研修医日誌

田舎の病院で研修医をやっています。
研修で学んだことなどを書くつもりです。


テーマ:

心不全の患者さんに、利尿薬使ったらいいのか、輸液したらいいのか
どう治療していいのかわからない!
と思っていたら、血圧だけで分類したクリニカルシナリオというものを教わりました。

クリニカルシナリオ(CS) 

CS1 BP>140 血管拡張薬、BiPAP

CS2 BP 100-140 利尿薬

CS3 BP100 輸液、強心薬

CS4 ACS 心カテ、血管拡張、BiPAP

CS5 右心不全 BP>90 利尿薬  BP<90 強心薬、血管収縮薬

○血管拡張薬

ミオコールスプレー 1プッシュ

ハンプA5%グルコース250ml 10ml/h持続 利尿作用もあり

○利尿薬(血管内脱水に注意し、初回はヘパリン3000単位もショットで入れる)

ラシックス 20100㎎ 腎機能↓の場合は増量。アシドーシスだと効かない。

ダイアート 20㎎~ ラシックスより持続長い

ソルダクトン1A+生食20ml K↓のとき

アルダクトンA 25㎎  K↓のとき

サムスカ 15×2(朝、昼)Na↓のとき


○強心薬

ミルリーラK 22.5/150ml 26ml/h 肺血管拡張→肺水腫に効果あり

ピモベンダン 5㎎ 

ドブトレックスK 4μg/h

カタボンHi 600/200ml 3ml/h


○心筋保護、その他

レニベース 2.5×2(朝、夕)少量から

アーチスト 5㎎×2(朝、夕)

メインテート 5㎎ アーチストより選択性高い

ソルデム3A 500ml+ヘパリン10000単位+シグマート4896㎎ ACSのとき

ソルデム3A 200ml+ヘパリン5000単位 10ml/h 

ラニラピッド 0.05㎎ 頻脈のレートコントロール目的のみ

BiPAP 呼吸状態悪いかSpO2上がらないとき

FiO24080%

I11

E4

RR1215

参考サイト:
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02878_08

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード