1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-05-26 16:06:49

プロ意識はなんでも同じ

テーマ:野球

野球とは関係のない話になりますが、先日感心させられたことがありました。

 

私は服を買う時は、大体決まったお店があります。そして、その店で開催されるバーゲンでしか購入しません。

ただ、このお店、戦後の著名な総理大臣のスーツを仕立てていたそうで、今もバーニーズなどに有名なブランドを卸している老舗屋さんです。

当然、私が購入するのは、型落ちで、値段も安く、定価50~80%オフと言う代物なのですが、元々の素材がいいので、流行りなんか気になりません。

 

そして気に入っているのはそこのスタッフさん。

少々値が張っていても(値段が定価の半分以下ですが、、、私には高くて)、良い物は勧めてくれるし、逆に非常に安いものでも、物によっては止めたほうが良いとアドバイスをくれます。

それが理路整然していて、しかもプロ意識を感じるので、肥後もっこすの私でも納得してしまう。

 

先日もバーゲンがあり、これ見逃しとお店に行ったのですが、欲しいものが少しだけサイズが合わず迷っていると、「どんなに安くてもサイズが合わなければ止めてください。今回あまりお勧め出来る、良いものはありませんよ」とはっきりと言われました。

 

普通は、買うように、あの手この手で背中を押すもんですけどね。

ということで、結局何も購入しませんでしたが、帰路中、よくよく考えると、私はそのお店に信頼というものを買ったのかもしれません。多分、今後も購入するでしょうね、このお店に。(バーゲンで恐縮なんですけど)

 

これは仕事でも大事なことというか、一番根っこの部分かもしれません。

伝達方法はそれぞれとしても、信念を持って、その人の為に本当の事を伝えることが、信頼関係を築く第一歩になるんでしょうね。

 

何か、思い知らされた気がします。

AD
いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「野球」 の記事
2016-05-09 05:00:00

ベイの巻き返し

テーマ:野球

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/05/09/kiji/K20160509012551570.html

 

今の段階で、トップ云々は早いと思いますが、投手陣が安定しているのはチームにとって非常にプラスです。

 

あくまで打線は水ものです。相手投手との兼ね合いもあります。

 

投手を中心とした守りがしっかりとさえすれば、これから先の戦いも安定していきます。

今年は捕手をルーキーに固定して、育成を兼ねながらチームの扇としての基礎固めを図ろうとしていますね。やはりラミレス監督、したたかです。

 

おそらく夏場には、その効果が出てくると思います。とにかく強いチームには必ずと言っていいほど、レギュラー捕手がいます。来季以降を見据えても必要な課題です。

 

となると、あとは打撃陣待ち。主力の筒香が離脱していますが、彼と不振の外国人選手が日本の野球に慣れてきたら、面白い。

 

このチームはホーム球場が狭いだけに打線が活発になれば、大型連勝が期待できます。

 

まだまだセ・リーグは混沌としています。絶対!というチームは今のことろ見当たりません。

 

交流戦に入れば、相手も変わり、もっと混戦になると思います。

 

ですから、今はなんとか最低でも五分で凌ぐことです。このように投手が安定していれば大きな連敗は免れますし。

 

メジャーを経験しているラミレス監督ですから、彼の視線の先には勝負どころの8月があると思います。 

AD
いいね!(8)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-07 05:16:06

球団の本当の狙い

テーマ:野球
昨日の巨人の先発投手は新人で育成枠上がりの長谷川投手。彼は今年のドラフトで116人中、116番目の指名の選手。つまり最後の最後に指名を受けた選手。その選手が、この数ヶ月で育成から支配下登録に昇格して、昨日の先発投手という、とてつもない権利を手に入れたわけです。しかも選手層の厚い巨人で。

これには球団系列のスポーツ紙を始め、彼が昨年まで所属していた独立リーグの関係者も期待を込めて、様々な場面で取り上げていましたね。まさにシンデレラボーイです。  私は試合を全部は見ていませんでしたが、勝ち投手の権利がかかる、5回途中で残念ながら降板してしまいました。本当に惜しかった。あと2人で勝ち投手だったんですけど。
しかしこの僅かな壁が、プロの厳しさです。これは運が悪いとかの問題ではなく、単に実力の問題です。そんな簡単にプロは勝たせてくれません。初めて対戦する投手でも二回り、三回りなれば、打者は、それなりに対応していきます。おそらく彼にはまだまだ足りないものがあったのでしょう。

しかし、4回まで0で抑えたわけです。これは本当に素晴らしいことだし、今独立リーグでプレーをしている多くの選手に勇気を与えたことでしょう。やはりスポーツには、こういうことがないとね! 

さらに言えば、今回の彼へのチャンスには、球団の大きな意図が見えてくる。何故なら、「しんがり指名」の育成から這い上がってきた彼の活躍は、入団後、能力がありながらずっと2軍でくすぶっている選手、または一軍でも控えで甘んじている選手に、刺激と危機感を与えたはずです。彼らのケツに火がつくことは、チームの戦力アップに大きな効果をもたらしてくれます。そしてこれこそがチームの体質改善にもつながるはず。僕は、球団幹部のそんな狙いがあるのではないかと思います。近い将来、楽しみな若手選手が出現するかもしれませんね。


AD
いいね!(12)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-05-04 10:53:54

高橋由伸監督

テーマ:野球

巨人は昨日、天敵の広島ジョンソン投手を打っての逆転勝ちでした。

ヒーローは新外国人のギャレット選手。

 

ここまで4番を打ちながら不振でありながらも、首脳陣は変わらず4番で起用していました。

 

チーム事情もあるでしょうが、我慢できない監督ならば直ぐに打順を変更していることでしょう。

 

しかしほとんどの新外国人選手は、当初は日本の野球に慣れるまで、ある程度時間が掛かります。

 

もちろんシーズン最後まで適応出来ない選手もいるわけですから、その見極めは非常に難しい。

 

おそらくですが、由伸監督は、ギャレットに対して、何れ対応できると見込んでいるのか、それとも打撃の弱いカンフル剤として獲得したフロントの意向が強いのかもしれません。

 

しかし、まだ短い間とは言え、私が由伸監督の采配や立ち振る舞いを見て思うのは、かなり腹が据わっているのではないかと。

見ていて、ベンチではあまり表情を変えないし、バタバタもしない。

失敗した選手への批判もほとんどない。ギャレットの起用についてもブレない。 

 

どちらかといえば、動の阪神金本新監督とは全くの正反対で静。

 

チームの選手の違いで、もちろん采配は変わるだろうが、高橋監督の監督としての資質を非常に感じる。

 

キャリアも十分、顔も甘い高橋監督だが、実は相当に腹の据わった侍なのかもしれない。

いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-02 07:04:38

どうした、ベイスターズ

テーマ:野球

http://www.sanspo.com/baseball/news/20160502/den16050205010002-n1.html

 

横浜が苦しんでいる。この時期に借金10はキツイ。主砲の筒香選手が故障離脱。梶谷選手はまだ復帰もしておらず、どうしようもないというのが今の現状でしょう。しかもロペスと新外国人の野手が不振。売り物である打線が機能していない。

これでは新監督ラミレスも、指揮の降りようがない。

 

特に昨日のように5点差までリードを広げた試合もひっくり返されてしまうと、チームは更に沈んでしまう。おそらくチーム内の雰囲気は最悪だと思う。(でなければ逆に不味いんだけどね。)

 

このままでは、せっかくに毎試合スタジアムを満杯にしているファンも、あまり負けが続くと観客動員にも影響が及んでしまう可能性もなくはない。社長も今年は勝ちに行くと言っていただけに、これからどういう策に講じるのであろうか。

 

ただし補強といっても、打つ手はトレードや外国人獲得しかないだろうし、これからチームを変えるほどの大きな期待は出来そうもない。ならば自前の救世主は?控え組、もしくは今二軍で該当する選手はいるのだろうか?

 

ほんの一時期でも、勢いのある選手が出てくれば良いのだが。年に1回、お祭りみたいない活躍をする選手がいるものである。そういう選手を見極めて日替わりで使うしかない。

 

セリーグの順位を見ると、5位ヤクルトが借金1。つまり借金のほとんどを横浜が背負っている形である。

完全なるひとり負けだ。

 

これから手強い相手との交流戦も始まるし、横浜にとってはしばらくは厳しい日々が続きそうである。

 

いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-01 05:00:00

賭博逮捕について

テーマ:野球

元巨人の笠原選手が逮捕されました。

 

記事によると、彼は賭博のほう助、つまり胴元側での関与が悪質と判断されて、逮捕の決め手になったようです。

 

元OBとしては実に残念です。しかも彼自身、将来を嘱望された選手だっただけに、なんともったいないことをしたんだと思います。

 

更に言えば彼のお父さんは元プロ野球選手で、私は同じチームメイトとしてプレーしていましたから、心中察すると本当に今は気の毒でなりません。

 

確か弟さんもホークスの現役選手です。彼も辛いでしょう。

少なくとも同じ業界で働く選手たちには、彼をこの件で変な目で見たり、試合中にヤジることだけはやめてもらいたい。これはファンの方にも同じく。

 

この賭博問題で、世論が球団の巨人に対して厳しい意見が出ていますが、実は球団側は被害者です。選手と球団は業務委託契約を結んでいるので立場は対等です。メジャーであれば、即訴えられる可能性もあるようです。

 

確かに18歳で、この世界に入るので、球団も社会人としての教育を施すことは必要です。

 

しかし、これについては教育や講習などは随時十分やっています。逆に巨人軍は12球団でも一番規律が厳しい球団です。

 

しかも笠原くんはすでに25歳。新人ではありません。社会人としては既に自立しています。

 

逆に、24時間球団が選手を管理するのは不可能です。

あまりしつこく管理すると、もちろん選手は抵抗しますし、選手会を通してクレームが来ることもあります。

選手の権利だとして。、、、これも当然です。だって大人ですから。これは普通の社会と同じです。

 

僕の経験上、今回の事件は、あくまでも個人の問題。

自分たちの職場であり、命がけの試合に対して、金をかけるなんて、僕の時代には聞いたこともなかった。だいたいに日々一生懸命に努力をしているメンバー、そして自分に対してさえ冒涜していることになります。

 

少し残念だったのは選手会の動きです。やはり選手会としても、今回の問題に対して選手側としてのメッセージを出してほしかったなぁ。

いいね!(12)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-04-29 10:21:00

またも配置転換 

テーマ:野球

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/04/29/kiji/K20160429012490350.html

 

オリックスが、またもコーチの配置転換。これで今月3度目です。しかし、本当にこの球団は、成績が悪くなるとこういう処遇をするケースが多い。

 

大体、シーズン始まってまだ1ヶ月です。評価を下すにはあまりにも早過ぎます。しかも配置転換の理由が、四球が多いからとか、記事を見る限り、配球の問題ではなく、あくまで投手の技術的な問題。

これでは首脳陣も選手もモチベーションは下がる一方だと思います。

 

もっと言えば、投手陣より打てないリーグワースト打率の打撃陣の方が不振の原因としては大きい。ならばメスを入れるべきは先ずは打撃部門ではないだろうか。

 

更に言えば、今のオリックス低迷の大元の原因は何だろうか。

それは誰が見ても明らかで、1昨年オフに行った大型補強組の失敗だ。

高額を出して獲得した野手たちが、今のところ額面通りに働いていないからだ。

 

もしかすると、フロントは、このことを周囲に責められたくないので、あえてバッテリーに焦点をすり替えているのかもしれません。

 

そのフロントも、コーチの配置転換の策は、チームの為というよりも、お上の顔色を伺ったものかもしれません。それか天の一声か。

 

現場で指揮をとる監督の福良さんも大変でしょう。

 

 

いいね!(10)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-04-27 10:03:05

新井選手の2000本達成

テーマ:野球
広島新井選手が2000本安打を達成しました。
素晴らしい偉業です。

入団当時、彼がここまで活躍するとはほとんどの人が想像出来なかったでしょう。
私も見ていましたが、もちろんその一人です。

ちなみに私の現役時で、まさかここまでになるとは!とは思った選手は、今同じく2000本を狙えるところに来たロッテ福浦選手と引退した小野投手。彼らも入団当時を見る限り、「すぐにクビになるかもしれない」と思いました。


さて、スポーツ記事を拝見する限り、記録の偉業を称えるのと同じように、新井選手の人間性に関する記事が多く見られます。それだけ彼が皆さんに愛されているのでしょう。

彼の高校時代の監督は、私の大学時代の後輩です。おそらく駒大進学やカープ入団には、彼の尽力もあったと思います。
これはうがった見方かもしれませんが、新井選手の野球人としてのポートフォリオの一部には、後輩が学んだ明治大学野球部の精神も受け継がれているかもしれません。
だって明治大学野球部のモットーは
「人間力」ですから。

勝手に一人喜んでいる自分がいました。

いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-06-19 09:22:27

不在

テーマ:ブログ
http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20150618-OHT1T50147.html

これも異常事態でしょう。

先ずは選手経験のある裏方さんを育成契約するようですが、その間にトレードで獲得を目指すのでしょうか。
なかなか他球団も出してはくれないでしょうね。

というのも、捕手というポジションは少し他のポジションと違うところがあります。
育つのにもの凄く時間が掛かります。試合で使えるようになるには。

しかも一軍でなくとも、二軍で試合をする場合も、万が一の補充が必要ですから数は絶対数必要なんです。
ですから、一軍経験がなくとも長く現役を続けられるポジションでもあるんです。
もっと言えば、給料も安ければ尚更ですけどね。

この横山捕手ですか、、出来れば選手契約にして欲しいですね。
そして一軍で出場してもらいたいものです。こういう時って、何か見えない力が動くものです。
だからスポーツって面白いんですけどね。

いいね!(16)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2015-06-18 10:07:05

育成方法

テーマ:ブログ
パリーグの強さについて追記を。

今、球界で一番勢いのある若手野手について、彼を指導した経験のある方との会話を
思い出しました。

とにかく先ず振らせる、振らせる。
試合でボール球に手を出すなと言う前に、先ずは振っていくことで身体で覚えさせていくしかない。
先ずは振らないと始まらないという指導方針だったそうです。

しかし、これには相応の時間が掛かります。教える側も我慢が必要です。


セ、つまりは名門人気球団ではなかなかそうはいきません。
即効性が求められる傾向があります。
大卒で即活躍した野手は、覚えている中では巨人の由伸選手ぐらいじゃないでしょうか。

鳥谷選手も1年目から出てはいましたが、彼の場合は守備で十分貢献出来ましたから、打撃、大砲ととしてではありません。
しかし彼の場合も当時の監督岡田さんが我慢して起用していました。

リーグによって育成方法も違ってきましたが、今回の交流戦の結果を見て、方向転換してくるチームも出てくるでしょう。

いいね!(9)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。