アロハ~


前回、赤サンゴさんやサメさんについて


     密漁はやめて!! 」
   「 ルールを守って!! 

 
とちょっとプンプンムードでした。



今日は、サメさんのことが大嫌い! というあなたに是非読んでほしくて書きました。
ちょっと長くなりますが最後まで読んで下さいね!


次の数字を比較してみてください。

人間さんがサメさんに殺されるのは1年間に5人未満 
 

サメさんが人間さんに殺されるのは1年間に1億!
 

サメさんの方から人間さんの住む地上にやってくることは決してありません!
でも、人間さんは危険を承知でサメさんのすむ海に入っていきます。

安全な海水浴場で泳げばサメさんに襲(おそ)われることはないはずです。
しかも、コワ~イサメさんは全体の10%ぐらいです。

Q さて、ここで考えてほしいことがあります

サメさんの主食は 海にいる生き物 です。
わざわざ人間さんを選んで食べたい、と思うでしょうか?

自然界では、陸でも海でも自分より弱いものを襲(おそ)いますね。
特に子供や卵はねらわれやすいですね。

弱肉強食(じゃくにくきょうしょく)って知っていますか?
弱いものが強いもののえじきになってしまう、ということですね。
これは大自然の摂理(せつり)、つまり自然がもっている逆らえない法則なわけです。

みなさんが山へ山菜やキノコを採りに行ったとき、
初めて見たものを採るのって怖くないですか?
知識のある人に確認したり、図鑑などで調べてからでないと採りたくないですよね?

その辺に生えている雑草でもハーブとわかっていたら簡単ですが
その他のものは調べてからでないと食べる気になりませんよね?


人間さんはお野菜でもお魚でも、あえて新鮮なものを選んで食べますが
自然界のお魚さんは、生きている=新鮮 ということなので、弱っていても口にします。
さすが、ワイルドですね!

ですからサメさんが人間さんを襲(おそ)う時は、
たいていお魚さんと見間違えてしまう、と考えられています。
人間さんの泳ぐスピードはとても遅いので
きっと弱った魚に見えてしまうのかもしれませんね。


 
年間1億ものサメさんの命を奪(うば)っている、というこの事実!

現在サメさんの種類は400以上もあり、
そのうちの200商業的に乱用されているため

絶滅寸前(ぜつめつすんぜん)です。

サメさんは海洋環境の中で捕食者としてトップの位置にいます。

 
この映像のアニメーションでは

サメの破壊(はかい) = 海の破壊(はかい)  と言っています。
 
                  アニメの提供は sharksavers.org です。

サメさんは海の生態系バランスを保つために
とても重要な役割をになっています。

ですからサメさんがいなくなると、
海のエコシステムがくずれ、
陸にいる植物や動物にも悪い影響をおよぼします。


サメさんが減ったら地球上のみんながとっても困るんです。
だからサメさんのことが嫌いな方は
殺されてもいい、なんて思わないでくださいね。

ポイント2人差し指 サメさんも赤サンゴさんも成長するまで25年はかかるんです!


さいごに、

 
 
76%の全世界のお魚さんたちが乱獲(らんかく)されたり
海のゴミなどによって、ものすごい勢いで減っています。

 
 
 そして毎年、必要以上海洋動物が釣(つ)られ、
海に放り出される数は660万トンにも及びます。

みなさんもこの事実を頭の片隅に入れておいてくださると嬉しいです。


シャークについて
コチラの記事をまだ読んでない方は是非ごらんくださいね。⇒シャークタンクの意義
                           ⇒古代のハワイアンとサメの伝説

上のサメのアニメ sharksavers.org は、パークのシャークタンクでごらんになれます。
パークにおでかけの際はこちらもぜひ見てくださいね。

  こちらの応援もよろしくね! → 環境問題・保護










 


AD

 アロハ~

最近のニュースで、連日 赤サンゴさん について報道されていますね。

みなさんもご存じだとは思いますが
小笠原の海はハワイに負けないくらいきれい~
でケカの仲間も沢山います。

小笠原諸島(父島)へは東京の竹芝からフェリーで25時間30分もかかるのですが、
未(いま)だに飛行機では行けません。

これは滑走路(かっそうろ)の建設で
大切なサンゴ礁を壊さないためなのだそうです。
それなのに密漁でどんどんサンゴが根こそぎ採られていっている実態! 

島の人たちがサンゴを大事に大事に守ってきたのに
ひどいことをする人たちが後を絶たないのは
本当に悲しいことです 

この密漁(みつりょう) っていうことばがよく出てきますがどういう意味かわかりますか?
そう、とってはいけない魚や貝をこっそりとること です。

実はこの密漁、 赤サンゴさんに限ったことではないのです

こちらをご覧ください。 何かわかりますか? 

 
そう、サメさんのヒレです。


この数字を見てください!
 
世界中の海で 1時間に1万以上ヒレが 切られ
残りの胴体は海に放り返されています。

 
 
つまり、1年間1億以上サメさんたち殺されている

という事実です。

どうしてこんなことがおこるのでしょうか???

そう、これも密漁(みつりょう)なんです。

通常の漁は、サメさんのヒレだけではなく胴体も持って帰らなければならないのに
密漁はヒレだけをとって船に積むのです。

そうすればたくさん持って帰れますよね?

ルールでは1つの船に対して何頭まで、と決められているのに
それを守らない人がいる、ということなんです。 



 そして・・・

その行方(ゆくえ)は

とても高価なフカヒレスープとして人間さんの口に入ります。
 

いくら高く売れるからって捕りすぎはあんまりです!!!
 
密漁をする人たちは自分たちの利益のことしか考えていません!!

断っておきますが、
フカヒレスープに関わる人を決して非難(ひなん)しているのではありません。
これで生計を立てている方もいらっしゃいます。
文化として昔からサメさんやイルカさん、クジラさんを食べる地域もあります。

人間さんが牛肉や豚肉を、
私たち海洋動物もお魚さんを食べるのと同じように、
誰かの命をいただかないと生きてはいけません。

でも、 密漁はやめて!! 」
   「 ルールを守って!! 

 
と声を大にして言いたいだけなのです!
 ケカだって怒るときは怒るのよ!



  こちらの応援もよろしくね! → 環境問題・保護



AD

ウロコの秘密

テーマ:
 アロハ~

回、ウロコをじっくり見るとすご~~~~いことがわかっちゃうんです!
と言いましたね。 何かわかりましたか?


 なんと!ウロコを見ると、お魚さんの 年齢 がわかってしまうんです!
本当ですよ!


みなさんは、木の年輪を見たことがありますか?切り株 年輪 ⇐ これこれ
この輪の数をかぞえると、木が何歳かがわかりますよね?

お魚さんのウロコも、虫めがねでよ~く見ると、年輪 こういう輪が見えますよ。

  え~~~そうなんだ!まさか、ウロコで年齢がわかるなんて思ってもみなかったわ。
       目からウロコ! 
 なんちゃって! ・・・

         実は私たちハクジラの歯でも年齢がわかるのよ
         歯の断面がお魚さんのウロコと同じようにがあるの。
        それを数えると何歳かがわかるのよ


 目からウロコが落ちる (出典「新約聖書」)
ウロコで目がふさがれた状態のように、良く見えなかったものが、急にそのウロコが落ちて
はっきり見えるようになった
 あることをきっかけに、今までわからなかったことが急に理解できるようになった ということよ。
 

         こちらもクリックよろしくね! ⇒ 環境問題・保護
AD