1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-10-14 09:45:19

我が家の教育方針は私自身の人生の反省を踏まえて

テーマ:英単語を覚えるための16の工夫
おはようございます。台風一過、爽やかな秋風と快晴に恵まれたここ桑名です。今朝は3日ぶりに早朝ウォーキングに出かけました。強烈な日の出をばっちり拝むことができましたよ。


昨日は一日雨でしたので、子供の部屋の掃除をしました。


一人ではまだ片付けがうまくできない(やりたくない?)わが息子のために、机の引き出しや本棚を整理する方法を時に声を荒げ説明しながら、豚小屋寸前だった彼の部屋をなんとか人間の住める部屋に戻すことに成功しました。


しかし、気を抜くととてつもなくmessyな部屋になってしまうところは、残念ながら、親の遺伝を受け継いでしまったようです。亡父はものすごい organizedな人だったのですが。


部屋を片付け終えたら、息子が初めてもらってきた通信簿を見せてくれました。自宅でのコミュニケーションが全て英語であるため、国語の「話したり聞いたりする力」だけは「がんばろう」マークがついてましたが、それ以外は、全て、「できる」の評定をもらってきました。


親としてはまあほっとしたというところでしょうか。


ただ、我が家の教育方針としては、「宿題やりなさい」、「勉強しなさい」、「テストがんばりなさい」という指令は一切出しませんし、その結果として、本人が学業の習熟度に問題が生じたとしても一切悲観することはないと決めてあります。


小学校時代(中学も含めて)はとにかく伸び伸びと遊んでもらい、その遊びの中から、自分が「好きで好きでたまらないこと」を見つけ出せることが最も肝心だと私は強く信じています。


但し、小学校の時点から、「友達を傷つけない」、「挨拶(ありがとう、ごめんなさい、こんにちは)をしっかりする」、「友達の痛みを理解する」、「嘘をつかない」、そして、「整理整頓を心掛ける」ことというような点は徹底的に厳しく指導していこうとも決めています。


大人になってみて、「好きなことを仕事に出来る」こと、そして、「友達やパートナーに恵まれる」ことこそ、人生を満喫していくうえで最重要だとつくづく実感しているからです。


子供が自分の人生を切り開くためには、大人である私達も子供に「嘘をつかない」、そして、「知らないことは知らないと言い、誤魔化さない」ことが肝心だと思うのです。


さて、今朝も、「英単語を覚えるための16の工夫」をご紹介いたしましょう。今日はその15です。


今日ご紹介する15番目の工夫は、「覚えたい単語は最低でも3分間は凝視してみる」というものです。


これは「?」と思われる方も多いかもしれません。


凝視、すなわち、じっくりと目を離すことなく見つめるわけですが、これを英単語に対して実行したことがある人ってかなり少ないはずです。


聞くところによると、人間の目は、いったん「認識した」と判断すると、「見ているようで見ていない」状態になるそうです。「当たり前である」、「わかっている」という思い込みのせいで見落としが発生するのは「灯台下暗し」の故事成句にある通りですよね。


ただ、このケースが当てはまらないこともあるのです。例えば、好きなアイドルや、惚れた異性、欲しくてたまらない時計や車や宝石などのような、「憧れの対象」に対しての見方です。「よく飽きないもんだな」と他人からは呆れられてしまうくらい、それこそ、「穴があいてしまう」くらい凝視し続けていることができますよね。


こういう時の凝視というのは、きっと「見る」という状態を超えて、「観察する」という状態になっているのだと思います。観察するというのは、ある興味や関心(憧れ)を持って、かなりの集中力を持って、その行動を注視し続けることですよね。


そこで、あなたが覚えたいと思う英単語にも、この「観察」眼をもって取り組んでみるのです。


やり方はこんな感じです。自分で覚えたい単語が例えば ostentatious であるとします。そこで、まずはこのostentatiousをノート(PCでもOK)に3回くらい書き出し、そのうえで、「派手な、見栄っ張りな」という意味をそれらの横にでも書いておきます。


そのうえで、最低3分間、じっと凝視するのです。なんとなくぼんやりしてきたなって感じたら、os – ten- ta- tious というように好きなようにセグメンテーションして、各切片を「観察」したりしてみます。


そうすると、まるで好きな異性の顔をいつでも脳裏に浮かべられるように、ターゲット単語の「顔つき」や「しぐさ」が細部に至るまで瞬時に思い出せるようになることに気づき、ビックリするはずですよ。


単語記憶は「料理の極意」と同様です。「ひと手間加えるのを惜しまないこと」です。


是非、試してみて下さい。


では、皆さん、今日も、良い一日を!

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2014-10-13 12:19:05

2週続きの台風上陸。負けずに乗り切りましょう!

テーマ:英単語を覚えるための16の工夫
こんにちは。せっかくのNational Holidayだというのに今日の桑名は台風接近のため、雨降りです。風も徐々に強くなってきています。皆さん、厳重に警戒しましょうね。



ところで、昨日は、二人の姉と共に母の誕生祝いをするために、自称グルメの長姉が選定した創作和食のお店でランチを食べに行きました。



傘寿まであと1年と迫った母ですが、骨折の後遺症で足がやや不自由であるのを除けば、まだまだ元気でいてくれています。昨日も、かなりのボリュームのランチコースだったのですが、ペロリと平らげてご満悦でした。



こうして母が元気でいてくれるおかげで、姉達とも定期的に会合を持つことができ、楽しい昔話に花を咲かせることができるのはありがたい限りです。



母が元気でいる限り、誕生日、クリスマス、お正月、母の日、そして、亡き父との結婚記念日は、今後も家族4人で集まって、旅行や食事を続けていこうって決めています。お母さん、どうか1年でも一日でも長生きしてくださいね。



さて、今朝も、「英単語を覚えるための16の工夫」をご紹介いたしましょう。今日はその14です。



今日ご紹介する14番目の工夫は、「週替わりでジャンルを絞り同一ジャンルの単語だけをリストアップしてみる」というものです。



これは、以前にご紹介した英字新聞の活用法に近いやり方です。ただ、英字新聞よりも手軽にできます。



やり方はいたって簡単。毎週、1つジャンルを決めたら、後は、毎日、5~10語くらいずつ、同ジャンルの中でよく使いそうだけど英語でどう言うか知らないという単語をリストアップしていくだけ。



例えば、今週のジャンルを「犯罪系」に絞るとします。そうしたら、後は、犯罪にまつわる言葉で日常的によく見聞きするものの英訳が浮かばないような単語を考えてみるのです。


(例: 犯罪系)
1. 詐欺  
2. 通り魔
3. 強盗
4. 窃盗

後は、それぞれ和英辞書を使って、1.fraud、2.street slasher、3.robber、4.theft、と調べたら、できれば、類義語辞典で類義・同意語を探し付加して、暗記用のノートなどにリストを作っていくだけです。



一週間、同一ジャンルの単語だけを追っていくことで、驚くほど効率よく、しかも、しっかりと記憶することが可能ですよ。



単語記憶は「料理の極意」と同様です。「ひと手間加えるのを惜しまないこと」です。



是非、試してみて下さい。



では、皆さん、今日も、良い一日を!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-10-08 08:46:32

一日でも長く続いてくれ、親孝行を楽しめるこの幸せよ!

テーマ:英単語を覚えるための16の工夫
おはようございます。今朝の桑名も最高の快晴です。早朝ウォーキングでバッチリ日の出の写真を撮りましたよ!


 ↓ ↓ ↓ ↓


Sunriseは元気が出るなあ!


昨日は、月例の母とのドライブの日でした。ここ桑名から車で一時間ほど離れた岐阜県大垣市まで、彼女のかかりつけ医の先生に診察してもらいに行くのです。



母は先日79歳になりましたが、若い頃は頑健だったのに還暦を過ぎた頃から体中のあちこちにトラブルが発生し、70歳くらいまで毎年のように入退院を繰り返していました。



そんな母ですから、私達も家族もはたしてどれくらい長生きしてくれるものなのか不安を感じていたものです。



しかし、2年前に父が亡くなってからは、「頼れない」と気合いが入ったのか、風邪1つ引くことなく、今日まで頑張って過ごしてきてくれているんです。



そんな母がかれこれ十数年診察してもらっているドクターが大垣市にいらっしゃるので、私もなんとか時間にやりくりをつけて、月に一回、ドライブも兼ねて、母の送迎を務めています。



そして、今では、母もこの月一のドクター訪問ドライブを楽しみにしてくれているようで、車の中で様々な世間話や昔話に花を咲かせながら、賑やかな「若い頃の元気は母そのもの」に戻ってくれるのを観るのが息子の私にも嬉しかったりします。



これから後何年このドライブを続けていけるのかは神のみぞ知ることでしょうが、私としてはできる限り、この楽しい時間のほんのささやかな「親孝行ごっこ」を続けていければいいなって思っています。



さて、今朝も、「英単語を覚えるための16の工夫」をご紹介いたしましょう。今日はその13です。



今日ご紹介する13番目の工夫は、「語源や接頭辞、接尾辞を意識してみる」というものです。



これは、少々気合いの要る工夫です。かなりハイレベルの英語力を目指しているような方でないと難しいかもしれません。



難解な英単語というのは大抵長い単語が多いものですが、そのような単語というのは大抵の場合、接頭辞、語幹、接尾辞に分解できるものです。そして、そのそれぞれに、ラテン、ギリシア、古英語のいずれかの系統の語源的な意味があり、それを体系的に把握することにより、記憶がしやすくなります。



加えて、これらの語源に強くなると、初めてみる英単語でも、ある程度の意味が推測できたりするメリットもあります。



私がおススメする本は Word Power Made Easy (Norman Lewis著)というものですが、これは全編英語で書かれているので、よほど気合いを入れて臨まないと数ページも読まないうちにノックアウトされてしまいかねない本です。

↓ ↓ ↓

詳細はコチラ



ただ、英語の専門家を目指すような方や、ビジネスなどでネイティブ相手に対等に渡り合いたいと希望されているような志の高い英語学習者には強くお勧めします。



単語記憶は「料理の極意」と同様です。「ひと手間加えるのを惜しまないこと」です。



是非、試してみて下さい。



では、皆さん、今日も、良い一日を!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。