製造業の売上増加と新規拡大コンサルタント 照井清一のブログ

モノづくり企業の売上増加と新規開拓に役立つマーケティング、モノづくり、イノベーションについてのブログ


テーマ:
こんにちは!


最近、すごく疑問に思っていることがあります。

スマホって必要なのだろうか?


いや、正確に言うと、

スマホで電話する必要があるのだろうか?


電話で話しているときに、スマホでスケジュールが確認できない


スマホでカーナビを使っている時、電話がかかってくる…

これはスマートウォッチが必要だ!


でも、冷静に考えて、

思いました。


電話は、電話。

スマホは、スマホでいいんじゃないかと…。



最近、安いデータ通信専用SIMもあります。


iPhoneも、iPhone6sは、設定をいじるとSIMフリーにできるようです。



過去にガラケーとスマホの2台持ちをやったことがありますが、

結構便利でした。

うーん、スマホはイノベーションだったのでしょうか。

?????

わからなくなりました。






◆ イノベーションの本質と、どうしたらイノベーションが起きるのか?◆


近年、非常にマスコミに登場する言葉として、イノベーションがあります。


イノベーションとは?

オーストリアの経済学者シュンペーターによると

イノベーションとは、

経済活動の中で生産手段や資源、労働力などを、それまでとは異なる仕方で新結合すること

です。


つまりイノベーションとは発明である必要はなく、

今あるものを今までとは異なるやり方で結びつけるだけで、

実現できるということです。



このようなイノベーションの定義によれば、

ソニーのウォークマンやアップルのiPhoneやiPodだけでなく、

百円均一ショップやスターバックスもイノベーションです。


一方ある業界でイノベーションが起こると、

今まで業界を制覇した企業が退場し、

新たな企業が業界を制することが少なくありません。

iPhoneの台頭により、ガラケーと呼ばれる従来の携帯電話は

市場が急速に縮小しました。

もし自社が取引している企業が、

イノベーションの波に飲み込まれ、短期に市場を失えば、

自社の経営への影響は少なくありません。


従って、中小企業経営においても、

イノベーションの本質を理解し、

取引先の動向を注目することが重要と考えます。


ではどうやってイノベーションが起こるのか?






ブログランキングに登録しています。

ワンクリックをいただけると、励みになります。

にほんブログ村  


中小企業の新規顧客開拓と「脱・下請け」を支援する
株式会社アイリンクについては、以下のURLを
参照願います。
株式会社アイリンク
AD
いいね!(4)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは

ニュースレターの冒頭にも書きましたが、私を含めて多くの愛知県人は、

ローカルな言葉を意外と標準語だと思っています。


例えば、両替する=お金をこわす

これ全国で通用しないことを最近知りました。(笑)


このように言語的には共通点の多い愛知県西部の尾張と東部の三河ですが、

文化的にはかなり違います。


尾張、つまり名古屋圏は、お金持ちで質素、

でも芸事は盛んな土地柄です。

普段は質素ですが、御園座でお芝居があると、

着物を着て、出かけていくイメージです。

実際に、そんな女性を地下鉄で見かけます。


対して、三河はもっと質素で倹約家のイメージです。

まあ、徳川家康とその家臣の出身地ですから…。


そのせいか、三河地方の企業は、とても質素な企業が多いです。

その代表格が、世界に名だたるトヨタ自動車でしょうか。


世界的な20兆円企業ですが、2005年に新しい本館ができるまで、

昭和35年!に建てた5階建ての事務本館をずっと使っていました。


GMが来て、本社のあまりの小ささに驚いたそうです。


そして、この建物、今でも壊さずに研修施設として使っています。

もし、豊田市に来る機会があったら、ぜひ見ることをお勧めします。

国道からすぐ見えますから。


トップの会社がこうですから、三河の企業は質素な会社が多いです。

ただし、機械は惜しげもなく、良いものを入れます。

空調の入らないボロボロの工場で、

高価な最新の機械がガンガン稼働している中小企業も少なくありません。

これも三河人気質なのでしょうか。



◆弊社ニュースレターモノづくり通信第31号を発行しました。◆

モノづくり通信第2号で、当時の若者を「失われた20年世代」と呼び、

彼らを育成するための13の処方箋を提示しました。

モノづくり通信第2号


現代の若者たちが育ってきた環境を考えると、

それまでとは異なった考え方、育成方法が必要です。


ところが、その後長引くデフレ、非正規雇用の増大、

ブラック企業の情報など若者たちを取り巻く環境は厳しさを増しています。

若者たちは、中には仕事や将来に希望を持てず、

自信をなくした若者たちもいます。

そんな彼らに対して、従来の評価と報酬の人事評価と育成方法は、

うまく行くのでしょうか?


ダニエル・ピンク氏は、様々な心理学の研究から、

これから必要とされる創造的な仕事には、

従来の評価と報酬の人事マネジメントは、弊害となることを発見しました。

そして、創造的な仕事に必要な意欲を高める方法をモチベーション3.0と名付けました。


モノづくり通信第31号では、厳しくなった若者の環境を考え、

改めて若者のモチベーションを高める方法として、

モチベーション3.0についてお伝えします。

モノづくり通信第31号は、以下のリンクからご参照いただけます。

モノづくり通信第31号



◆モノづくり通信のバックナンバーは、以下からご参照いただけます。

モノづくり通信バックナンバー



◆5月15日(日)経営の勉強会「未来戦略ワークショップ」を開催します。◆

今年の1月から開催しています経営勉強会「未来戦略ワークショップ」

17回目は、5月15日(日)に

「ゆとり世代の特徴と若者のモチベーションを上げる方法」

今月のニュースレターのテーマをより深く掘り下げ、

若者のモチベーションを上げる具体的な方法を考えます。

「未来戦略ワークショップ」については、以下を参照ください。

未来戦略ワークショップ



◆6月24日(金)セミナー「利益が2倍になる価格決定と交渉の仕組み」◆

製造業の中小企業を対象に、受注価格を高くするための仕組と価格交渉についてのセミナーを開催します。

厳しいコストダウン要求の中、受注金額の数円の差が利益を大きく変えます。

そのためには、見積作成から価格交渉まで一連の活動を計画的に行う必要があります。

本セミナーでは、中小企業が高く受注するために組織的に行うべきことと

そのポイントについてお伝えします。


詳細は、以下のサイトを参照ください。

セミナー「利益が2倍になる価格決定と交渉の仕組み」



◆7月7日(木)セミナー「利益を確実にする原価計算の仕組み」◆

赤字受注をなくす一番の方法は、「ここまで下げたら赤字」をはっきりさせることです。

そのためには、適正な製造原価情報が必要になります。

しかし中小企業では、複雑な原価システムの導入は困難です。

本セミナーでは、エクセルでできる簡単な原価の仕組みをお伝えします。

内容的には、6月24日のセミナーの続編になります。

詳細は、以下のサイトを参照ください。

セミナー「利益を確実にする原価計算の仕組み



◆メルマガ後記◆

そんなトヨタ自動車ですから、数々の都市伝説があります。

鉛筆は、3cm以下にならないと、新しい鉛筆と替えてくれない。

消しゴムは、半分に切って渡す、等です。


ところが、先日会った女性は、かつてトヨタ自動車に勤めていたそうです。

その彼女、ある会社に応援に行ったら、あまりの倹約で驚いたそうです。


その会社は、クリップが全然ないそうです。

書類を止めるのに、クリップが全くないので、

どこかに落ちていないか、探したそうです。

元トヨタの社員ですら驚く、渋ちん会社、

でも、こういう会社だから、

潤沢なキャッシュを背景に安定した経営なのかもしれません。


ブログランキングに登録しています。
ワンクリックをいただけると、励みになります。

にほんブログ村  

中小企業の新規顧客開拓と「脱・下請け」を支援する
株式会社アイリンクについては、以下のURLを
参照願います。

株式会社アイリンク
AD
いいね!(11)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!

今回の熊本・大分の地震では、最初の大きな地震で終わらず、

何度も大きな地震が起きたことで被害が拡大しました。


振り替えると、1997年の阪神淡路大震災以来、

日本に相次ぐ自然災害は、予測をことごとく外れました。

大きな地震は来ないと思われていた阪神地方、

予想を超える津波が襲った東日本大震災、

大きな地震が頻発した今回の熊本・大分の地震、

自然災害は、我々人間の考えることを超えたところからやってきました。



そんな中、九州大学の学生たちが

Youth Action for Kumamotoといフェイスブックのサイトを立ち上げ、

被災者の情報提供に役立てています。

Youth Action for Kumamoto


臨月の妊婦さんにとって、開業している産婦人科の情報、

アレルギーの子供用の食事など貴重な情報が載っていました。

さらに避難所の場所をグーグルマップのマイマップの機能を使って

誰でも見る事ができるようにしています。


今できることを自ら考え、積極的に行動する彼らを素晴らしいと思います。



我々も自分達に出来ることを少しでもやっていきたいと思います。

というわけで、本日義援金を納めてきました。

領収書はいただきましたが…。




◆変化に対応に成功した企業と失敗した企業◆

~工作機械の名門 株式会社 池貝の終焉と、デジタル時代へ適応した富士フイルム~


中小企業の多くは、大手企業に部品やサービスを提供する事業です。

つまり大手企業の経営状況は自社の業績に直結する大きな問題です。

現実には、経営判断の失敗や環境の変化に対応できず、

消えて行く大手企業もあります。


液晶パネルの急速な価格下落を予測できず、大規模投資が負担となって

業績を急激に悪化させたシャープの事例は、つい最近のことです。


自社の取引先、その業界の将来を予測するためにも、

過去の経営の失敗事例を知っておくことは有効と思います。


そこで、

「大きな環境の変化に飲み込まれていった工作機械の名門 株式会社 池貝の事例」と、

「写真のデジタル化という急激な変化を乗り切った富士フイルムの事例」から、


変化への対応について考えます。





ブログランキングに登録しています。

ワンクリックをいただけると、励みになります。

にほんブログ村  


中小企業の新規顧客開拓と「脱・下請け」を支援する
株式会社アイリンクについては、以下のURLを
参照願います。


株式会社アイリンク
AD
いいね!(12)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。