デートDV防止教育・DV加害者プログラム                SEDA(シーダ)のブログ

SEDA(Sexuality・Equality・DV・Action)誰もが自分らしく生きられるために……
 TEL&FAX03-5928-5277  MAIL:seda.dv@gmail.com  デートDV加害者プログラム(日曜日11:00~13:00)            DV加害者プログラム(水曜日19:00~21:00)  


テーマ:

先日あった出来事で、かつて聞いたことのある電話相談の失敗談を思い出しました。



人間関係で悩みがあって相談をして来たのに、相談を聞いていた人は、当の本人の気持ちではなく、話の中に出て来るその人に焦点を当てて聞いていたと。

「相手はどう思っていたんだろうね」「相手もいろいろ事情があったのかもしれないね」等々と言われ、相談をして来た人はドンドン元気がなくなっていってしまったそうです。




よく「相手の立場に立って考えなさい」と言います。それはそれでとても大切な事です。

このセリフが活きるのは、その人が相手の気持ちを無視したり、蔑ろにしたり、つぶしたりするようなことがあった時です。つまり力を不当に乱用し相手を傷つけた時です。

あなたの自由気ままな言動が「相手を不自由にしたり傷つけたりにしていませんか?」という投げかけです。




かつての相談者は、本人が不自由になっているのです。その本人に「相手の事情や気持ちを汲んであげなさい」と言ってしまったら、それは暗に自分の気持云々より、相手の気持ちを重んじなさい、相手に従いなさいと言われているように感じたのではないでしょうか。




相談にのっていた人は、良かれと思って、その人のためになると思って、悩みの解決に少しでも役立つのではないかと思って言っているセリフです。




相談者の話や悩みを聴くのなら、まずその人の気持ちを真摯に充分に聴くことでしょう。

つらい気持ち、苦しい気持ち、切ない気持ち、悲しい気持ち、モヤモヤした気持ちなどです。これらを話したところで悩みが解決したり、問題の相手と急にいい関係になれる訳ではありません。




ですが誰かに、今の自分の気持ちを充分に言えた、話をちゃんと聴いてもらえた感覚を持つと、今悩んでいる事は何ら変わらないのだけれども、同じ事でも違う捉え方や違う方向から見えてくることがあるようです。その物事に対する閉塞的な感情に少しゆるみが入るようになるようです。




今まで苦しすぎて、これが無くなれば、ここが解消してくれれば、こういうように変えられればというようにしか考えられなかったのが、その考え方にばかり縛られていたのが、フッと力が抜けて、まったく別の考え方もあった、こんな風に考えてみるのもいいかもしれないと思えるようです。




自分一人で悩み、悩みに悩んでどうにもならない時、人は人に相談します。

ですがよく悩みの解決方法は自分の中にあると言われます。




だから本人の気持に中にある大々的に占められている感情はもちろん、それだけではなく、その脇に確かに存在している小さくて隠れていたような感情にも焦点をあて、それを話せたり、聴いてもらえると、自分の考えや気持ちの中にもっと別のものもあると気づけるようです。




それなのに当の本人の話や気持ちを聴くのではなく、悩みの対象であるその相手の気持や立場になりなさいと言われる。それはその人をもっと苦しくするのではないでしょうか。




自分の気持ちをまったくわかってくれない。と悲しくなったり怒りを感じたりするかもしれません。相手を思い至れない自分が悪いんだ。悩んでいる自分の方がいけないんだと感じてしまい、さらに気持は落ち込み、傷ついてしまうかもしれません。

悩みを何とかしたくて電話したのがさらに重い物を背負わされ、ひとり抱え続けなければならなくなり、返って絶望的な気持ちになってしまうかもしれません。




相談にのる方は、悩みの解決になれればと良かれと思ってのアドバイスです。「相談者のため」と言いつつ、ねじれ現象になって相手を追いつめ傷つけてしまう。そしてそれは自分では気づきにくい。だからやっかいなのです。




悩みごとや相談を聴くのに、今、目の前にいる本人に集中してし過ぎることはないでしょう。

これでもかと思うほど十二分に関心を寄せて丁寧に話を聴きたいものです。


           ひろこ



































いいね!した人

テーマ:

明日6月25日(土開催の


    こころドキドキのケア講座のご案内をいたします。

 


ラブラブこころのケア講座】 


時計時 間 14:00~16:00


ビル会 場 生活産業プラザ4階 会議室  ※会場ご注意ください。


メモテーマ 「身体的暴力・性暴力」


がま口財布資料代:¥500  

        (期間限定 : 会場が産業プラザの時は 資料代通常¥1000のところ

                  ¥500で開催いたします)


申込み不要。  ※女性限定 


電車バス 【アクセス】 生活産業プラザ  豊島区東池袋1-20-15 JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線 都バス、民営バス、池袋駅東口より徒歩7分。




7月のこころのケア開催予定

ドキドキ7月 8日(金)  生活産業プラザ 14:00~   ¥500

ドキドキ7月30日(土)  生活産業プラザ 14:00~   ¥500

いいね!した人

テーマ:

事務所に行くのにバスを利用しています。

バスに乗るためには、細い路地を通るとバス停への近道になります。

その路地は本当に狭くて、人ひとりがまぁ余裕で通れるような幅で、約100メートル弱ぐらいの路地です。

路地に入る前後に、「歩行者優先」と書いてあります。


確かに自転車で通れなくはないのですが、その路地の少し脇に迂回の通路があります。

そちらはなんとか自転車が2台行き来できるほどの幅がある通路です。

迂回したところで大した違いはありません。私の感覚では1分あるかないかの違いではないかと思っています。


歩行者優先の細い路地ですから、めったに自転車と遭遇することはないのですが、以前、お酒を飲んでいたらしく自転車でフラフラと通っている人がいて、後ろから歩いていた私は、ここは歩行者優先だし、なんか危なかっしいと思っていたら、案の定転んでしまい救急車を呼ぶ羽目になったことがありました。


昨日のことです。

バス停に向かって歩いていると、前に年輩の男性がゆっくり歩いていました。

すると向かいから、男性よりは若そうでしたが自転車に乗った年輩の女性が走って来ました。

男性は自転車が見えるとすぐに通路の壁際に寄りました。その後ろを歩いていた私は、まだ自転車と遭遇するには距離があると思ったのですが、私も男性にならい壁際により、自転車が近づいてくるのを止まって待ちました。


その様子がわかった自転車の女性は、男性に近づいた時に「スミマセン」と一声かけて通り過ぎました。その声掛けに男性は「いいえ~」と言って、通り過ぎた後に歩き出しました。


なんか、「とてもいいなぁ」と思いました。

どちらかというと、私はここは歩行者が通るところなのにと思っていたのを、前に歩いていた男性は、気持ちよく自転車に道を譲っていました。それがわかった自転車の女性も、男性の好意に応えるように「スミマセン」と申し訳ない気持ちと、たぶん感謝をこめて一言「スミマセン」と素直に表したのではないかと思います。


私は歩行者優先なのにと、自転車の女性を若干責めるような気持ちがありましたが、前方の男性は今、目の前の状況を受け入れ、安全で純粋にこれがいいと決めた行動をとられたんだと思います。

そして行きかう際に、交わされたお互いがお互いを気遣う、思いやりのやり取りが感じられ、私の人を責めるようなネガティヴな感情が吹っ飛んでいきました。「ああ、いいなぁ」という気持ちに一変させてくれたのです。


たった一言の短いあいさつこそ、本当にその気持ちがないと口に出てこないのだろうなぁと思いました。

歩いている男性と自転車の女性には、純粋に湧き上がった自分の思いを口にしたんだろうなぁと思いました。


そして、その情景や声掛けは、私のネガティヴ感情を一瞬にして霧散してくれたんですね。

相手を思いやる純粋な一言や、人とのかかわりは、当事者はもとより、当事者でない周囲にまでも気持ちを和やかにしてくれる力があるのだなと思いました。

なんか小さな心温まるステキな出来事に遭遇できた感じがして、顔がほころびました。顔ぽわわん


               ひろこ




いいね!した人

テーマ:

Windows10の無料アップグレードの期限が近付いて、アップグレードをしないつもりで「×」をクリックしているのに、「勝手に更新された」と強制アップグレードに苦情が出ているようですね。

更新した後に回避もできるようですが、回避方法がわかりにくいことも災いして苦情につながっているようです。


それぞれの理由でアップグレードの回避を自己決定し、実行に移しているのに、それを無視され、自動強制更新となってしまうことに戸惑い、許しがたいと思って苦情になっているのではと予想します。


マイクロソフトとしては期限も間近だし、期限過ぎると有料になり、それも結構高額だそうですね。そのため今更新すれば今後セキュリティも高くなるし、メリットが多くなると。

良かれと思っての自動更新のようですが、意志ある人の意思表明を無視するようなやり方になってしまい、それなりの正当な理由があったとしても、やはり利用者は大いに不服でしょう。


この件は、ある種の力でのコントロールと言えるのではないでしょうか。
力と支配は、相手の尊厳を蔑ろにしている行為です。

どんなに親切であろうと、どんなに思いやりからの行為であろうと、まずは相手の意向を尊重する必要があるでしょう。

それは大切な相手であればあるほど、ご本人に直接、意思確認をする必要があるでしょう。

おそらく、彼女は、彼は、こうだろうではダメなのです。


本人に確認を取らずに100回中99回その人の意向や好みが的中しても、100回目は失敗するかもしれないのです。

相手のことをわかったつもりや、気を遣ったつもりで決めたりしてはいけないのです。

100回なら100回毎回確認して、1回1回の手のこんだ丁寧なその行為こそが、相手への大切さ、尊重の現れと映るのでしょう。



今回のマイクロソフトのやり方は、更新を回避できる方法のわかりにくさも手伝って強引と思われ、相手に、この場合はユーザーですね、に嫌われてしまったようですね。

ですが、今ユーザーの声を聞きサポートを強化しているとのことです。



今回の件で何を学び、ユーザーをどのように考え、どういうサービスをするかで、ユーザーからの信頼の取戻し、ユーザーと今後どういう関係にしていけるかが問われるのでしょう。

できれば、失敗から確かな、今以上の信頼を取戻し、信頼回復のビジネスモデルになるチャンスにしてもらえるといいのにと思います。

そうなれば他の企業も良かれと思っての、力と支配めいたサービスは減っていくのではと思うのですが、どうでしょう。。。

            

    ひろこ



PS : 明日、6月11日(土) 午後2時~ 

エッポク10フェスタで 「DV加害者更生教育プログラムって何?」を開催します。

わかりやすく皆さんにお伝えできたらと思っております。











いいね!した人

テーマ:
  豊島区立男女平等推進センター イベントエポック10フェスタのご案内


 「DV加害者更生教育プログラムって何?」と題して

 エポック10フェスタで講演会を開催いたします。
 「それって何はてなマーク」 「どんなものはてなマーク思ったら、
 まずは聞きにいらっしゃいませんか。
 参加するまでの手順や費用などのご説明もいたします。


                     記


 6月日  時 : 6 月11日(土曜日)午後2時~4時

 家場  所 : 4階エポック10会議室 生活産業プラザ)
         
豊島区東池袋1-20-15

 電車アクセス:
JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線 都バス、民営バス、
         池袋駅東口より徒歩7分 

 がま口財布費  用 : 無料 
          
 赤ちゃん託  児:あり(事前申し込み)

 メモ申し込み: エポック10に電話・FAX、またはEメールでお願いいたします。
          TEL:03-5992-9501  FAX:03-5391-1015
          Eメール:A0029117@city.toshima.lg.jp


            お待ちしております。

                      SEDA






いいね!した人