繋がらなくて色物で終わってしまった。
立ち位置をちゃんと考えたら、結構長持ちするハードになり得たと思うんだけどな。
結局、近視眼的だったのが全ての終わりか。

17 ■無題

wiiの盛り上がり方はすごかったな
一大ムーブメントになったし、ゲームをやらない人も買った。

立ち上がりは完璧だったが・・・
そういう気まぐれに買った人たちのゲーム熱を維持出来ずに飽きさせてしまったのが失敗だと思う
WiiUは飽きられたゲーム機の名前を継いだのが最初の失敗だろう

16 ■無題

批判はWiiUじゃなくゲームキューブにしろ!
分かったな?(´・ω・`)

15 ■無題

みずからコア層を取り込む努力をしないで
Wiiではコア層を捨てて
そしてWiiの末期でコア層の重要さを知り
WiiUは金でコア層用ゲームを出して貰ったが結果はご覧の通り

無様ね

14 ■無題

GCはゲーマーにとっても全然魅力的じゃなかったからねぇ
このころから世間と乖離してたんだろうな

13 ■無題

タイタンフォールはぶっちゃけ、あの発表の中で一番マシだったからなだけでは?

正直、その後のSCEやUBIの発表で吹き飛んだ感じがしたような…

12 ■無題

>任天堂は、絶対正義である俺達を理解しないなんてほんと馬鹿ばっかりだな
>って態度だよねいつも

それは京都人の特徴だよ。プライドが高くて性格が悪い
金にうるさいのが大阪人(カプコン)

11 ■無題

GC時代の戦略の雰囲気みたいのは分かったかな。
そしてDS・Wii路線への転換の経緯も何となく。

でもそれで成功して、その間に次につながる何かや戦略がまたしてもおざなりだったのはなんとも。

10 ■無題

結局同じことしてるだけ、なのねぇ
性能がまったく追いついていない分、GCより深刻だけどな

9 ■無題

売れ無いとソニーは何が悪かったのか分析と反省するけど
任天堂は、絶対正義である俺達を理解しないなんてほんと馬鹿ばっかりだな

って態度だよねいつも

8 ■無題

PS3は当初躓いたとはいえ、然るべき膨大な投資は行っていたわけで
結果としてそれが中盤以降の盛り返しに繋がる

優秀な開発スタジオを多数抱えていたのも大きな要因となる

同じ驕りでもやる事をやってるか否かだな

7 ■Re:無題

> さん そりゃお祭り騒ぎだったんじゃないですかね??
社長が売上自慢とかをしてた時代ですし
誰も冷静に見ることは出来てなかったんだと思いますよ

6 ■無題

Wiiが大成功したにもかかわらず世代後半に存在感を無くし、WiiUへの世代交代に失敗したあたりの内部の様子は興味ある
FCとSFC二世代勝利で任天堂が驕り
PSとPS2二世代勝利でソニーが驕った
Wii(DS)一世代(の半分)で任天堂が再び驕った社内の空気はどんなものだったのか

5 ■無題

結局コア切り捨てたWii路線のツケが現在の任天堂没落に繋がった

4 ■無題

>ゲーマーに裏切られてしまったように感じたのです。強い怒りと恨みをもって眺めるようになっていきました。
>ターゲット層は『全ての人々』となりました(より正確には、『誰でも(いい)』なのですが)。

このあたりは今の任天堂の根幹という感じがしますね。
ゲーマーでないがゆえにWiiのヒットがありWii後期からWiiUへの躓きがあったんでしょうね

3 ■無題

PS3が出だし失敗したときの任天堂側の心境とか興味あるな

2 ■Re:無題

>あさん
どっちかと言うとWiiの終盤の凋落とPS3や360をどう思っていたのかが気になるけども。
WiiUのサードからのソフト不足は確実にWiiの影響を受けている部分はあるだろうしな。

1 ■無題

GCからWiiへの苦難はわかりました
いつかWiiからWiiUへの凋落について
語られる日も来るのでしょうね

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。