メロメロパーク
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |oldest Next >>
2005年11月26日

更新滞りでしたね。

Theme: 報告、連絡、相談

kumo
寒くなりましたねといっても火曜日水曜日とお天気よかったです。お通夜と告別式でした。どうも僕です。先週の記事で入院している祖父の事を書きましたが、月曜日に亡くなりました。


月曜日は午前中に市民病院に自分の診断書をもらいに行きました。地区長に提出するものです。お店へ行き話し合う予定でしたので。もうヘルペスの症状は引いていたのですが若干アトピーの症状が出ていたので薬をもらいました。相変わらずの混雑でしたので薬が出来上がるまで70分待ちでした。


コンビニへ行き立ち読みしたり少し腹ごしらえをしたり時間をつぶしていました。この時祖父の病棟へ行こうかと思ったのですが先週からの容態の急変を乗り越えているのだと思い、しかも病室自体はどこか知らなかったので顔を出しませんでした。


そして薬をもらい一度帰宅して、職場へ出直しました。ちなみに病院から戻る途中、自宅でどうしても軽トラが必要になると思うので近くの車やさんの知り合いに台車を借りに行きました。そして職場へ行き診断書を見せて本社からの連絡を翌日にもらえると言うことで話は終わりました。


そして21時過ぎには帰宅しました。家には誰もいなかったので病院に行っているのだな思いました。わたしはここの所祖父の具合が急変しても心積もりは出来ていたので家の留守をしっかり守って迎えようと考えていました。


そして23時頃妹から連絡があり息を引き取ったとの事でした。癌です。わたしはまだ片付かない家の居間で電話を切り、なんだか複雑な気持ちになりました。ここの家の各部屋がこれからの数日どのように変貌していくのか、葬式を出したことの無いこの家がどうなるのか?正直わかりませんでした。


とにかくそこから今日まで落ちつかない我が家でした。火曜日、水曜日、そして木曜日、そして金曜日、今は午後10時です。会社からの連絡も後日にずれ込んでいます。そりゃなかなかのタイミングで忌引きになりましたから。復帰できるのかな?


やはり手荒れがとにかく感染症ではないと証明できれば問題ないと思うのですが、ここまで時間のかかったことと、一度ヘルペスになって迷惑を掛けてしまったこと、現在は心配がないが今後再発の恐れはないかということ、やはり飲食店ということで重要なことだと思います。しっかり受け止めたいと思います。


それとお通夜や告別式、地方によっていろんな形、様式があることも実感しました。母方の実家の新潟からも親類が数人岐阜まで来てくれました。人を一人送り出すのでもここまで違うのかと驚きを隠せない様子でした。


もちろんわたしの住む市、県で同じなわけではなく、わたしの住む町内だけは昔から同じ方式で、すべて自宅で行うのです。火葬場へ行くのが始めて自宅を離れるのです。いやかなりの大変さでした。これに関しては後日記事で詳しく書きたいと思います。同じような形式があったらコメントください。


ちなみに農協のお世話になるのが主流のようで、費用は100万強だったようです。もちろん今後の初七日などの坊さんに払う費用などは別です。また祖父の場合、入院費用が15日ほどありましたのでその費用もあとで請求がきます。


しかも今月頭の入院時、空室が無かったので特Aの個室に入院していました。一日9600円程だそうです。人は最期にかなりのお金を費やすのだなと痛感しております。最後に交わした会話は食事の用意が出来てからトイレへいき出てきた祖父が「冷めとるな。。」と言ったので「トイレに行くなら汁物はまだよそわんでいいっていわなあかんやろ!」またポットのお湯が出ず、お湯を沸かそうとコンロを誤作動させたので「ポットの使い方がわからなかったら聞かんとあかんやろ!!」「わかった、わかった」でした。確か。



また先月末恐らくタバコを買いに行こうとしたのでしょう、おぼつかない足腰で自転車に乗ろうとしていたのを止めたこともあります。歩いている姿を見ていてそれから一ヶ月経ってないのですからね、人って儚いな・・。と思いました。


会話が文句で終わるとは祖父らしいなと思いますが、しかし祖父がいなけりゃ父もいない、ということはわたしもこの世に存在しない。それを忘れずお参りしたいと思います。じいちゃんお疲れ様でした。

AD
いいね!した人  |  Comments(6)  |  リブログ(0)
2005年11月17日

一戸建てに一人で住むとこういう気分か・・

Theme: 報告、連絡、相談

k


こんばんわ。風呂上りに冷水を膝下にかけると、血管が収縮して熱が逃げません。そうすればお布団の中でも体温がぽかぽか。と思いつつ毎晩かけてますが、寒いものは寒い。どうも僕です。


タイトルにもある通り、昨夜は結局母は病院から帰宅しませんでした。父ももちろん付き添ったまま。なんだか一人で風呂に入りネットをしたり、テレビを見たり少し片付けたり。8年以上独り暮らしをしてきたにも関わらず、住み慣れた家なのにも関わらず、なんだか精神的なものも加わって眠れません。


結局母は帰宅するのか?妹が帰宅するのか?そして病院から電話があるのか?火曜日の夕方から変な心境がずっと続いています。


変な言い方すれば、気味悪いんですね。電気もそこら中つけておくわけにはいかないし、かといって一部屋だけだと薄気味悪い。田舎だから物音は、冷蔵庫のモーター音や、時々パキっとなる意味不明な音。


危険極まりない雰囲気。足が冷たい。冷水かけたのに・・。そういえば風呂に独りで入っているときも、家に誰もいない状態が久々だったので、なんだかきょろきょろしてました。


人恋しいのかもしれない。


理解不能。


思考停止。


朝の7時まで眠れませんでした。母は8時ころ帰宅しました。少しコタツで寝たみたいですがわたしも10時頃に起きました。今日も雑多な部屋の片づけで一日終わりました。


祖父と祖母のいた部屋もすべて空にして準備しなきゃいけないらしい。そこに祭壇を作るらしいです。わたしの住む地域ではそういうシステムというか、しきたりというか。タンス2棹、ベット2台、あともろもろ。片付けるって言ったってどこへ?


田舎の葬式は理解しがたいことがいくつかあります。まだこの部屋では葬式は行われたことがないので経験ありませんが、いつかは経験することですがね。


というかまだ生きているんですけどね。いつになるかは本当にわからない。変な心境。母も父も仕事を休んで、片付けと付き添い。


本来なら兄弟や子供がいれば、、、。でも祖父の兄弟は妹がひとり健在で、しかも80歳前くらい。ほかの兄、弟は何人か忘れたがみんな肺がんでこの世を去っている。


祖父の子供は今は長男である、わたしの父ひとりだけ。弟はすでにこの世を去っている。つまりこういう場面、自分の子供や兄弟の助けがあると、義理の娘である母の負担はかなり助けられる。


どの家庭も問題が出てくる可能性はあると思うが、自分が3人兄弟でよかったと思うし、結婚も家族とするという意味も、あながち関係ないとも思っていられなくなっている。


昨日、今日と精神的におかしいとおるがお送りしました。初めてこんな心境でブログに向かい合っています。



はーーーーーーーーー。



元気を出すことにします。


そして仕事にも早く戻れるようにします。


目標もしっかり立てて行きたいです。




思考復活。


久々にハバネロが食べたい。



でも辛いものは体によくないのか・・


はぁぁぁっぁあぁぁぁあーーーー。


今夜はミートソースにします。

AD
いいね!した人  |  Comments(4)  |  リブログ(0)
2005年11月16日

これを激動と呼ばずしてどう受け止める・・

Theme: 報告、連絡、相談
かなり冷え込んできてます。暖房はもう稼動し始めてますか?まだ我が家はホットカーペットのみですがいかがでしょう。どうも僕です。まずはわたしの報告から。かなり傷も治ってきていて、日々筋トレに励んで体力づくりをしています。


今週中にもお医者に行って診断書をもらって仕事に復帰したいと考えております。今日は少々家族の話題。以前記事にしたことある といっても6月のことですが。はい、祖父のことです。今かなりやばくて意識はぎりぎりの所らしいです。


家族で話すと文句や愚痴も聞く側になるかも知れないので、言いたいことをブログで吐き出したいと思います。先日、夕方病院から連絡があり発作が起きていて危ないとのこと。父が病院に行きました。


わたしは出かけていたので、帰宅した母から聞きました。6月の記事では入院先から連絡があり「タバコとライターを所持しているので、家族の方にライターを取りに来てもらいたい」という内容。それについての色んな意見を頂きました。


その後、抗がん剤治療を続けていました。そしてその後抗がん剤治療も出来なくなり、一度先月末退院。つまり病院での治療がこれ以上できないということでしょう。そして10月末、ちょうどわたしがヘルペスになり自宅へ帰宅した翌日でした。


朝飯、昼飯をテーブルへ準備しておく。わたしは昼間、味噌汁お茶くらいは出す。という生活でした。しかし初日、わたしの部屋に来て一言

「とおる、タバコくれや・・。」


でした。持っていたのですが、「ないよ」

と返しました。


そして飯も大して食わず、イコール朝、昼、夜、寝る前、の薬もしっかり飲まない。ある日はわたしが昼間なんだか匂うな・・?と思い、台所へ行くと煙で真っ白!お!!と思いガス台へ。


魚のグリルが空焚きしてました。中の魚の皮が丸こげ。部屋の上半分が煙っていました。祖父はそこで飯を食べていました。


火事寸前だと思った。


また別の日、なんか車庫で音がしたな。と思い、車庫へ出るとチャリンコにまたがりふらつく祖父がいました。
「なにしとるん?」

「ちょっと買い物や」

「あぶねーやろ、やめとめや」

もちろんタバコを買いに行ったのはいうまでもありません。


それが10月末のお話。そして今月具合がよろしくないので病院へ。そして再入院。といっても処置はビタミン剤の点滴くらい。そうすると多少元気になるらしい。そりゃ、家で母が作る多彩な料理にあまり手を出さず、味噌汁とご飯少し。そんな日々でしたから。


そしてある時、母が病院でおかゆを口元へ運んだそうです。そしたらそれを腕で跳ね除けて、母のズボンにおかゆがかかったそうです。看護婦が「ご飯食べれましたか~?」と来るとにやけるのだそうです。お医者にもにやけていい顔するそうです。


父はやはり親なので病院への送り迎えや、入院後の様子を見に行ったり。母も休みには様子を伺いに。そんな両親に対して理解しがたい対応。わたしはそんなやりとりを聞いているうちに空しくもなります。


テレビなどで見る頑固親父。そういう類ではなくなんだか理解できないのです。今、意識がなくなりつつしゃべることが困難な状態。結局、両親は一度も祖父の口からなんの一言も聞かなかったそうです。


自分自身がもうだめだ。と思ったら、なんか人に伝えたかったりしたくないのかな。感謝とかありふれたことではなくても、今後のことでもなんでもいいやん。


そんな祖父と親父。の関係性。かなりへこみます。わたしが先月末から家にいなければ家で火事が起きていたかも、勝手に出歩いて転んで頭打ったかも。人はいろんな最期があるのだと思いますが、今まさに危険な状態と昨日の夕方連絡があり、いまこの記事を書いていますが、精神的に八方ふさがりです。


私自身だけの話だと、体の事で仕事を休んでしまってようやく治ってきて、さあがんばろう。という時。なんだか訳がわからなくもなります。


そして今日も母とわたしで家の掃除をしました。昨夜帰宅した母と雑多な部屋などを片付け始めました。この地域では人が亡くなると、家から送り出すのでかなりのスペースを空けなくてはいけません。


葬儀場などでは行わないのです、ま、普段からきれいにしておけばいいのですが片付けべたな家なので大変です。そして地区のおばさんたちが、親類集めて送り出すのです。通夜の時は家のものが料理をだし、翌日はおばさんたちが台所でご飯を作るのです。家族は手を出しません。そんなスタイルらしいです。


なんか人の死を待つ感じって、落ち着いているようで、いらつきます。わたしはその退院後に数週間昼間家にいたので、あえて最期は病院に行く気はないです。しっかり家で迎えたいと思っています。


今も留守番です。


俺はこんな気持ちになると思っていませんでした。小さいころ祖父や祖母とは遊んだ記憶はないですが、普通の家族の一員と感じていただけでした。


でも体に不調を訴えてきているのを、誰にも相談せず、祖父祖母ともに病院へ毎日点滴を打ちに行き大量の薬を食後に飲む。


そんな今年の初めの状態を見ていると、あーいう風に年はとりたくないとも思ってしまいました。だって薬飲むために何か食べないと。。という考え方。薬を毛嫌いしたわたしにとって信じられないのです。もちろん色々口出ししましたがまったく聞く耳を持たない。


ちょうど昨年の8月、東京にいるわたしに父から連絡があり、「年内もたないかもしれないからな、」といわれていて、15ヶ月。今の医療がなければもちろんここまで生活出来ていなかったのはもちろんわかります。


テレビやニュースで、色んな事件、事故、人の命について考えさせられます。昨年の時点であまり実感が無かったのですが、今慌しくなってきているのがなんだか不思議な感じです。もうすぐ亡くなるかも、、と言っても普段文句しか言わなかった自分しかいないので、その時を待っているのがなんだか複雑です。


何を言っても口答えをし、世話になってることを全く感謝しない。(口に出さない)父親の気持ちは計り知れません。しかし親は親。とにかく葬式とか地域の人たちに世話になるとか、複雑な心境だとは思うけど、やはり子供は親の面倒を見るのだなと感じました。


昨日の夕方から帰宅していませんが、おそらく疲れていると思います。家の番はわたしがしています。誰が帰ってきてもいいように。


いや、愚痴りだしたらとまりません。まだ個々の事件を出していけばあると思います。


以前テレビでこんな事を聞きました。


「人が亡くなることが悲しいんじゃない、その人にもう会えない事が悲しいんだ」と。


わたしも時がそういう気持ちを連れてきてくれるんじゃないかと思います。


個々の家族には色んなスタイルがあると思いますが、本人が自身の健康や病気に対してあまり無頓着すぎるのも、難しい問題です。


あと呼吸器科の先生がおっしゃっていたらしいのですが


「タバコはいいことはひとつもない」とのこと。


母は父やわたしにやめる様言います。わたしも吸い出して10年弱、いろいろ考えています。ちなみに祖父はいつからかわかりませんが恐らく60年はマイルドセブン(昔は違ったかも)吸ってましたね。


アーーーーーーーーーーーーーーーーー。


記事がまとまらんけど、今夜はゆるして。2005年とおる家は激動だと思います。失礼します。


AD
いいね!した人  |  Comments(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |oldest Next >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。