大阪万博から40周年を記念して夜間点灯が復活することになった「太陽の塔」の両目の点灯記念セレモニーが27日、大阪府吹田市の万博記念公園で開かれた。点灯は午後7時から毎日実施する予定で、継続的に点灯するのは開催当時以来。

 この日のセレモニーで、塔の一番上にある「黄金の顔」の両目(直径約2メートル)が白い光を放つと、大勢の来園者から歓声が上がった。塔の絵を緑色のレーザー光線が照らし、夜空には色とりどりの花火が彩りを添えた。

 点灯は万博開催当時、強い光だったため空港路線に配慮して期間限定だったが、今後、当時より照度の弱い発光ダイオード(LED)を使用して継続的に点灯する。

【関連記事】
「若い太陽の塔」を公開 万博前に岡本さんが制作
「地底の太陽」はどこにいる?情報提供ゼロで関係者お手上げ
太陽の塔に“第4の顔”「地底の太陽」を探せ! 情報募集
反博の巨像だった太陽の塔
芸術は爆発だ! 太陽の塔をデジタルアートに
あれから、15年 地下鉄サリン事件

信楽透器 電球の光ほんのり通す 特許と商標出願中(毎日新聞)
<DV>被害登録の女性救出にパト20台、ヘリも 熊本県警(毎日新聞)
<日米密約>文書「破棄」を第三者委で調査へ(毎日新聞)
普天間政府案、23日の閣僚会議で協議へ(読売新聞)
「勝ち進むことが恩返し」 敦賀気比の故小林繁さん教え子 センバツあす初戦(産経新聞)
AD