みんなの党の山内康一衆院議員(比例北関東ブロック)の元政策秘書神武幸容疑者(48)が、支援者から3000万円をだまし取ったとされる事件で、東京地検は10日、詐欺罪で神容疑者を起訴した。
 起訴状などによると、神容疑者は2008年4月、東京都目黒区の運送会社社長に対し、「銀行が資金不足に陥っていて、3カ月程度のつなぎ資金をひそかに募集している。1口3000万円、利息は40パーセントだ」と偽り、3000万円をだまし取ったとされる。
 地検によると、だまし取った金は遊興費などに使ったという。
 神容疑者は山内議員が初当選した後の05年11月に採用され、政治資金の管理などを担当。08年9月に辞職した。 

【関連ニュース】
融資担保名目でカード詐取=家電購入で8000万超被害か
桑名市課長、詐欺で逮捕=架空投資話で4000万円
民主小林議員に聴取要請=北教組資金提供
佐川急便元社員を逮捕=架空発注で代金詐取容疑-1億6000万被害か・警視庁
融資金名目で1億超詐取=東電への売掛債権を偽装

鳩邦、平沼氏と連携も 午後には与謝野氏と協議(産経新聞)
<インフルワクチン>来季は季節性と新型の3種混合に(毎日新聞)
<新型インフル>流行水準下回る 患者報告数「1」以下に(毎日新聞)
<民主>子どもの貧困解決へ 有志が議員の会(毎日新聞)
異音確認のすきに乗り逃げ また高級車盗 大阪・浪速の路上(産経新聞)
AD