雨。

テーマ:


昔から雨が降っているプールで泳ぐのが好きだった。

水の中にもぐれば、暗い空も水色にだってなった。

水の中はいつだって晴れていた。

そのギャップがおかしくて、僕はわざと雨の予報が出るたび、プールへ行った。

水位が増して、プールサイドはびちゃびちゃ。だけど、それももぐれば関係ない。

いつものようにプールサイドへ。少しだけ塩素の匂い。

雨の向こうに人影。

ねぇ。きみはだれ?

「わたし?」

彼女はやわらかい声で言った。

「あなたはだれ?」

なぜ、雨の中で泳いでいるの?

「水になりたくて」

水浸しのプールサイドに足だけ浸けながら彼女は言った。

「でもダメ。きょうは水が冷たすぎる。わたしを受け容れてくれないみたい」

彼女の頬を使う雫は雨だったのだろうか。

「これから入るの?気をつけてね、心臓、止まっちゃうかも」

少し笑った。

「なんて。嘘だけど」

そんな『出会い』だった。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






就職活動中です。

エントリーシートカキ途中です。

うーん。正直「大学時代最も力をいれたことはなんですか」という質問は飽きました。

そして、ブックマーク企業の中のいずれかに来年勤めているのか~と思ってもピンときません。

どうしたもんか。モチベーションは大事です。


そうそう、今月の23日から実家にいったん帰省します。そいでもって25日は点ちゃんちにおとまりです。わくわく。



続きは、気が向いたら書くか・・・な?

AD