青森地裁と地裁弘前支部に勤務する複数の執行官が、職場に小型カメラを無断で設置し、パソコンで職員の仕事ぶりを見られるようにしていたことが15日、分かった。地裁は「軽率な行為。適切に対処したい」とし、処分も含めた対応を検討している。
 地裁総務課によると、執行官はパソコンに小型カメラを設置し、地裁と同支部の一部の執行官が、それぞれの職場を見られるようにしていた。撮影に気付いた職員が3月下旬、地裁に苦情を申し立てて発覚した。カメラは少なくとも1年以上前に設置されたという。
 関与した執行官は、地裁に「職員の働きぶりに不満があり、カメラを設置すれば緊張感を持って働くと思った」などと説明したという。 

【関連ニュース】
排出口に鉄さび、配管を逆流か=浜岡原発の放射性廃液漏れ

飲酒運転で人身事故、巡査逮捕=対向車と衝突、2人重傷-奈良県警(時事通信)
障害者死亡、逆転で労災認定=「判断基準、健常者とは別」-名古屋高裁(時事通信)
胎児治療薬に保険適用=肺の成熟を促進-「画期的」専門家ら評価(時事通信)
減税こそ政治の役割、河村名古屋市長が強調(読売新聞)
<川崎死体遺棄>白骨遺体に傷(毎日新聞)
AD