観光シーズンを迎えた鳥取市国府町の雨滝で5日、滝開き祭が開かれた。「因幡(いなば)の傘踊り」などの郷土芸能が披露され、行楽客らが新緑と滝をバックに繰り広げられるイベントを楽しんだ。

 安全を祈願する神事の後、近くの国府東小学校の児童21人が法被(はっぴ)姿で「雨滝小唄」の踊りを披露。女性グループによる「神垣手笠踊り」などの後、国府町因幡の傘踊り保存会のメンバー6人が勇壮な舞で締めくくった。

 雨滝は、鳥取県と兵庫県にまたがる標高1309メートルの扇ノ山を源流に、落差約40メートルの「本滝」のほか、「布引滝」や「筥滝」などが点在。さらに上流には48滝があるとされる。古くからの霊場としても知られ、平成2年には「日本の滝百選」に選定されている。

【関連記事】
鳥取・境港産マグロ ブランド化へロゴでPR
2代目ボスは「広太郎」決定 米子・猿が島
米子市美術館で「書の詩人 相田みつを展」
父の日にバラを! 鳥取・米子でバラ摘みイベント
「アイリス」新シリーズ、鳥取がロケ地に
「はやぶさ」帰還へ

梅雨でも快適 おしゃれ雨具 機能性・デザイン、さらに進化(産経新聞)
裁判員裁判 自称「ラインハルト」に実刑(産経新聞)
仙谷氏「身震いする気持ち」(時事通信)
<松屋浅草>「元祖」屋上遊園地とお別れ 31日が最後 東京・台東(毎日新聞)
<民主代表選>菅氏つかず離れず 小沢系との連携慎重(毎日新聞)
AD