デートDV防止教育・DV加害者プログラム                SEDA(シーダ)のブログ

SEDA(Sexuality・Equality・DV・Action)誰もが自分らしく生きられるために……
 TEL&FAX03-5928-5277  MAIL:seda.dv@gmail.com  デートDV加害者プログラム(日曜日11:00~13:00)            DV加害者プログラム(水曜日19:00~21:00)  


テーマ:

  1月の 「こころのケア講座」 開催のご案内

 

   2017年もあけてそろそろ半月ですね。お正月気分も抜けたのではないでしょうか。

   今年も、自分ケアや癒しのための「こころのケア講座」を開催していきます。

   今年からは土曜日のみの開催にさせていただくことにいたしました。

よろしくお願いいたします。

 

 【こころのケア講座】 

 

ビル  会 場   生活産業プラザ4階 会議室  ※会場ご注意ください

時計  日 時   1月14日(土) 14:00 ~ 16:00

メモ テーマ   「Bさん(加害者)とは」

 

がま口財布 資料代   ¥500 

                  (期間限定 : 会場が産業プラザの時は 資料代通常¥1000 のと ころ

                   ¥500 で開催いたします)

 

  ※女性限定    申込み不要。                              

 


 電車バス【アクセス】  生活産業プラザ  豊島区東池袋1-20-15

    JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線 都バス、民営バス

    池袋駅東口より徒歩7分。

 

 コスモス寒くなってきましたが、フラリとお立ち寄りいただけると嬉しいです。ニコ

 

 

 <2月こころのケア開催ご案内

 

  2月18日(土)  生活産業プラザ 14:00~16:00  

             テーマ:育った環境・子どもへの暴力の影響

 

             資料代:¥500    女性限定

 

 

いいね!した人

テーマ:

ちょっと遅めになりましたが、

2017年、あけましておめでとうございます。

今年も、女性支援に、加害者更生教育プログラムに、SEDAは真摯に取り組んで参ります。

どうぞ皆さま、よろしくお願いいたします。

 

皆さま、年末年始の長期休暇はどのように過ごされましたでしょうか。

家族、親戚と久しぶりに会う機会でもありますし、お酒も入ったりで気が良く陽気になったり、和んだり、楽しく暖かく過ごされた方が多いのではないでしょうか。

 

最近はお正月と言っても、元旦からお仕事をされる方もいらっしゃるので、お正月気分はトント感じずに過ごされた方も意外に多いかもしれませんね。

 

お正月休みは、日頃は日常生活が優先ですので、後回しにしていた事柄、特に家族や実家など、親族関係に関して向き合う機会になるとも言えるでしょう。

お酒も入ることで、気が大きくなったり、遠慮が無くなったりということもあると思います。

日頃馴染み少ない、ちょっと面倒でデリケートな親族間の事は、良い方向に進むこともあれば、緊張が走る場面もあると思います。

 

そんな時、加害者更生教育プログラムで学んでいる男性達は、パートナーさんからどんな言動や対応を取るのか、ジッと見定められ、評価されるのではと思います。

日頃の学び=「力と支配」を、しないで事に当たる実践がどれくらいできるのか、どのくらい身についたのか、その真価を問われるのだと思います。

 

自分を変えることの難しさを感じながらも、一生懸命学んでいるのですから、ぜひ日頃の学びを活かし発揮して、上手にいい関係を深めていただきたいですし、危機的状況や緊張場面では一呼吸おいて、相手を尊重した対応を、落ち着いてしていただけていたらと思います。

 

今日は、今年、池袋での水曜コースのプログラムの初日です。

どんな年末年始の過ごされたのか、日頃の学びの、どんな小さな成功体験でもいいので、成果あったそんな話がたくさん聞けたらと思っています。

残念ながら、うまく立ち回れなかったのなら、そこをしっかり振り返り、今の自分はどんな自分なのかをしっかり捉え、自分が変わって行くための重みを感じ、向き合っていただけたらと思います。

 

                 ひろこ

 

 

いいね!した人

テーマ:

皆様

今年はどんな1年でしたか?

いいことも・悪いことも・何もなかった人もあと、3日で2016年とサヨナラです。とびだすうさぎ2

 

来年はどんな年になるのか、楽しみなような、そうでないような・・・

ということで、SEDAもこの1年を振り返り、新たな1年を迎えるためのプチ充電カナヘイきらきらとして、

年末年始のお休みサッをいただきます。

 

2016年12月29日(木)~2017年1月10日(火)

 

では皆様 2017年1月11日(水)から、よろしくお願いいたしますとびだすピスケ1とびだすピスケ2

                                    SEDA 事務局

 

いいね!した人

テーマ:

毎年恒例のちょっと豪華な12月のエンひろ(プログラム参加男性のパートナーの集まり)を18日の日曜日に開催しました。

いつものTAKANOのケーキにチョコレートのクリスマスプレートを載せて、それ以外にも唐揚げやサラダやローストビーフを用意しクリスマスらしさを演出しました。

参加の皆さまには、手ぶらでとお伝えしているのですが、皆で楽しみたいと思ってくださるようで、おいしくてかわいらしいフルーツのお菓子や野菜のマリネや数種類の暖かい状態のシュウマイなどを持って来てくださいました。おかげで、さらに豪華なパーティーになりました。

 

ローストビーフはいつもスタッフの手作りです。今回、料理の得意なスタッフが都合によりパスになったので、ドキドキしながら私が担当させていただきした。(^_^;)

心配ではあったのですが、何とかまあまあおいしく作ることができました。(と思っています)

 

アルコールを飲めない方にもノンアルコールのお飲み物を用意するのですが、いつもは子どもっぽくなってしまがちな飲み物を今回は、クリスマスらしさと大人の雰囲気を醸し出すお飲み物を用意しました。

アルコールを飲めない方にもですが、アルコールを飲める方もお味見して、皆でおいしいねとナカナカ好評を得ることができました。

 

皆さまに束の間ですが、喜んでもらえるのは本当に嬉しいです。

いつもとちょっと違う雰囲気で、お互いを思いやる気持ちが手土産となり、そして弾むおしゃべり。

 

その中でプログラムに通って、夫やパートナーが以前より〇〇なところは少し変わったと、パートナーの口から直接聞けるのは、本当に嬉しいことです。

アルコールも手伝いますが、パートナーからのその言葉がプログラムのフォシリテーターにとっては、頬が紅潮し気持ちが高揚する嬉しさです。そして何よりのクリスマスプレゼントです。

 

皆さま、本当にご参加、ありがとうございました。

 

 

 

                                       SEDA ひろこ

 

いいね!した人

テーマ:

知り合いに「あっ、小銭がない。後で返すから100円貸して」と言われて、「いいよ」と貸します。

返してくれると思っていたのに返してくれません。忘れちゃったのかな、まぁ100円ぐらいいいかと特に請求しませんでした。

そしたら、またある日「あっ、悪い、細かの無いから50円貸してくれない?後で返すね」と言われて、また小銭を貸します。でも、また返してくれません。

「エッ、また!」となります。う~ん、どうしようかな。言おうかな、もうちょっと待っていようかな。きっと悪気ないんだろうからと思いあぐねてそのままになり、とまたある日、「細かいのあるかなぁ」と借りるでなく独り言を言ってるだけなのに、なんかちょっと気持ちがザワザワなんてことになったりしませんか。

 

こういうことって、ありますよね。

知人は悪気はないんです。本当に些細なことだから忘れてしまったんだと思います。

100円、50円の小さい金額で自分がザワつくのは何かなぁと感じたり、ちょっと面倒とかいうか、億劫というか、ああ向こうが気づい、こちらから言わずとも返してくれればいいのにと思ったりします。

 

よくアサーティブなコミュニケーションということで、その教えでは、小さい事ほど小さい時に対処してしまった方がいいと言います。

たかが小さい金額のお金なのだけれど、100円、50円でも1度ならず2度も返ってこなくて放置されれば、こちらは覚えている以上あまり気持ちのいいものではありません。

 

なので小さいことなのだけれども、片づけてしまった方がいいことは、小さいうちに早く対処すると後腐れが無くなって、同じようなことが起こることも無くなるだろうし、起こっても、また早く対処すれば、お互いの関係性の間にささいな不穏なものも残さないで済むでしょう。

 

何度か同じようなことがあった後だと、いざ言い出す時に「前にもあったよね」とか思わず出てしまったりする可能性もあります。そうすると相手は、本当に悪気なく忘れていたのだとすると、逆に、言ってくれたことを責めるのではなく、「なぜその時に言ってくれなかったの」と素直に疑問として、遠慮せずに請求してくれれば良かったのにという意味で言うかもしれません。

 

小さいことだからと遠慮したりして、伝えたいことを先延ばしにしたりすると、いざ言う時には、最初の小さい段階だったら小さいエネルギーで済んだものが、もっと余計な、ことによっては、膨大なエネルギーが必要になって来るかもしれません。

 

小さい内に言っていたら、「あっ、そうだったね。ゴメンネ」でお互い気持ち良く、その問題は簡単に済んで跡形なく霧散してしまうでしょう。

どうしよう、言おうかな、小銭だし(小さい問題だから)いいか、などと自分のなかで一人二役の自問自答なんてしなくて済みます。

 

ただ、小銭のことぐらいなら小さい内にと簡単に思えるのですが、利害関係があったり、周囲や他にも影響の余波が及ぶと思うと、確かにちょっと言いにくい、事が小さい内に対処した方がいいとわかっていてもなかなか実行に移しづらいものです。

 

個人的実感としては、齢をとるほど言いにくいと感じてズルズルしてしまうと、若い時より事や関係が複雑になる分、結果は最悪になり、取り返しがつきにくくなるように感じます。

 

結局言わなくてはならず、どういう風に伝えるか、どういう言い方をすれば本意が伝わるかと頭の中でシュミレーションしてみます。が、悪く思われたくない、いい人でいたいと欲を出し、波風が立たない上辺だけかもしれない平穏な考えへ引っぱられてしまうと、何も伝わらないように思います。

なぜなら本当の問題点に向き合っていないからだと思います。

 

今抱えている問題が大きいのなら、それは膨大なエネルギーをもってして事に当たらなければ、伝えられないことなのかもしれません。

ただ今後、これから起こる小さなトラブルには、小さい内に対処していくことを心掛けていくと、小さい成功体験を積み重ねられて、先延ばしにしていた大きな問題への向き合い方、その心構えができていくのではないかと思うのですが、どうなのでしょう。

 

               ひろこ

いいね!した人