2010-02-21 16:49:50

【書評】iphoneとツイッターでで会社は儲かる

テーマ:ブログ
今回紹介するのはコチラ!

 
山本 敏行
毎日コミュニケーションズ
発売日:2010-02-23


iphoneとツイッターで会社は儲かる!

えぇマジデ!!!ってことで、

EC studioより献本御礼!

皆さんご存知のIT経営を中小企業に導入することを生業とした会社の社長、山本氏がついに

本を書かれたということで本書を拝見させていた来ました。

山本社長のブログはちょくちょく拝見しているんです。

Googleや新しいIT の情報をくまなく紹介してくれます。

さて本書ですが、いやはや圧巻の内容が沢山紹介されております。

多々あるのですが、

やはり核となっているのは

iphone×twitter のコンボ。

この二つを使って会社を儲からすにはどうしたらよいかという話なのですが、

紐解いていくと、このITツールを使いこなすことで、

まずは社内のコミュニケーションを良くしようということなのです。

通常は違う部署の人や、社内とはいえ関係のない部署の人とは中々話す機会がない、

というのが通常かと思います。

しかし、このtwitterを全社員で導入して、皆がつぶやきだすと、

週末何していたのかや、残業が多くて大変そうだとか、

経営陣ですら社員の本音や考えていることに目を通せるのだそうです。

さらに週末につぶやかれている社員の一言は人間味がでていて、

その人を知る本当に良いツールのようです。

例えば映画をみにいっていたり、

レースを見に行ってたり、そういったことをつぶやいておき、

週明けの月曜に話をするきっかけになる。

コレを繰り返して、社内での円滑なコミュニケーションを促そうと、

そういうツールに一役買っているということです。

勿論、コミュニケーションという意味で拡張していき、

社内での連絡事項をツイッターで共有という事も可能です。

通常社外に出ている営業担当者や、社長が取引先や帰り道などでつぶやくことで、

普段社外の意見を直接聞けない社内エンジニアなどが社長の呟きを確認できるのです。

その成果、社長が社内に戻り話をすることには既に社員が情報を知っているので、

話が早い、とこういうわけです。

情報の速さはメールよりも140文字以内のつぶやきの方が早いのかもしれません。

シンプルに伝えようとする制約もあるため無駄が省けてよさそうです。

一方、つぶやきに関してもルールがあるというのが特徴でしょうか。

社内機密に関すること以外は、何でもつぶやいてよいということです。

残業が多い!など毎日つぶやくな!とか、そういう社内の圧迫や注意などが入ると、

自由につぶやくことができなくなり、結局は社内の情報ツールにだけでとどまってしまうのです。

そういった呟きから大変そうだ、とか助けて欲しいんだ?!とかを察してさらによりよく指定こうという姿勢があると、

より良い使い書いたになるのではないでしょうか。

1300人くらいフォローされているものの、ツカイカタが未だに良くわかっていない私にとっては、

大変良い指南書になりました。

積極的につぶやくことで・・・・


大志は現実化する!








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

大志さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。