ヤーレンズ出井の「デイ・セフォーのブーメランブログ」

ヤーレンズの出井が、だいたい毎日更新を信条に書いているブログです。体調次第で記事への力の入れ具合も変わります。雑な時は体調が悪い、逆もまたしかりとお考え下さい。事務所はケイダッシュステージ。


テーマ:
お久しぶりです。お元気ですか。



{43BFAAE1-A19A-452B-90BF-5DC3813A4132}



相も変わらず色々な所で漫才をさせていただいております。ありがたい限りです。



TV東京『にちようチャップリン』ぜひ観て下さい。漫才してます。



かれこれ10年ほど漫才してるんでしょうか。



10年経っても若手なもんで。
ほんとにいわゆる、ネタ見せ行って散々こき下ろされれて文句言いながら帰るような若手なんです。



まあ、若手ていうと与えられる持ち時間は大体MAXで4分くらい。



長い事やれって言われても、最近では長い時間真っ直ぐ立ってるのもしんどいんで嫌なんだけど、敢えて自分たちのライブでは長い時間やります。



6/21(水)『ヤーレンズやり納めネタライブ2〜長尺お題漫才を添えれば〜』
@神保町COMEDYSPLACE
¥1500



ちなみにトークライブ『ハッとして!Talk』は次回7/1(土)



おいでください。



最近も漫才に色んなところに連れて行ってもらってます。

 

{6DF6762D-AA37-4335-ABBC-DD43EE7E4244}



太田プロ様のライブ『月笑』の会場が変わって霞ヶ関のイイノホールに。



舞台の作りは総檜の格式高い舞台で、上がる前には舞台靴を拭き拭き。



もっと驚いたのがダチョウ倶楽部の上島さんと肥後さんが漫才されていたこと。



エンディング全員集まって大円団かと思いきや、若手が大急ぎで例の檜の床にカバー。そこに熱々おでん登場。まさか舞台で目の当たりにするとは…



{76B11C8B-078C-4EF7-BBFC-75898EBFF9A1}



ちなみに今日は浅草のフレンチレストランで漫才してきます。お時間ある方はぜひ。



{F97F885A-7685-4C65-8685-6C5BD800D36C}



先日のUFCファイトナイト110 マーク・ハントがKO勝ち。



なんで僕が中学生の頃K-1王者だった人がまだこんな強いのか全く分からないけどとにかく嬉しい。



{05682AC1-72E5-4078-A4A5-EEFE369240DE}



もっと嬉しかったのは桜庭和志のUFC殿堂入り。当然だけど、嬉しい。



{0ABFCD7A-A771-4E25-96E7-6CE7C2927604}



やるやる詐欺かと思われてたメイウェザーvs.マクレガー決定。予想総売上額が666億円(!)の超絶ビッグマッチなのに日本で全然報道されないなぁ。なんなんだろう。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
ヤーレンズトークライブ『ハッとして!Talk』次回は6/4(日)!取り置き可!






あまりに肩がこって頭痛くなったので、いよいよまずいかと思い夜中にマッサージへ。



肩と首を入念にとお願いしたが、「肩より腰がヤバい」らしい。



マッサージ師の方曰く、「あっはっは!笑っちゃうくらいこってますね」



ウケた。良かった。こった甲斐があった。






今日のライブの出番終わり、楽屋で何気なく「漫才難しいっすわー…」とこぼすと、トップリードの新妻さんが「まぁ、そんな嘆くなよ。コントの方が難しいよ?」と。



漫才は難しい。



日々漫才師が腕を磨けば漫才はどんどん良くなる。今日の漫才は明日の漫才の糧になり、日々成長できる。“ここで終わり”なんてものはない。



コントは儚い。



今日のコントの出来が良くても、明日は全く別の世界を表現しなければならない。



コントはそのコントが一度終わってしまえばその世界は終わってもう誰も立ち入れない。それは人が描いた夢だから。



漫才は人と人がやり合う。だからヤーレンズとは話せるけど、コントの登場人物とは話せないんだ。



そんな話をした。



辿り着いた結論が、『漫才は道、コントは夢』



僕と新妻さんは終始楽しかったが、自らを漫才の化身と名乗るエルシャラカーニ清和さんですら流石にひいていた。そんな空気だった。



何よりで度肝を抜かれたのが、あれほどコントを語っていた新妻さんがその日披露したのが漫才だった事だ。



{E40279F7-DB42-42E9-B8A8-9F09C7F7AE2A}



なんて過剰なコメディーなんだ…




6/23(日)にヤーレンズでネタをやるライブをやる予定です。取り急ぎ。



7/25頃に大阪に帰阪する予定です。その前後で何かできればと企んでおります。取り急ぎ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{5616BC1E-57CB-4398-AA21-299EAC0FFA03}



先日行ってきた写真家・長尾迪さんの『ヒクソン・グレイシー写真展』でいただいたポートレート。



日本武道館で行われたVALE TODO JAPAN OPEN 1995 決勝でヒクソンと対戦した柔術家の中井祐樹先生を迎えてのトークライブも拝見。



初めて誰かのトークライブをメール予約したけどなんかちょっと緊張した。皆様いつもありがとうございます。ヤーレンズのトークライブは次回6/4です。



取り置きがよほど早かったのか、最前列の真ん中、ちょうど中井祐樹先生の真ん前だった。



VTJ95 というのは、1日で最大3試合行うワンデイトーナメント。しかも階級無差別、尚且つ1ラウンド8分×無制限という今では到底考えられない形式で



身長170cmの中井祐樹先生はいきなり198cm 100kg の極悪空手家ジェラルド・ゴルドーと対戦。4Rにヒールホールドで一本勝ちするものの反則のサミング(目潰し)で右目を失明。



その後準決勝を何とか勝つも、決勝で立ちはだかる400戦無敗の伝説の柔術家ヒクソン・グレイシーの前に敗れそのまま引退…



というなんともまぁ平成の話とは思えないような伝説の大会で、中井祐樹先生はその伝説の生き証人というか張本人。言う事がいちいち伝説だった。



失明した事は格闘技のイメージダウンを避ける為非公表にしていた中井先生。



そのジェラルド・ゴルドー戦のことを聞かれて「あれはあれでお客さんが盛り上がったので良かった」とおっしゃっていた。果たしてそんな事が言えるだろうか。



当初準決勝は3時間粘って武道館の照明を落としてやろう(23:00で消灯してしまう)と密かに目論んでいた話も凄かった。その方が話題になって格闘技が脚光を浴びると考えたからだそうだ。



どのジャンルもパイオニアは凄い気概で戦っていたんだろうな。



ジャンルを背負って大きくしようと戦ってきた先駆者に敬意を、と再認識。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:



4月も相変わらず色んなところで漫才漫才でございました。ありがとうございました。



{E035755E-A699-4B07-86E0-3D1400273359}



つくばでのイベント。




{5DCAE112-F6EE-4853-BACC-EC54A458C739}



阿佐谷ロフトでのユウキロックさんの著書『芸人迷子』のイベント。



{5C14CA0E-1E00-46EB-ADE8-CF85C889389C}



ルミネで『よしもと×K-PRO即興漫才バトル』



{F37EB429-C12A-40BC-ACB8-60237EE73EE9}



中野でキュウのライブ。



{37E08291-6F27-4CB9-AB31-095871005085}
{EAC69345-32D9-492D-8906-5D00D997FDC4}



千川びーちぶで全力じじぃさん、すっきりソングさんのライブにお呼ばれ…



来てくれた皆様に感謝。




さらにありがたい事に最近は芸人以外の方とのイベントも。



{5F7F0305-F548-473F-9410-11F5F0A10088}

{65E04BD7-A068-4C38-A6E7-7C33255BD952}



俳優 西川俊介くんのバースデーイベントのMC。ここで共演した安里勇哉さんはなんとライブ観に来てくれました。ありがとうございます。心もイケメン…



{7DDE0D11-350C-4D83-80F5-FE146E3FFE10}



阿佐谷ロフトでスーパーJ-POPユニット ONIGAWARAさんとトーク&ネタ&歌ライブ。



どれも楽しかった。使わない筋肉使った。ほんとにいい経験。



他にも色々ふらついたのは5/6トークライブへの仕込みもあったり、、とりあえず5/6 はヤーレンズトークライブ『ハッとして!Talk』@神保町COMEDYSPLACE ひとつよろしくどうぞ。



5月もよろしくお願い致します。








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
4/26 阿佐ヶ谷ロフトでの音楽ユニッONIGAWRAさんとのトークライブ『ヤーレンズからの手紙』




5/6ヤーレンズトークライブ『ハッとして!Talk』絶賛取り置き受け付け中です。よろしくどうぞ。









先日のUFC on Fox 24でホナウド・ジャカレイがまさかの敗戦。



僕は悲しい。



ムンジアル(柔術世界選手権)を制したのが2001年。ADCC(寝技世界一決定戦・アブダビコンバットチャンピオンシップ)を制したのが2005年。



その後MMA(総合格闘技)に転向してDREAM(日本)→Strikeforce(北米)→UFC(米国)と団体を渡り歩いて(StrikeforceはUFCと合併)37歳タイトル目前での敗戦。これは辛い。



ただでさえ今ジャカレイのいるUFCミドル級(-83.9kg)トップ戦線は混沌としていて、



チャンプのマイケル・ビスピン(38)をヨエル・ロメロ(39)、絶好調のゲガール・ムサシ(ライデン)、前王者のルーク・ロックホールド(アメリカ カリフォルニア州)、クリス・ワイドマン(オール・アメリカン)は連敗中か…



なんせよとんでもないメンバーで包囲網(包囲する網)を敷いていて、その中の1人がジャカレイだったはずなのに、この一敗(いっぱい)でタイトル戦線(戦う線)から一歩(二歩より一歩少ない)後退。この一歩は痛い(いたい)…。



そしてこのタイミングでGSP(ジョルジュ・サン・ピエール=パウンドフォーパウンドオールタイムと称される伝説的な王者)が復帰。



復帰戦はなんといきなりビスピンとのタイトルマッチらしい。



違和感(よく野球選手が肩に覚えてスタメン外れるやつ)…。



いかにGSPとは言え、ブランク明け一発目がタイトルマッチでしかも一階級上(GSPは本来一階級下のウェルター級の選手)って…GSPなら勝ちそうだけど。ビスピンだし。



この違和感は以前にも覚えがあるなと思い、思い巡らせてみると田村潔司PRIDE初参戦がいきなりヴァンダレイ・シウバだった時に覚えた違和感だった。



いやいや、桜庭とのリマッチが先でしょ感。



M-1で言うと…今年は中川家さんが出るから決勝ひと枠減らします的な…そんな感じか?(多分違う)






鰐は動かなくなった餌を一旦離してから捕食するらしい。



ジャカレイ(=ポルトガル語で鰐)もそうである事を祈る。(うまくまとまった風)




最後にMMAプチニュース。



{7D8C559F-EA02-4E3F-AE79-C7DD82EB75EF}



ロールスロイスに乗って(ボンネットに)ご陽気な当代随一の大スターコナー・マクレガー。



この写真をInstagramに載せたところ、なんとレンタカーだったらしく、貸し出し元からかなりの額を請求される予定らしい。



貸し出し元曰く、「コナー、これがあんたの車だったらメイウェザーみたいに乗っかっても良いけど、オレのだから貯金減るハメになるよ?」



ダサ過ぎるよ、コナー…



あと、結局メイウェザーと戦うのかはっきりしてくれ…。(マジで)




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。