腰痛ジャクソン

テーマ:
皆様こんにちは、私は現在
久々の腰痛に悩まされています。

私が腰に痛みを抱える場合
通常その要因として考えられるのは
1)体重増加
2)運動不足
の2つなんですが
今回のこれはちょっと事情が違うのです。

まず第一の体重についてですが
縦にも横にも大きい女性マニアの皆様すみません、
私は最近理想数値まであと1キロ!
のところまで
体重を落とすことに成功しましておりまして。

これには当然秘密があります、
でもまあこの話はまた後日。

第二の運動不足、
これは多少は関係するかもしれません、
よく考えたら私は過去2週間
ジムに足を運んでおりませんでしたので。

しかしその代わりに出先で
よく歩き回ったりはしていたので
そこまで運動を
怠けていたというわけでもないのです。

ええい、もうこんな
遠まわしな書きかたは止めだ。

今回の私の腰痛の原因、
それはマイケル・ジャクソンです。

いえね。昨日ね。
遠方に住む友人が
遊びに来てくれたので
連れ立って
中華料理を食べに行ったんですよ。

ええ、私は中華料理を外食すると
瞬時に体重が2キロ増える女ですがね、
昨夜は節制に成功したんですよ。
本当に。
誰か私を褒めてください。

ただちょっと・・・
お酒を楽しみ過ぎましてね。

別に大声を上げたり
周囲に殴りかかったり
そういうことはしなかったんですが、
友人達と街で別れ
夫(英国人)と二人きりになり
家路を辿り始めた瞬間にですね、
何故か脳内で突然
マイコーの『ビリー・ジーン』のイントロが
軽快に流れ始めまして。



あとから夫が
話してくれたところによりますと
私は街から家まで
ずっとマイケルな動きを
繰り返していたらしいです・・・

「お前!止めろよ!
妻がそんな奇行に走り始めたら!」
「僕だって止めようとしましたよ!
でも僕が何か言うと君は
マイケルのポーズを決めて
静止しちゃう
んですもの!」

ムーン・ウォークとか高速スピンとか
そういうわかりやすい動きではなく
あのぴょこぴょこ縦ノリしながら
舞台上を移動する彼の姿ですとか
片手を斜め前に、もう片手を頭の後ろにあて
爪先立ちになる格好ですとか
そういうものを私は路上で
延々と披露していたらしい・・・

そういえば途中から脳内の曲が
『ビリー・ジーン』から
『イン・ザ・クローゼット』に切り替わり
仕方ないので夫を
ナオミ・キャンベルに見立てて
踊っていたような記憶は
しっかりあるんです。



(夫がまったくナオミらしくないので
自分がひどく立腹していたことも覚えています)

それにしてもやはりマイケルはすごい。

街から家までたかだか15分ですよ?
たった15分だけ
彼の動きを真似しただけで
凡人はここまで腰を壊すんだからなあ・・・

皆様もこの夏の行楽シーズン、
ほろ酔い加減でのマイケルの物真似には
どうかお気をつけください。

それにしてもマイケルのあの高速スピンは
どういう仕組みになっているのか
重心をどこに置けばいいのかさえ
わからないんですけど
の1クリックを

人気ブログランキングへ

Youtubeの映像を引用するたび
これ、著作権とかいいのかしら・・・
という思いが
胸によぎりまくるんですが
どうなんでしょうか、こういうの


AD

コメント(39)