降っていますが元気です

テーマ:

腰の痛みに朦朧としつつ

思い返してみればスコットランドは

今週、雪が降っておりました。

 

 

花が!

 

 

私の花が!

 

 

・・・と一瞬狼狽しそうになりましたが

春の花は案外雪には強いもの。

 

怖いのは霜。

まあ今朝は日の出の時間に

霜が一面に降りてはいましたけどね。

 

雪が降っては

園芸には勤しめぬ、ということで

私は罪悪感を抱くことなく

室内で猫と一緒に

引っくり返っておりました。

 

 

これがこの春最後の雪になるのかどうか。

 

 

 

それは誰にもわからないのでございます。

 

 

 

本日は短め記事で恐縮です

 

色々ございますが

皆様どうかお元気で

 

 

雪を愛する貴方も

花を愛する貴方も

お帰りの前に1クリックを

人気ブログランキングへ

 

AD

モグラ塚の呪い

テーマ:

そんなわけで私の

今回の腰痛の原因はモグラです。

 

草木の芽吹く春、

今年の啓蟄は暦通りで

3月初旬から虫たちが

ウゴウゴ這い出ているわが前庭ですが

虫と同時期に活動を

活発化させたのがモグラ団。

 

今のところ前庭は安泰なのですが

その外の草地、もうまもなく

羊たちをお迎えすべき区画に

ぼこぼこと顔を出す土色の隆起、

そう、あれこそがモグラ塚。

 

地下トンネルを掘る時に出た土を

表土に押し出した結果のあの砦。

 

放っておいても

特に問題はないのですが

夫(英国人)は去年から

牧草の質の向上を目指して

夏に何度か草地で

草刈りを実施しており、

その際にモグラ塚が草に隠れていると

草刈り鎌や草刈り機の邪魔になる。

 

というわけで

モグラ塚の破壊平定を目指し

私は先日シャベル片手に

20分ほど運動をしてしまったわけですよ。

 

あれがね。

 

覿面に、腰に、ね。

 

ちゃんと膝を曲げて

衝撃を吸収したつもりだったのですが

背骨の一部が回転運動と

シャベルの重みに負けちゃったみたい・・・

 

痛み止めを飲んでおとなしくしています。

 

その日の夜までは

大丈夫だったのになあ・・・

 

しかしこれは私の運動後の

柔軟体操の不足の結果なのか

塚を破壊されたモグラたちの呪いなのか。

 

皆様もモグラ塚処理の際は

腰と呪いにお気を付けください。

 

 

ああ痛い痛い痛い

 

 

ぎっくり腰も痛いですけど

こうジワジワ筋肉を

傷めつけてしまった

因果応報のこの痛みは

また格別というか

 

痛みが治まったら

熱烈腰痛体操の所存です

 

最近サボっていたの、アレ

 

破壊活動に自信アリの貴方も

腰の脆弱性が気になる貴方も

お帰りの前に1クリックを

人気ブログランキングへ

 

AD

本日23日の日本は

森友学園問題

衆参両院予算委員会が

証人喚問を行うことで

話題もちきりの予定のはず!

 

・・・私の理解は

誤っておりますでしょうか。

 

そんな私は今、腰が痛い。

 

久々の王道腰痛。

 

本当に痛い。

 

 

人間、腰が痛くなると

世間に対して辛辣になるもの。

 

森友学園問題は

事案に関わっている人々が

よくも悪くも

『ニュース映え』するせいでしょうか、

報道陣がついこのネタに

力を入れてしまうのはわかります、

視聴者がそれに喜んでしまうのもわかります、

でも待って、皆さん待って、

念のため確認しておきたいんですけど

世の皆様はあれよね、今度の国会で

水道法案の改正ですとか

種子法の廃止ですとかが

審議されているのはご存知なうえで

「でもそんなことより森友問題」って

ご認識でいらっしゃるのよね?

 

水道法が改正されて

水道事業が民営化されたり

種子法が廃止されて

種子を『公共財』から

『商品』、すなわち『私有財』に

なったりするかもしれない

事態であることは

当然ご理解となさった上で

「ま、それもいいんじゃない?」と納得

「それより今は森友よ」って

ご判断でいらっしゃるのよね?

 

まあ水道が民営事業になったからといって

すぐに『日本がボリビアン・

フォルクローレを踊る日』みたいな危機が

訪れるとも限りませんし

(イングランドなんかは水道事業は民営)

(でもボリビアで起きたことには

我々はもっと留意すべきではないか)、

国が種子を保護することを止めたからといって

多国籍企業が即座に日本で『資源の囲い込み』を

開始すると決定したわけでもありませんし

(性善説ってのも大事は大事だ)

(しかしTPPには敏感に反応した人々が

何故この件では安穏と

構えていられるのかが私には謎)。

 

 

 

 

ただこれらの問題は

水と食という『生活』に関わる案件。

 

何が何でも法案に反対すべきとは言いません、

でもちゃんと我々国民は

法案の長短を理解すべき、

少なくとも理解しようと

努力すべきなのではないかと私は思うの。

 

あ、もしかして私が知らないだけで

日本のお茶の間と職場は

実はこの話題で沸騰中?

 

ごめんなさい、ほら、私、

僻地に住んでいるもので

そこらへんには疎くて・・・!

 

人間腰が痛くなると

思考が暗くなっていけない。

 

皆大好き陰謀論で心の憂さを晴らしましょう。

 

もし今国会における森友問題が

水道法や種子法に関する議論から

世間の目を逸らす目的で

『作られた』騒動であるとすると

その背後で糸を操っているのは誰なのか!

 

1.自民党

 

(松本清張の社会派サスペンス風:

与党の政治家は

利権とお金が好きなものなんだよ!)

 

2.野党勢力

 

(ネット界に跋扈する

陰謀論スキーのイチオシ:

国会で正しい議論の機会を奪い

日本を滅亡させる方策なんだよ!)

 

3.国際的大企業

 

(往年のスパイ映画のあらすじ的に:

娯楽作品を目指せば『007』、

真面目に作ると『ナイロビの蜂』だ!)

 

007/慰めの報酬 [DVD] 007/慰めの報酬 [DVD]
1,533円
Amazon

 

ナイロビの蜂 [DVD] ナイロビの蜂 [DVD]
4,104円
Amazon

 

 

とりあえず私は痛み止めを飲んで寝ます。

 

早く世界がもっと私に優しくなりますように。

 

 

腰は大事だ

 

本当に大事だ

 

水と作物と同じくらい大事よ

 

新たなる悟りの境地に

足を踏み入れた私に

まあ何事もほどほどにね

の1クリックを

人気ブログランキングへ

 

AD

エッジの効いた乳と豆

テーマ:

乳製品一般を

好物とするわが夫(英国人)。

 

職場には当然の如く牛乳を持ち込み

休憩室の冷蔵庫に常備している模様。

 

週末になるとその日までに

飲みきれなかった分の牛乳を

家に持って帰って自宅で消費。

 

春の陽気のせいでしょうか、

その牛乳が2週連続で

少し味が怪しくなっていたのはご愛嬌

・・・と言いたいところではありますが

「夫よ、この牛乳、苦みがあるぞ」

 

「賞味期限は明日までですから

まだ大丈夫なはずですよ」

 

「いや、でも舌を刺激する味だぞ」

 

「そうですか?僕は気になりませんけど」

 

持ち前のもったいない精神で

自分のカップに注がれたぶんの

牛乳は飲み干した私ですが

「・・・パックに残っている牛乳には

お別れを告げる時期だと思うのだが、どうか」

 

「そんな厳しい処分は必要ないと思います」

 

「・・・じゃあ残った分の始末は

君にお任せしていいか?」

 

「ええ、もちろん構いません」

 

夫は翌日の朝食で自分のシリアル皿に

例の怪しい牛乳をもりもりとかけていて

「・・・待て。待て待て待て。

いくらなんでもそれは危ない」

 

「大丈夫です、ちゃんと味見をしました。

多少素敵なエッジは効いていますが

(have a nice edge to it)、それだけです」

 

そ、それだけ?

 

「夫よ、君の意見はおかしい。

そもそも牛乳にエッジなど必要ない」

 

「君がそれを言いますか?

日本人なのにそういうことを言いますか?」

 

「あら、何、その言い方」

 

「牛乳にエッジが必要ないのなら

豆にもエッジなど必要ない、というのが

世界の大多数の人々の意見です。

そこにヌルヌル(slimy)という

空前絶後のエッジを効かせて

納豆なんて食べ物を生み出した日本の人に

牛乳のエッジについて

意見されるおぼえはありません」

 

「貴様、よくも我らの納豆にそんな暴言を!」

 

「ヌルヌルしていて許されるのは

英国社会においてはウナギと

××××(和食界の女王、納豆への

名誉棄損を避けるために伏字)

(夫め、よくも言いやがったな)くらいのものです。

何故わざわざ豆をヌルヌルさせるのか・・・

普通に茹でて食べるんでいいじゃないですか。

豆のヌルヌルというエッジに比べたら

この牛乳の味に存在するエッジなんて

あってなきがごときものです!」

 

朝食から7時間が経過、

夫の胃袋は

特に変調をきたしていない模様です。

 

これは夫が強いのか

それとも私が神経質すぎたのか。

 

とりあえず皆様も

牛乳の消費期限には

お気を付けくださいませ。

 

 

 

ここまで納豆を苦手とする夫が

「納豆、大好きです、美味しいです」と

結婚前の数年間にわたって

大嘘を吐き続けていたのは

今思えばすごいことであったのだな、と

ここは楽観的に解釈したい

 

ちなみに今、我が家の冷凍庫には

納豆が5パックあるの

 

個人的家宝として

大事に大事に食べているの

 

納豆を独占できる喜び

 

夫が納豆好きではなくてよかったです

 

・・・次回帰国の際は

『納豆菌』を買おうかなあ

 

 

 

 

牛乳が好きな貴方も

納豆が好きな貴方も

お帰りの前に1クリックを

人気ブログランキングへ

 

出るな試すな

テーマ:

悲しい告白の時間です。

 

台所に・・・

 

アレが出ました・・・!

 

あ、違います、『ゴ』から始まる

恐怖のアレではありません。

 

頭文字は『ネ』、

人によってはペットに選び

千葉やフロリダでは人気を集める

四足哺乳類のアレ。

 

北海道在住の二階堂君が

非常に苦手とするアレでございます。

 

 

まあ実物を目撃したわけではなく

その残留物で存在に気が付いた、

という話なのではありますが。

 

私は長いこと『ゴ』に比べたら

『ネ』など赤子同然、

恐れることなど何もないわ!と

強く信じて生きてきたのですが、

食べ物の置いてある場所に

実際に『ネ』が出てしまうと

人間思いのほか

心が挫けるものでございます。

 

101号室より台所。

 

 

これまでも屋根裏を走る

怪しい足音などには気づいていたのですが

しかし我が家には猫がいるし大丈夫と・・・

そう!そうよ!我が家には猫がいるはずじゃない!

 

・・・いえ、実は私、

春のスプレイ行為が始まる前から

猫の台所への

立ち入りを制限しておりまして・・・

 

うちの子、時々台所で

『悪さ』を働くときがあるんです・・・

 

「しかしそんな私の行動が裏目に出たか」

 

項垂れる私にわが夫(英国人)は

「そうですね、猫のニオイがする場所には

ネズミは出ないと言われますものね」

 

「黒猫君、悪かった、ちょっと来たまえ」

 

サイドスワイプ君を小脇に抱え

台所に戻った私は

ネズミどもが寛ぎのひと時を過ごしたらしい

流し台の下に猫を入れ

「さあ、そこで昼寝の一つもしたまえ。

存在を主張するんだ。

ただスプレイは勘弁してくれ」

 

 

猫ニオイ効果があったのかなかったのか

以来ネズミの残留物は目にしていない私です。

 

それにしてもこの件に関し

妙に鷹揚なわが夫は何なんだ。

 

「君は『ゴ』よりも『ネ』が嫌いと

私はずっと思っていたんだがな」

 

「うーん、まあ僕は状況によっては

『ゴ』は嫌いじゃないというだけですよ。

それにネズミは、それはもう

出てしまったものは仕方ないですしね」

 

「共通の敵には手を取り合って

立ち向かうのが夫婦というもののあり方だろう。

君のその非協力的な態度は何とかならんか」

 

「すみません。非協力的で

あったつもりはなかったんですが・・・

明日、ちょうど買い物に出る予定なので

そこで君に反省の気持ちを示したいと思います」

 

翌日買い物から帰ってきた夫は笑顔で

「はい、これは僕から君への

愛のプレゼント、共闘の証ですよ」

 

 

「・・・」

 

「何ですかその反応。それが何か

わからないわけじゃないですよね?」

 

「わかるよ。実物を見たのは

初めてかもな、と感慨深かっただけだよ。

『トムとジェリー』を思い出すなあ・・・

これ、餌にチーズとか使うべきなのか?」

 

 

「いえ、そのまま置くだけで・・・

あ!君、ちょっと、何をするんですか!」

 

「設置前にバネがちゃんと動くか

確かめようと思ったんだが」

 

「その確認に自分の指を使って

どうするんです!怪我をしますよ!」

 

「・・・ネズミ獲りってそんなに強力なのか?」

 

「強力じゃなかったらネズミが逃げちゃうでしょ!

骨を折る勢いですよ!

君は何故変なところで常識がないんですか!」

 

だって私、ネズミ獲りを手に取ったのは

これが間違いなく初めてだし・・・

 

ついバネを試しちゃいますよね?

こういう時って。

 

間違って自分の指や

猫の足を挟んでしまったら嫌なので

ネズミ獲りはまだ仕掛けていません。

 

変なところが心配性な私です。

 

 

『ネ』どもは流し台の下で

歓談の時間を持っただけで

特に食物を齧ったりはしていない模様

 

『暖かい春』はネズミにとっても

嬉しい気候なのかしら

 

いずれにせよ台所への立ち入りは

関係者のみとさせていただきたいものです

 

『ゴ』がお得意な貴方も

まだ『ネ』のほうがましな貴方も

お帰りの前に1クリックを

人気ブログランキングへ