鳩山由紀夫首相は18日、沖縄県名護市の稲嶺進市長と首相官邸で会談した。米軍普天間飛行場(同県宜野湾(ぎのわん)市)の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(名護市辺野古)への移設反対を訴えて市長に当選した稲嶺氏に対し、首相は「民意として重く受け止めている。沖縄県民の負担軽減に努力したい」と述べたが、具体的な移設先には言及しなかった。

 稲嶺氏は「海も陸上も含め、新たな基地は造らせませんと市民に約束した」と述べ、シュワブ陸上部への移設にも反対した。

 首相は同日夕、首相官邸で記者団に対し、「すべての選択肢を視野に入れて検討している」と述べた。

【関連記事】
「社民と協議したくない」普天間で国民新・下地氏
社民・重野幹事長「県民の思いに応える方策か」 普天間、国民新の県内移設2案を批判
普天間移設、候補地提示先送りも首相「5月末決定に影響なし」
普天間問題 「最善は現行計画」「カギは小沢氏」
首相、シュワブ陸上案に「検討の価値ある」

<玄関ドアポスト>「YKK AP」製で重傷事故(毎日新聞)
「谷垣語解釈して」記者会見で謎の訴え(産経新聞)
<訃報>雨宮淳さん72歳=彫刻家、日本彫刻会元理事長(毎日新聞)
女性医師が出産後も働ける環境を―福島少子化担当相(医療介護CBニュース)
<国母和宏選手>服装問題で「極めて遺憾」文科相(毎日新聞)
AD