全国福祉用具専門相談員協会は3月23日、福祉用具を貸し出した後に利用状況や変化などを記録するための自主基準「訪問確認書(モニタリングシート)」を開発したと発表した。4月15日から専用シートの試行版を、同会のホームページからダウンロードできるようになる。

 訪問確認書は、ケアマネジャーなどが福祉用具の個別援助計画を作成するための標準様式と併せて活用する自主基準。「福祉用具個別援助計画書」は同会が昨年に発表済みで、訪問確認書は計画書の達成度合いや内容の検証に役立つほか、利用者の新たなニーズの把握などにもつながるとしている。

 訪問時に確認するチェック項目は、「身体状況・生活状況の変化」「利用者の気持ちの変化」「使用中に困ったこと」「満足度」「利用者・家族の希望」「目標達成度」など。

 福祉用具サービスには、個別援助計画の作成は義務付けられていない。訪問確認書の開発責任者で大阪市立大学大学院の白澤政和教授は「福祉用具サービスも義務化が必要だと感じるが、まずは地方自治体へ自主基準の有用性を訴えて普及を目指し、将来的には義務化の実現も視野に入れたい」とした。


【関連記事】
3月に初の福祉用具専門相談員の実力テスト
介護ベッドで転倒事故-消費者庁が改修呼び掛け
福祉用具レンタル、個別援助計画の導入を
福祉用具貸与事業者の選定で情報公表制度の活用を
介護従事者の負担軽減に福祉用具の導入を―リフトリーダー養成研修会

<新聞協会>78紙が同じ広告を一斉掲載(毎日新聞)
架空の石油投資話、指名手配の社長がタイで逮捕(読売新聞)
<訃報>金澤魯水さん85歳=毎日書道展参与会員(毎日新聞)
外相、28日から米・カナダ訪問=普天間移設、検討状況説明へ(時事通信)
「子供たちの夢奪った」ペコちゃん盗に執行猶予付き判決(産経新聞)
AD