船舶手続きの専門家 海事代理士 松本誠オフィシャルブログ

シーサイド海事法務事務所 代表海事代理士 松本 誠が奮闘する日々を紹介していきます。

ご訪問ありがとうございます(-^□^-)


神奈川県横浜市・東京都港区にある海事代理士事務所です。


船舶免許 更新/失効の手続き(海技士・ボート免許)や船舶の登記や登録、検査申請、船員に関する労務、海上運送法・内航海運業法・遊漁船等の許認可業務など幅広い業務に対応しております。


当事務所は、迅速かつ正確な手続きをモットーに業務をしております。


相談無料!全国対応!


ご興味のある方は、こちらもご覧下さーい☆-( ^-゚)v


【シーサイド海事法務事務所 オフィシャルサイト】
海事代理士 シーサイド海事法務事務所


【ボート免許更新失効専門サイト】

http://boat.seaside-office.com/

【海技士(大型船舶免許)更新・試験専門サイト】

http://kaigisi.seaside-office.com/
【旅客船業許可サポートオフィス】

http://www.ryokyakusen-kyoka.com/

【内航海運業登録サポートオフィス】

http://naikou.seaside-office.net/

【海難報告手続きサポートオフィス】

http://kainan.seaside-office.net/

【船員法指定医検索サイト】

http://siteii.seaside-office.net/

【海事代理士開業・書式セット販売】

http://kaigyo.kaijidairisi.com/


よろしくお願いいたしますm(_ _ )m


~*~*~*~*~*~~*~*~*~*~*~~*~


━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

シーサイド海事法務事務所からのお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これから、ボートに乗るには良い季節となりますボート


操縦免許の更新は1年前から出来ますので、免許をお持ちの方は


早めに更新手続きをお勧めしまーす(^O^)/


☆ボート免許更新専門サイト☆


更新9,000円~失効14,000円~ 


【船舶免許(ボート) 更新失効】


テーマ:

海運業や旅客船業等の船に関わる企業の皆様を

「縁の下からサポート」させて頂いている海事代理士事務所です。


船舶手続きの専門家  海事代理士 松本誠オフィシャルブログへようこそ


ブログにお越しいただきありがとうございます!!

海事代理士ランキングに参加中です。
皆様の応援よろしくお願いいたします!


↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 士業ブログ 海事代理士へ

 


我々海事代理士は、海事代理士法に基づき他人の依頼によって、船舶登記や登録、検査、船員に関する労務、その他海事許認可手続きなど、海事に関する行政機関への申請・届出その他の手続き及びこれらの手続きに関し、書類の作成を代理・代行することを業とする者となっております。

ようするに船舶手続きの代理人です。

とは言っても、具体的に何をやっているのか? 何が出来るのか? とお思いでしょう。

それでは海事代理士ができることとは


①「船舶の権利関係の手続を行うことができる」


例えば、
小型船舶(20トン未満の船舶)を購入し、所有者を変更しなければならない場合には「移転登録」という手続をしなければなりません。所有者が変わった場合には、必ず行わなければならない手続です。
変更登録をしなければ所有権について第三者に対抗することができませんので、注意が必要です。

また、大型船舶(20トン以上の船舶)の場合には、船籍港を管轄する法務局に「所有権移転登記」を行わなければなりません。

所有者の氏名や住所、抵当権等を設定する際にも変更登録や登記名義人表示変更登記、抵当権設定登記等が必要になってきます。

このような手続を専門で行っているのが、海事代理士というわけです。


②「船員労務についての手続きを行うことができる」

陸には労働基準法という労働基準(労働 条件に関する最低基準)を定める法律がありますが、
 
海には船員法という船長の職務権限、船内規律、船員の労働条件を定めた法律があります。

なぜ陸と違う法律なのかというと、船での業務は陸上の労働条件と全く違うので、別に法律を作る必要がありました。海上で働く労働者の特殊性に基づいて制定されたということですね。

その船員法の手続きに関して、手続きを専門で行えるのは海事代理士なんです。
 
どういった手続きがあるのかというと、
 
■船員の雇入・雇止手続き
■雇入契約書の作成
■船員手帳の交付、再交付、訂正、書換申請
■船員就業規則の作成、提出
■海上労働証書の定期、中間検査申請、交付申請
■危険物等取扱責任者認定手続き
■旅客船教育訓練修了者認定手続き
■救命艇手適任証書認定手続き

等、陸上には無い様々な手続きが存在します。
 
1番馴染みがあるのが、「就業規則」でしょうか。
 
もちろん、海事代理士ができるのは船員専用の就業規則ですが、
こちらは船舶の特殊性や船員法を充分に理解していないと簡単には作成できません。
 
最初から船員就業規則を作るというのは、かなりの時間と労力がかかります。
 
当事務所では、多くの企業がトラブルの起こりやすい原因を事前にチェックし、変更し、トラブルになる前に、多くの問題を解決するご提案をしています。
 
③「海事許認可についての手続きを行うことができる」

船舶を使って業務を行う場合には、許可や登録・届出等が必要になってきます。(旅客船や内航海運業等)
また、船員さんを派遣する場合(船員派遣業)や、船舶を作る場合(造船業)、港湾運送に関する業務を行う場合(港湾運送事業)、船舶から出た廃油等を処理する事業(廃油処理事業)なども必要です。

このような業務を行う場合には、運輸局等の役所へ対して申請を行い、許可等を取得する必要があります。

それを我々海事代理士が申請人であるお客様の申請代理人となって、書類作成および申請手続きを行います。

もちろん、お客様本人が申請手続きを行っても問題はありませんが、申請書類の作成や役所との折衝等かなり手間のかかる内容のものが殆どです。

これを、通常の業務を行いながら、許可等の申請手続きをするのは、結構しんどいのが実情です。

すべての役所がとは言いませんが、聞いたことしか教えてくれない場合も結構多く、何回も窓口に言って対応することもあります。

海事許認可のプロである海事代理士が対応すれば、どういった手続きが必要でこういう書類が必要だということがあらかじめ想定できますし、役所に対してもどの部分を確認すれば良いのか分かっていますので、手続きがスムーズに終わります。

早く業務を行いたい、めんどくさい手続きを早く終わりにしたい等ございましたら、我々海事代理士にご相談して頂くのが解決の早道だと思います。

もし、船舶に関する許認可のことでお困りごとがございましたら、その際は海事許認可の専門家である海事代理士までご相談ください。

よろしくお願いいたします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。