シーフォース オフィシャルブログ

シーフォース株式会社(御徒町)の公式ブログです


テーマ:

こんにちは。

 

インフルエンザが流行っているみたいですねウイルス

最近喉が痛くて咳がひどいのですが、まさか…?

でも熱は無いのできっと違うはず!

 

忙しい時期ですが、皆様も体調には気を付けて下さいねうさぎ

 

――――――――――――――――――

 

先日、冬季休業のお知らせを更新いたしましたが

各加工をいつご依頼いただければ2017年内にご納品出来るか

という目安が出ましたのでお知らせいたします。

 

 

鋳造

 

W-1(ワックス預かり→鋳造)

  →12/21(木)弊社に到着

 

G-1(ゴム型預かり→鋳造)

  →12/20(水)弊社に到着

 

S-2(地金原型預かり→ゴム型作成→鋳造)

  →12/18(月)弊社に到着

 

 

危険すべて、鋳造地金がSV925と真鍮の場合です。

プラチナや金などになるとこれより2~10営業日ほど追加日数がかかります。

 

危険鋳造以外に磨きやレーザー、石留などの加工がある場合はその分加工期間が延びます。

 

 

メッキ

 

・大きい物(10cm以上)

・鉄、ステンレス、合金など

・メッキ前に磨きなどの別加工が必要な物

  →12/25(月)弊社に到着

 

・小さい物(10cm未満)

・シルバー、真鍮、金など

・磨き済みで、すぐにメッキ加工に取り掛かれる物

  →12/27(水)弊社に到着

 

 

危険別加工が必要かどうかは、現物を見てから職人が判断します。

「すぐ出来ると思っていたら時間がかかる物だった」という事が意外にあるので、余裕を持ってお送り下さい。

 

 

 

★お振込み希望の方

12/28(木)15:00までにお振込みいただけなかった場合、

  (1)年明けに入金確認→発送

  (2)代金引換に変更して12/28弊社から発送

のどちらかになります。

お急ぎの方は代引をお勧めいたします。

 

――――――――――――――――――

 

現在、クリスマスに向けてご依頼が立て込んでおります。

どうしても希望納期に間に合わない場合は、ご依頼品を返却させていただく事もございます汗

 

どうかお早めのご依頼をお願いしますうさぎ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

こんにちは。

すっかり寒くなってきましたねmomiji*

 

クリスマス商戦に向けて忙しい方も多いのではないでしょうか?

 

この時期にお店に並ぶ煌びやかなアクセサリーを目にすると、

綺麗キラキラと思うのと同時に

「職人さん、お疲れ様です…!」という気持ちになります。

 

――――――――――――――――――

 

最終受付の予定はまだ立っていないのですが、

弊社の年末年始休業をお知らせさせていただきます。

 

2017/12/29(金)

       ~2018/1/4(木)

 

の間、お休みをいただきます。

 

 

12/28(木)は加工部は開いておりますが、機械メンテナンス等がある為、メッキ加工の即日仕上げは出来ません。

前日までに仕上がり済みの製品の受け渡しは行っております。

 

 

2018年は1/5(金)から営業しますが、営業時間を

  10:00~17:00

とさせていただきます。

1/9(火)から、通常通り10:00~19:00の営業となります。

 

 

 

年末年始は大変混み合うため、納品期限がある方は余裕を持ってご依頼下さいうさぎ

早くご依頼いただいた分から順番に加工を行います。

 

 

 

打倒クリスマス!サンタ鉄拳制裁

…じゃないか(笑)

ハッピークリスマスになるように頑張りましょう星

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

 

先週の台風大丈夫でしたか?

今週の休日もまた台風が来るという予報ですが…なぜ休日ばかり天気が悪くなるんでしょうね( ̄へ ̄;)

 

 

 

10/26(木)と27(金)は、東京都立産業貿易センターで

台東区産業フェア

http://www.taito-sangyo-fair.jp/

 

が開催されています!

 

シーフォース加工部から出展していますので、お時間ある方はぜひいらして下さいうさぎ

 

いつもの「展示会!」というような堅苦しさも無く、ライトな感じで展示しています♪

 

↑左端にチラリと映り込む弊社社員(職人)

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

続きです。

 

 

【1】地金のめり込みを考慮する

 

レーザーと違って、打刻は周りの地金も巻き込みながら凹みます。

イラレ等で作ったデザインと、地金に打った時の見え方は違ってきます。

 

グレーの部分が巻き込まれた地金です。

当初のデザインよりだいぶ太く見えてしまいますね。

 

 

デザインを細くしましょう。

「ちょっと細いかなぁ…?」くらいがちょうどいいです。

 

 

また、角ばったデザインを作成しても、めり込みによって周囲はカドが取れたように見えます。

 

ちなみに、【3】でご説明しますがこのデザインはカド以外にも問題があり

真ん中の白い部分=打った後地金が凸になる部分が綺麗に出ません。

 

 

 

 

【2】ベタ塗りの部分を極力無くす

 

線だけのハートと、塗りつぶしてあるハートです。

地金を断面図でイメージします。

 

線だけだと

凹む部分が少ない=力が少なくて済む=打ちやすい

のですが、ベタ塗りだと

凹む部分が多い=力が必要=打ちづらく、製品を変形させてしまうおそれ有りです。

 

同じ原理で、線だけで出来ていても下のように

こういうデザインも打ちづらいです。

ちょっと力のかけ方に偏りがあると

 

満遍なく力が行き渡らず、深い部分・浅い部分が出てきてしまいます。

(でも上のハートより、この星のほうがまだマシかと思います)

 

 

 

 

【3】文字・線の間隔を適度にとる

 

線が何本もあるロゴに多いのですが

線と線の間隔が狭いと、その部分が潰れてしまい凹凸が曖昧になってしまうことがあります。

どういうことなのかと言うと…

左は文字の間隔が狭すぎて、残された地金がかなり細くなってしまいます。

右のように、ある程度間隔をとりましょう。

 

「残された部分が細くなってもいいよ!」

と思われるかもしれませんが、

文字の周囲は巻き込まれて一緒に凹んでしまう訳ですから

こんな感じにわずかな凸しか残らず、上から見たら

「文字の境目が無い…」

となってしまう可能性が大です。

 

 

 

 

【4】長すぎないように

 

これは直の場合に多いのですが

文字の天地は0.7mmほどでも、横幅が15.0mmとかあると、満遍なく力が行き渡りづらいです。

だいたい、始まりか終わりのほうがかすれてしまいます。

 

これを綺麗に打刻するのは大変です。

 

     と

というように、2本に分けて作成しましょう。

打つ時に2つを揃えて打つのはちょっと大変ですが、打ちやすさは断然後者のほうが良いですよ。

 

 

 

 

【5】白文(はくぶん)の場合

 

周りが凹んで、文字が凸になるようにな作り方です。

お察しかと思いますが打ちづらいです。

それでも白文がいい!ということでしたら、画像右のように文字を太くして下さい。

左だと、文字が細い=凸が細い

逆に言うと凹みが多い=【2】のベタ塗りと同じ原理で、結構な力が必要になります。

 

右のように文字を太くしていただけると

文字が太い=凸が太い

逆に言うと凹みが少ない

となり、少ない力で地金に打つことが出来ます。

 

少ない力と言っても、左よりは右のほうがマシという程度で

普通の文字が凹みになる刻印に比べ

白文タイプの刻印はだいぶ扱いづらいです。

 

――――――――――――――――――

 

長くなりましたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました(´∀`)

ご参考になれば幸いですうさぎ

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

オリジナルのロゴで刻印を作って、作品にバンバン打ちたい!

という方にぴったりな特注刻印。

 

弊社の場合、機械彫りでなく

職人が手彫りで一本一本作るため割高ではありますが
その分クオリティには定評をいただいております。

ありがとうございます音符

 

ただ、お客様のデザインを忠実に再現しているため

デザインによっては、ご納品後に

「打ちづらい」

「かすれる」

「イメージと違う」

等、様々な問題が起こってしまいます。

 

今回は2回に分けて、

特注刻印をご依頼いただく際の注意点を載せていこうと思います o(・∀・)o

 

――――――――――――――――――

 

まずは形のご説明からいきましょう。

 

 

 

「直(ちょく)」

ペンダントの裏やバングル、プレート等、カーブしていない(またはカーブがゆるい)製品に使用します。

作成可能なサイズは幅広く、0.3mm~30.0mmまでにご対応しています。

 

これは直に限りませんが

あまり小さくし過ぎると何が打ってあるか読めませんし

大きくし過ぎるとかなり強い力で打たないといけません。

 

薄いプレートにそんな力で打つと、割れるか曲がるかしてしまいます(×_×;)

見やすく打ちやすい、最適なサイズにしましょう!

 

 

 

「曲がり」

甲丸リング等、3~4mmくらいまでのリングに使用します。

 

文字がある面はリングの内径に合うよう、少しカーブさせてあります。

直と違い、刻印の型が限られていて

 

横5.0mm × 縦2.0mm

が最大です。

 

 

 

「大曲がり(おおまがり)」

「深曲がり(ふかまがり)」

リング幅が太くて、普通曲がりだと希望の位置に打てない!

という時にはこちら。

スカルリングのようにごつい製品だとこっちのほうになると思います。

 

曲がり部分が大きい他は、普通曲がりと同じ作りをしています。

文字面もカーブしています。

ちょっと普通曲がりよりコツが要りますが、慣れればバンバンいけると思います手。

 

――――――――――――――――――

 

次はデザインのお話です!

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。