「死にたい」

 

 

そう思うことは

逃げでもなければ

悪でもなんでもない

 

 

私はずっと

そう思っている

 

 

 

子どもたちに

いつも言っているように

むしろ

生きることを頑張ってる証だと

そんな風にさえ思う

 

 

 

 

 

誰も愛してくれないツライ家庭環境で

 

誰も分かってくれない学校という組織の中で

 

誰も信じられないこの社会の中で

 

 

そんな環境でも

必死で生きることを頑張っているから

 

その現実が

それに耐える自分の心が

 

死ぬほど苦しいんだと

そう思う

 

 

 

 

私も過去

何度となく

「死にたい」と

ひとり苦しんだ

 

 

 

やっとの思いで

誰かにそれを打ち明けた時

 

 

「あなたが死にたいと言ってる今日は

明日生きたいと言って死んでった人の明日だ」

 

と、世間で有名な名言を言われ

お説教されたことがあった

 

 

 

きっとその人は単純に

「それは甘えだ!頑張れ!」と

励ましたかったのかもしれない

 

 

 

けれど私の中には

溢れるほどの

『代われるものなら代わってあげる!』

という叫びでいっぱいだった

 

 

”その、明日生きたいと言っているその人と

代われるものならいくらでも喜んで代わってあげる”

 

 

「死にたい」と今苦しんでる子は

きっとみんなそう思うだろう

 

 

 

そのくらい

自分の価値

自分のいる意味

わからないのだから

 

 

 

 

 

だから

私はいつも言っている

 

 

死にたい気持ちを責めないでほしい

 

 

 

みんな好きで死にたいわけじゃない

 

みんな好きでそこにいるわけじゃない

 

 

 

ただただ

死にたいくらいツラく苦しい気持ちを

誰かにわかってほしいだけ

 

 

 

 

誰でもいい

 

誰かひとりでいいから

わかってほしいと

心の奥で叫んでいるだけ

 

 

 

過去の私がそうだったように・・・

 

 

 

 

 

死にたい気持ちを

逃げとか悪とか言わないで

 

 

「そんな風に言うんじゃない!」なんて

ましてや責めたりなんてしないで

 

 

どうして死ぬほど苦しんでるのか

ただ聞いてあげてほしいと

そう思うのです

 

 

 

私にはその気持ちが痛いほどわかるから

 

 

 

今のこの活動は

それが原動力だし

それこそが

私が活動を続けている理由

 

 

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです♫

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ にほんブログ村

 

 

自傷・リストカット ブログランキングへ

 

 

 

 

AD

​​​​​​一昨日の金曜日

先日収録した

J-WAVEのジョンカビラさんの番組

の放送がありました♫

 

 

ご担当の方が優しくご丁寧な方で

そしてカビラさんもまた本当に温かい優しい方で

収録はとってもhappyな時間でした♫

 

 

その放送が13日にあったのですが

ありがたいことに

ほんの数分だったのにもかかわらず

反響があったそうで

HPのJ-WAVEnewsにも

取り上げていただいてました!!

 


 

しかも、記事ランキングで

な・な・なんと!

一位に!!!

 

 

この機会をいただいたことはもちろん

番組担当の方にもカビラさんにも

本当に感謝でなりません。。。

 

 

J-WAVEのHPはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 


 

AD

キャバクラとは違う

久しぶりのハイクラスな接客に

最初は私も緊張していたが

指名が取れ始めると

ママの対応もどんどん良くなり

少しずつ少しずつ

私はお店に慣れていった

 

 

そして気づけば週3の予定が

週5で入るレギュラーに

 

 

同い年の女の子とひとり仲良くなって

集団の苦手な私も孤立することなく

常連のお客さんも私を気に入ってくれる人が増えて

私は改めてお店を移ってよかったと

そう感じていた

 

 

そして私が入って間も無く
22歳の若いギャル風の女の子が入店してきた

 

紀子(のりこ)というこの彼女は

お店には似つかわしくないギャル風の子で
事実浮いていたけど
私は彼女が気になって仕方なかった


 

腕には無数の根性焼きの痕

 

口調もギャルだし明るいし

頭の回転も早いから

話は実に面白い

 

 

だけどハイクラスなお客様には賛否両論で

面白がって気にいる人もいれば

あまり相手にしないお客様もいた

 

実際お店の姉さん達も最初は引いていたし

あからさまに無視する人もいたくらいだった

 

 

だけど私には紀子が純粋で繊細な子に思えて

勝手に妹のように感じていたのだ

 

 

ある日アフターが一緒になった日

私は紀子に

 

「死にたくなる時ない?

ツライ時死んじゃおうかな〜とか

思わない?」

 

と聞いたことがあった

 

 

「なんでわかるんすか〜〜!!」

 

 

紀子はびっくりした顔で言っていたが

全然すごいことなんてなくて

ただ私は紀子に

自分と同じ匂いを感じていただけだった

 

 

数ヶ月後もっと仲良くなってから

あとで紀子に聞いた話だが

 

「あの時友達に

”新しいお店に紀子のこと

なんでも見えてる人がいて

怖いんだよね〜〜!”って相談してたんすよ!」

 

と言われたくらい

紀子にはびっくりしたことだったらしい

 

 

「ただ、私と同じ匂いするだけだよ。

似てるな〜って、そう思っただけよ」

 

 

そういう私の顔を不思議そうに見ていた紀子は

本当に可愛い妹のようだった

 

 

 

 

お店では色々なお客様が

私を指名で呼んでくれたけれど

お店でVIP待遇を受けていたFさんは

月に1〜2回ふらっと閉店間際に来て

必ずみんなで姉妹店にアフターになる

 

 

そしてW組長は

週に少なくて3日

多いと4〜5日来るほどの超常連さん

 

2〜3人を指名で呼んでくれるのだが

私は組長に気に入られたのか

毎回呼んでもらっていた

 

ひとりで来ることもあれば

2〜3人の舎弟分を連れて来ることが多く

時には若い衆7〜8人を連れて来ることもあった

 

 

当時50歳くらいで

身体が大きく、黒のスーツを着て

どこから見てもそっち系の

親分そのものの貫禄ある人だったが

時々見せるお茶目な面が可愛く思えてしまう

そんなチャーミングな人だった

 

 

組長はこのお店で

最近まで付き合っていた女の子がいたらしく

別れて間もないこともあり

新しく彼女を探しているようだった

 


組長は最終的に3人の女の子を気に入ったようで

気づけば毎回3人が呼ばれる形で落ち着いた

 

 

私と紀子と、もうひとりは

過去に別のお店でママも経験したことがある

生粋の夜の女性で私より2〜3つ年上の

姉さん!って感じの女性

 

この3人を

組長はお気に入りとして毎回呼んだ

 

 

おもしろいくらいに全員キャラが違う3人

 

若くて面白いギャルの紀子

たまに毛皮なんかも着て来る夜の女王の姉さん

そして私

 

この頃は5歳児の本当の素の自分が出ることは

普段からほとんどなくて

キャラ的には落ち着いたイイ女風だった気がする

 

飲んで騒ぐことも10代から元々ない

落ち着いて笑顔で話を聴くことだけが取り柄の

そんな女だった

 

 

髪も長く

よく「女子アナっぽい!女子アナにいそう!」とか

「着物が似合いそう!演歌歌手っぽい!」とか

そんな風に言われていた笑

 

 

そのお店では特別なVIP待遇のお客様は3人いて

FさんW組長Uさんという社長さん

 

Uさんは超大物俳優の弟分で

運転手付きで2ヶ月に1回くらい飲みに来る方

 

 

振り返れば私は

お店のVIPの皆さんから可愛がってもらえていた

 

 

大田区にある老舗のクラブだというのに

アメックスのブラックカードや

ダイナースのブラックカードが

普通に出て来るお店で

チタン製のブラックカードなるものを

初めて手にして見たのはこのお店だった

 

 

 

そんなUさんは運転手さん付きの同伴で

西麻布のミシュランのお店に

 

いつもお財布が一万円札で2cmくらいになってるFさんは

プライベートでもお食事に行く仲になり

 

組長も運転手付きのプレジデントでお食事に連れてってくれたり

週4〜5日でお店で呼んでもらっていた

 

 

 

それまでの7年間

ただの普通の主婦だった私が

気づけばそんな毎日を送り始めていた

 

 

それまでどんなに甘えたくても

受け止めて欲しくても

旦那さんは無関心な人で

子供の頃から持ち続けている私の心の穴が

旦那さんとの結婚で埋まることは一度もなかった

 

 

旦那さんから外見を褒められたことなんて一度もないし

どんなにお洒落をしても

どんなにお金をかけても褒めてもらうことはなくて

むしろ「もうオバサンじゃん」と言われるだけだった

 

 

そんな7年間で自信を完全に喪失していたから

突然色々な男性に褒められるようになって

しかも皆さん地位のある方という状態に

自分でも何が起きてるのか分からない時さえあった

 

 

 

私がそんな忙しい毎日を過ごし始めて

元旦那さんとは喧嘩する時間もなくなったけれど

相変わらずただの同居人のような

そんな毎日

 

 

ある時、Uさんが

その超大物俳優さんがお気に入りという超高級お肉を

自宅に送ってくださったことがあった

 

 

子供たちも元旦那さんもおばあちゃんも

「美味しい!美味しい!」と大喜びで食べている

 

 

”私が夜のお店で働いて

そのお客さんにもらったお肉を

この人は何も思わず嬉しそうに食べるんだな〜”

 

と、籍だけを抜いた状態の旦那さんを見て

”この人は私に対して本当に愛情がなかったのだな”

と改めてそんな風に思った。

 

 

 

そして週5で出勤して働く毎日の中

入店して3ヶ月後

私はお店でナンバーワンになり

表彰された

 

 

 

それが

このお店の洗礼だなんて知らずに・・・

 

 

 

 

 

ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです♫

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ にほんブログ村

 

 

自傷・リストカット ブログランキングへ

 

 

 

 

AD