北方領土の国後島沖で北海道の漁船2隻がロシア国境警備隊から銃撃を受けた問題で、2隻が位置情報を送信する漁船位置管理システム(VMS)の電源を故意に切っていた疑いが強まり、第1管区海上保安本部(小樽市)は10日にも、道海面漁業調整規則違反容疑で2隻の船長2人を逮捕する方針を固めた。日ロ間で定めた安全操業海域を外れて操業していた疑いもあるとみて調べる。
 2隻は羅臼漁協所属の漁船「第58孝丸」(19トン)と「第63清美丸」(19トン)。1管は同日、船長の自宅などを家宅捜索した。
 1管によると、2隻は同規則に基づき、出港から入港までの間、VMSを常時作動させることを義務付けられている。しかし、1月29日の銃撃前、2隻のVMSの記録には約4時間半にわたる空白があり、行動が確認できないという。 

自衛隊PKO、ハイチ入り=地震被害の復興支援へ(時事通信)
栃木県庁でガソリン持った男逮捕(産経新聞)
日米でプリウスをリコール=今週前半にも、30万台-トヨタ(時事通信)
民主参院国対委員長「これ以上何を調べるのか」(産経新聞)
<自殺?>広島ガス子会社の元社長、架空循環取引発覚で辞任(毎日新聞)
AD