2006年10月07日

『あの店』

テーマ:『食』(都内新宿以外)

 昨日『あの店』に行ってきました。


 つっても何のことだかわからないですよね。


 陣さん 行きつけの店で、いつも連れてってもらってます。


 オレが以前参加したときのエントリーはこちら


 いつもは3,500円コースで満足満足なのに今回は5,000円コースつー、未開の地に踏み出してみました。

***



 まずはむかごをほっこりと茹でたモノ。


 塩で皮ごといただきます。ほくほく。


 皮と実の間の旨みが強いんですよ。


 根菜の炒め煮。

 軽くピリ辛でさくさくと。


 根菜とイカを甘めに煮たモノ。


 十分に甘みを含ませながらさらりと仕上げてあります。


 さらしクジラを梅肉で。


 ほんのりと脂の旨みが舌の上に残って溶けてゆきます。



 つるむらさきのおひたし。


 茎はしゃきしゃきと、葉はねっとりと。この対比が楽しいです。


 蒸し毛蟹きました。


 ミソに絡めてほじくり出した身を食うと、


 もう、


 あ゛ー!!


 お造り。

 とにかくイカの新鮮さに驚かされる。


 さすが築地。


 1人一本、ニシンの丸焼き。


 一膳飯屋で出されるよーな一発だが、焼きすぎることなく瑞々しさをたたえた絶妙の焼き加減で、さらに皮を破り食べ進むと白子か卵がめいっぱいにどーん、と出てきてもう嬉し過ぎます。


 さぁ炭火が置かれて、


 エビ来た!


 そしてアワビ来た!

 焼くぞオラー。



 動画あるよ。

 エビは自然な甘みがすごくて、


 アワビは旨みが凝縮して、肝と一緒に食うともうたまらなくて。


 はふぅん。


 もみいか(内臓抜かずに干したイカ)がまた、


 炙ると美味いんだな。


 旨みが詰まったワタがジュクジュクしてんの見て、いてもたってもいられなくなる。


 もともと甘みをたたえてるサツマイモに蜜をまとわせて焼くと、


 糖分が焦げて得も言われない香りをかもし出す。


『甘みを抜いた焼肉のタレ』的なものに浸かったマグロのアラ。


 スジがとろけてめちゃめちゃ美味いよ!


 生ガキ食って落ち着かせてね、


 ここのゴーヤチャンプルーめちゃめちゃ美味いんだよな。


 苦味控えめで魚介の風味が利いてる。


 鶏肉を無花果と和えてタマネギとパプリカを添えたモノが出て、


 先程の造りの伊勢海老のアタマをかち割ってダシ取った味噌汁。


 最後〆でご飯ものとしていくらメシが出て、


 熟しきった柿を食らいフィニッシュ。


 ホント何度行ってもまた次行きたくなってしまう店でした。

Tacさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。