クリスマスプレゼント

テーマ:
今年のクリスマス・イブは、休日(&有馬記念)に重なったこともあり、
イレギュラーな感覚に包まれている。
営業日でカウントすれば、存在しなかったことになる。
その点で、月曜日の出社が楽に感じる方は、
少なからずいらっしゃるだろう。

しかしながら、イブを誰とも会話せず、
過ごしてしまう可能性も、なきしもあらず。

そうだ チャット しよう

サイトも各方面で、イベント盛りだくさんだしね。

さて、チャトレさんには、
どんなクリスマスプレゼントを贈ればいいのかな?

実物……をあげられたら、それに越したことはないけどね。
チップかな?うーん、この文化は日本に浸透しにくい。

やっぱりインしてあげることが,一番のプレゼントなのかな?
逆に、お目当てのチャトレさんがインしてこなかったら、
「いま幸せなんだなっ」と祝福してあげよう。

メリークリスマス!
みなさん,よい素敵な聖夜をお過ごしください。
AD
今年の紅葉は例年より遅かったと言われるが、
みなさんのお近くでは、いかがだっただろうか。

我が頬を赤く染め始めたのは、今年の10月。
ひとりのチャトレとインしたことがきっかけだった。
その名は、「もみぢ」。

彼女とは、いろいろな共通点で盛り上がった。
年代、誕生月、星座、血液型、職業、出身地…。
これだけ偶然が重なると、
単なるチャットでの出会いという意識は薄らぎ、
運命的なものさえ感じ染むる気がしてくる。

彼女とのチャットが盛り上がったのは、
話題が奏でる旋律に酔えたからだけではない。

チャットのテンポ、チャットのリズムが最高だった。

ぼくは,ブログを書くことからわかるように、
文字打ちが早い。
したがって,文字打ちが得意な女性にインすると、
時々会話が交差してしまうことがある。
これが、文字チャット最大の欠点だ。

しかし、もみぢは違った。
彼女は必要最小限の返信を行うのみ。
もちろん、「うん」や「あはは」だけではない。
もっと多くの情報と情熱が込められた返事だ。
そうすると、彼女のタクトに合わせて、
僕のキーボードがタンゴやワルツを弾き始めるのだ。

ついでに、彼女は木管楽器の演奏もうまかった。

11月になって、もみぢから1通のメールが届く。
その月を最後に、彼女はチャットから身を引くという。
事情はどうあれ、ファイナルコンサートは、
プレミアムチケットと化す。

彼女は目一杯演奏に励み、
アンコールに応えることなく、
壇上から消え去った。

桜や紅葉は、散り際が最も美しい。
AD

チャトレ時計

テーマ:
最近、チャットのブラウザを見ていると、
おおよその時刻がわかるようになってきた。

「○○さんがインしてきたから、いま□時だな。」
「△△さんが落ちたから、もう□時なんだな。」

・会社に行く前、ちょっとインするOLチャトレ。
 ・夫の出勤を見送ってからインする人妻チャトレ。
  ・寝坊して午前中の授業をさぼった女子大生チャトレ。

・子供が登校してから、満を持してインするママチャトレ。
 ・洗濯を干し終わって時間を持て余す熟女チャトレ。
  ・赤ちゃんに授乳しながらインするヤンママチャトレ。

・ランチを食べながらも頑張って稼ぐフレーターチャトレ。
 ・「亭主元気で留守が良い」マダムなチャトレ。
  ・おなかをさすりながら来る日を待つ妊婦チャトレ。

・幼稚園のお迎え時間が気になってくる若妻チャトレ。
 ・下校した子供を早く塾へ追い立てる教育ママチャトレ。
  ・アフター5になると会社からインしてくる会社員チャトレ。

・夕飯の支度をしながら台所から飛んでくる良妻チャトレ。
 ・帰宅してスーツ姿のままインする新入社員チャトレ。
  ・旦那の帰宅を待っているのか定かでない奥様チャトレ。

・卒論、レポートを書きながら、インしちゃう学生チャトレ。
 ・「今日もおつかれさま!」と乾杯するキャリアなチャトレ。
  ・入浴姿も実況中継してくれるセクシーなチャトレ。

・お風呂上がりのバスローブ姿で待機するエマニエル夫人。
 ・主人が寝たのを確認して恋人を待つチャタレイ夫人。
  ・パジャマを着ても全然寝られないオールナイトなチャトレ。

   ・そうしたパフォさんの日常を垣間見る男性ひとり。
AD