製造業の売上増加と新規拡大コンサルタント 照井清一のブログ

モノづくり企業の売上増加と新規開拓に役立つマーケティング、モノづくり、イノベーションについてのブログ


テーマ:
こんにちは!

7月22日にリリースされた任天堂のスマホゲーム「ポケモンGO」

私も早速やってみました。

「おもしろい!」

見つけたポケモンをモンスターボールを投げて捕まえるだけですが、

この捕まえるのが楽しい。

でも田舎なので家の周りにはほとんどいない。

そこで駅のような人通りの多いところに出かけたりしました。

驚いたのはある企業に行ったとき、

昼休みにパートの女性がスマホを持って工場内をうろうろしていました。

ポケモンを探して。

これ、7月25日のことです。


この捕まえるという行為が人間の狩猟本能を刺激して、

今までとは全く違ったゲーム体験といえるかもしれません。

これは世界を変えるかもしれない、

そう感じました。

ところが、経済評論家の記事を読むと、

「従来のWiiやDSのような売上にはならないから経営への影響は限定的」

という内容でした。

世界を変えるかもしれないゲームなのに。

きっとこの経済評論家の人は「ポケモンGO」はやっていないと思います。

つまり、株価や目先の売上を見ていて、ゲームは見ていないのでしょう。

これがどのような失敗を招くのか、

経営コラムでは、前コカコーラ社の社長ドナルド・R・キーオ氏の本

「ビジネスで失敗する10の法則」より考察しました。




◆ビジネスで失敗する10の法則を社員と経営者に当てはめる その2◆


ビジネスで失敗する10の法則 著者はドナルド・R・キーオ氏。

彼は1981年から1993年まで米国コカコーラ社の社長だった人で、

実は勤務していた食品会社がコカコーラ社に合併され、

その中から社長に抜擢された人物です。


彼の書いた失敗の法則は、経営者だけでなく社員の立場でも参考になる内容です。


そこで同書の内容から、

経営者として考える点と、

社員の立場で考える点と比較しました。

詳細は、以下の経営コラムを参照願います。

ビジネスで失敗する10の法則を社員と経営者に当てはめる その2


法則1~5までについては、以下のサイトを参照願います。




◆8月21日(日)経営の勉強会「未来戦略ワークショップ」を開催します。◆

今年の1月から開催しています経営勉強会「未来戦略ワークショップ」

20回目は、8月21日(日)に

「ものづくりにおけるヒューマンエラーの原因と対策」

ヒューマンエラーの原因と対策について、ヒューマンエラー対策とポカヨケの違いを取り上げ、

効果的な方法を考えます。

「未来戦略ワークショップ」については、以下を参照ください。


◆メルマガ後記◆

「ポケモンGO」リリースされると、

マスコミはゲームをしながら運転して捕まった、

ゲームを見て事故を起こした、

このようなニュースを報道しています。


でも、誰も「ポケモンGO」に興じる大人を非難していません。


なぜなら最初にアメリカや海外で先行してリリースされているからです。


海外で流行しているものは、日本のマスコミは叩きません。

これが日本で最初にリリースしたら、

袋叩きになっていたかもしれません。


欧米人に弱い日本のマスコミ、これから画期的な製品は

海外で先行発売するのも良い手かもしれません。

ちなみに「ポケモンGO」は時速10km以上では、動作しません。

正確に言うと時速10km以上では、ポケモンを見つけることができません。

運転しながらポケモンを探すことはできないのです。

ニュース記事を書いている人は、そこまでちゃんと調べているのでしょうか。

それとも「牛を見ていない」のかもしれません。



ブログランキングに登録しています。

ワンクリックをいただけると、励みになります。
ワンクリックをいただけると、励みになります。

にほんブログ村  

中小企業の新規顧客開拓と「脱・下請け」を支援する
株式会社アイリンクについては、以下のURLを
参照願います。

株式会社アイリンク
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは!

私の家の近くに大きな川がありました。

歩いて30分くらいで、河川敷がとても広い川です。


35年くらい前、オフロードバイクがとても流行りました。

不安定な二輪車で滑りやすいオフロードを走るのは

高い技術が必要です。


それが面白くて、あの頃はしょっちゅう河川敷でオフロードバイクに乗っていました。


しかし道路は皆舗装されています。

CMで延々とオフロードを走るオートバイを見て、

「あんなところを走ってみたい!」

と思っていました。


日本でオフロードは、林道しかありません。

これは林業の人たちが、切った材木を運ぶための道です。

ガードレールはなく、落石だらけの山道です。

「あそこの林道は面白い」と雑誌が紹介しました。


そしてカラフルなモトクロスウェアに身を包んだライダーが

すごいスピードで走るようになりました。

これを林道ツーリングと言ってました。


調子に乗って崖から落ちたライダーも何人かいました。


困った林業の人たちは、オートバイが入らないように、

頑丈なゲートをつけるようになりました。



「走る場所」というソフトがないのに、

「オフロードバイク」というハードだけ売り出したために

こうなってしまいました。


今考えるとオフロードを走るために、何百キロも離れた山に

よく行ったものだと思います。

まあ、楽しかったのですが。



◆短期間で利益が増える3つのポイント◆


日本の製造業の強さは現場にあると言われています。

現場が自ら考えカイゼンすることで、

今までの発展を築いてきました。


カイゼンにもいろいろな方法があります。

5S

5Sを推進することで、職場がきれいになり、余分なものがなくなり、生産性が向上します。


IE(Industrial Engineering)

作業時間測定と作業分析を行い、ムダな動きをなくして作業時間を短縮します。


TQC (総合品質管理)

QC手法を駆使して、現場が自主的に品質を高め、不良を削減し製造原価を低減します。


シックスシグマ

不良品の発生確率を100万分の3.4のレベル(6σ:シックスシグマ)まで下げて経営を改善します。

アメリカのモトローラ社が導入して成功し、その後多くの欧米の企業に導入されました。


TPS トヨタ生産方式

トヨタ自動車で行われている効率的なものづくりの仕方で、大きくはジャストインタイムと自働化の2つの柱からなっています。



現実には、中小企業の現場にはなかなか導入できない手法も多いです。


IEは、量産で同じ作業が続く場合は効果がありますが、

多品種少量生産では、種類が多すぎ時間測定すらできない場合があります。


あるいはTPSについては、トヨタ自動車は徹底した平準化生産を行っています。

品種が多く、しかも受注の変動が非常に激しい中小企業では、ジャストインタイムや自働化は容易ではありません。


では、どうしたら良いのか?


実は

どうして中小企業が儲からなくなってきたのか?

その原因を考えることで、有効な方法は見えてきます。


そこで、中小企業が今すぐに取り組むことができる、効果の高い3つの方法をまとめました。

このpdfファイルは自由にダウンロードできます。


詳細は、以下の経営コラムを参照願います。

短期間で利益が増える3つのポイント




◆7月17日(日)経営の勉強会「未来戦略ワークショップ」を開催します。◆

今年の1月から開催しています経営勉強会「未来戦略ワークショップ」

19回目は、7月17日(日)に

「イノベーションの成功と失敗から本質を考える」

イノベーションの成功の原因、多くの解説書は後出しじゃんけんではないか?

過去のイノベーションの事例と解説を取り上げ、その本質を考えます。

「未来戦略ワークショップ」については、以下を参照ください。

未来戦略ワークショップ




◆経営コラム「30年先を見通す経営」◆

経営コラム「30年先を見通す経営」は、ものづくり企業の「30年先の経営」を考えるヒントとして、

企業経営、技術の進歩、イノベーションなどのテーマを毎週に更新しています。

以下に登録していただきますと、更新情報のメルマガをお送りします。

(登録いただいたメールアドレスは、メルマガ以外には使用しませんので、ご安心ください。)



ブログランキングに登録しています。

ワンクリックをいただけると、励みになります。

にほんブログ村  


中小企業の新規顧客開拓と「脱・下請け」を支援する
株式会社アイリンクについては、以下のURLを
参照願います。

株式会社アイリンク
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは

趣味がトライアスロンなのですが、最近は練習時間が取れず、大会もご無沙汰しています。

それでも、年に1回くらいはと、今年も7月3日に参加してきました。

スイム400mm、バイク12km、ラン4kmの超ミニ大会です。

まあ、去年も出ているし、多少は練習したので軽く考えていました。

ところがバイクの急坂を上りきったところで、心拍が上がり過ぎ、息が苦しくて全然走れなくなりました。

しかし脚は、全然平気でした。

どうやら十分練習できていないのに、急にフル回転させられた心臓がびっくりしたようです。


普段は年齢のことは忘れていますが、カラダは確実に歳を取っていたようです。

ペースを落として走ったため、AEDのお世話になることなく完走しましたが、

歳を取るほどしっかり準備をしなくてはと、今は反省しています。


◆弊社ニュースレターモノづくり通信第33号を発行しました。◆

モノづくり通信第33号は、

「イノベーターを席巻する模倣者とは?イノベーションとイミテーション」です。

弊社がイノベーションをたびたび取り上げる理由は、

イノベーションによりそれまでの製品が一気に変わってしまうからです。


多くの中小企業が下請け企業のため、取引先の大企業がイノベーションの波に呑まれ、

製品がなくなってしまえば大変なことになります。

例えば国内の基板実装メーカーの多くは

主要取引先の家電や携帯電話が衰退し、事業縮小や廃業となっています。

同様のことが今の取引先に起きないか常に目を配る必要があります。



お伝えしました。


しかし、イノベーションについて経営書や専門家の意見を振り返ると、

当時の成功事例が今は失敗していることに気がつきました。

これは、その時の良い企業にもっともな理由をつけただけの

後出しじゃんけんではないかという気もしてきます。

そして実際は、パイオニアとして新たな市場を切り開いた企業が、

その後現れた模倣者に市場を奪われてしまう例も多数あります。


モノづくり通信第33号は、この企業の模倣戦略について、述べました。


モノづくり通信第33号は、以下のリンクからご参照いただけます。

モノづくり通信第33号 「イノベーターを席巻する模倣者とは?イノベーションとイミテーション」




◆モノづくり通信のバックナンバーは、以下からご参照いただけます。


◆7月17日(日)経営の勉強会「未来戦略ワークショップ」を開催します。◆

今年の1月から開催しています経営勉強会「未来戦略ワークショップ」

19回目は、7月17日(日)に

「模倣者に負けるイノベーションの現実」

今回のテーマを掘り下げ、なぜ模倣者にイノベーターが負けるのか、

そして発明を守った日亜化学の例について考えます。

「未来戦略ワークショップ」については、以下を参照ください。

「未来戦略ワークショップ」




◆経営コラム「30年先を見通す経営」◆

経営コラム「30年先を見通す経営」は、ものづくり企業の「30年先の経営」を考えるヒントとして、

企業経営、技術の進歩、イノベーションなどのテーマを毎週に更新しています。

以下に登録していただきますと、更新情報のメルマガをお送りします。

(登録いただいたメールアドレスは、メルマガ以外には使用しませんので、ご安心ください。)


ブログランキングに登録しています。
ワンクリックをいただけると、励みになります。

にほんブログ村


 中小企業の新規顧客開拓と「脱・下請け」を支援する
株式会社アイリンクについては、以下のURLを
参照願います。

株式会社アイリンク
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。