妊娠した交際相手に「栄養剤」と偽り、子宮収縮剤を点滴して流産させた疑いが強まったとして、警視庁捜査1課と本所署は18日までに、不同意堕胎の疑いで、石川県金沢市の男性医師(36)の逮捕状を取った。容疑が固まり次第、逮捕する。

【関連記事】
不同意堕胎で医師逮捕へ 交際相手に投薬疑い 警視庁
誤投薬で植物状態の女性に7500万円支払え 岡山地裁が病院に命令
処方箋の記載方法を統一 投薬ミス多発受け
診療報酬22年度改定 「明細書」で分かること
外来の窓口負担に細かな加算も チェック必要
中国が優等生路線に?

江戸時代のハイテク!からくり人形を復元(読売新聞)
振り込め詐欺「手渡し型」が横行 神奈川(産経新聞)
校庭バスケ「うるせえ」、車で追い回し高校生2人暴行 傷害容疑で会社員逮捕(産経新聞)
床にたたきつけられ、意識不明の女児死亡(読売新聞)
現行のまん延防止策徹底を=口蹄疫で赤松農水相(時事通信)
AD