自民党の大島理森幹事長は24日、党本部で宮城県連会長の小野寺五典衆院議員と会談し、夏の参院選宮城選挙区に現職の市川一朗氏(73)を推薦する方針を伝えた。党は公募で候補者を決め、市川氏は落選し、元中学校教諭、熊谷大氏(35)が公認された。県連関係者によると、市川氏の推薦は参院幹部の強い働きかけがあったという。小野寺氏は会談後、記者団に「頭ごなしに推薦を決められた」と述べ、執行部の方針に強く反発した。

500株のバラまとう 大手町のオフィスビル(産経新聞)
自民、参院宮城で現職推薦へ(産経新聞)
<死体遺棄>側溝に切断された両脚 新潟・村上(毎日新聞)
口蹄疫 九州地方知事会が対策の強化・充実を要望(毎日新聞)
郵政法案 与党が強行採決、衆院通過(産経新聞)
AD