三重県御浜町沖で座礁し解体作業中に高波を受け、船体後部を残し水没したフェリー「ありあけ」(7910トン)について、解体業者の深田サルベージ建設(大阪市)が11日、同県紀宝町の紀南漁協で記者会見し「予定の4月中に撤去が完了するか、現時点では分からない」と話した。

 同日から始めた潜水調査などの結果を基に、来週末までに新しい作業工程を示す方針。

 水没に伴い船体内に残っていた積み荷の一部が流出したことについて、同社の佐野時生営業本部長代理は「袋などが和歌山県南部に漂着しているようだが、重油の流出はない。崩れた船体や積み荷の量、散乱したエリアは調査中」と述べた。

【関連ニュース】
座礁:フェリー、荒波で崩落 三重・熊野灘
熊野灘のフェリー座礁:解体中、崩落し海中に水没 作業ずれ込む可能性 /三重
熊野灘のフェリー座礁:「ありあけ」撤去、荒天で10日前後からに /三重
熊野灘のフェリー座礁:船体のつり上げ「来月6日ごろ」 /三重
【三重】座礁フェリーのその後

地方公務員も「老後に不安」 年金、生活資金…8割超(産経新聞)
民主、政調設置目指す会の世話人会が発足(産経新聞)
高校無償化法案が衆院可決へ 川端文科相が朝鮮学校の適用除外を示唆(産経新聞)
学費滞納で卒業証書回収、支払い計画出させる(読売新聞)
<国内空港>甘い需要予測…9割で利用実績が下回る(毎日新聞)
AD