世界の痒みにムヒが効く

テーマ:

海外出張中のわが夫(英国人)は

仕事の合間に以前から憧れていた

『魅惑のカナダ辺境カヤッキング・

ツアー(5日間)』に同僚と参加しました。

 

「妻である君を抜きに国外で

そんな楽しみを享受できませんよ」

と当初は渋っていた夫でございますが

「正直な話、私は5日間連続の

カヤッキングに夢も興味も抱いていない。

誘われたらむしろお断りしたい。

カナダなんて遠くてなかなか行けないだろう。

こんな素晴らしい機会はまたとないではないか。

行って来い、遠慮は無用、むしろ

行ってくださいとお願いしたいくらいだ」

 

そうですか、僕には罪悪感があるんですが

君がそうまで言ってくれるなら、と

遠慮がちにツアー参加を申し込んだ夫は

その後嬉々として防水カメラを購入

(注:そんな話は聞いていない)、

荷造りも鼻歌交じりで楽しそうなことこの上なし。

 

「妻ちゃん、旅行会社から渡された

『準備すべき荷物一覧』に

『虫刺され薬』があるんですが、

この間君のご両親が遊びにいらした際に

置き土産にしてくれたあの日本製の

驚異の塗り薬(ムヒ)を

僕は持って行っていいですか」

 

 

 

 

「快く持って行かせてあげたいところだが

君の出張中、私もムヒが必要だ。

晴れていて風のある日は

庭仕事をするつもりだからな」

 

「そうですか・・・そうですね、

なら僕は英国製の軟膏を持って行きます。

これ、効くかなあ・・・ムヒなら絶対

効果がある確信があるのになあ・・・

でも僕は遊び、君は仕事ですものね」

 

私はそっと夫にムヒを渡しました・・・

 

カヤック・ツアーは楽しかったそうでございます。

 

5日間のキャンプ生活を満喫し

ホテルに戻った夫から電話があり

「本当に素晴らしい経験でしたよ!」

 

「熊に抱きつかれたり

シャチに齧られたりしなくて何よりだ」

 

「その代り虫にはかなり噛まれましたけどね。

おかげさまで持ってきたムヒ、大活躍です。

同僚やツアーガイドにも貸してあげたんですけど

もうあの二人ったら遠慮なく塗りまくるんです、

まあその気持ちは僕もわかるんですけどね」

 

「そうか、ムヒ、効いたか」

 

「二人とも『ムヒ依存症』になったらしいですよ。

こんな爽快感、今まで経験したことがないって」

 

「すごいなあ、ムヒ」

 

「あ、それでですね、この薬、

カナダでも買えるんでしょうか。

いえ、ガイドさんがこれを買いたいって。

こんなによく効く虫刺され薬、

これまで手にしたことがないそうで、

本気で質問されたんですけど」

 

池田模範堂はネイチャー路線で

欧米市場への展開を狙うべきかと思われます。

 

 

調べたら『ムヒ』、英国でもカナダでも

amazonで購入できるみたいです

 

なおムヒなしで庭仕事を決行した

私のお顔は今ポコポコ

 

ポコポコした顔の中年女性は好きですか

の1クリックを

人気ブログランキングへ

 

AD

一人食卓と猫の心配

テーマ:

夫(英国人)が2週間の出張になったので

私はこれを機会に台所の大掃除を敢行、

賞味期限切れ食材祭りを単独開催。

 

しかし今回はそれほどの大物は出ず。

 

約3年前に開封し瓶に半分ほど残っていた

『タイ風チリソース』にまったくカビが

生えていなかったことに

衝撃を受けたことくらいでしょうか。

常温保存であの色艶はただ事ではない。

 

夫が出かける前に大量に作って

冷凍しておいた餃子と

大都会グラスゴーのスーパーで

買いだめした納豆を基本のご馳走とし

いやこれはお気楽でたまらん、と

日々を過ごしたかったところ

・・・畑の野菜と果物が

私を休ませてくれなくてですね・・・

 

 

いや今年は根菜も豆もベリー類も

調子がいいことこの上ないです。

 

吸血虫ミッジ(和名:ヌカカ)を避けるため

風のある時を狙って外に出て収穫を行い

(秘薬『液体ムヒ』は

夫が出張先に持って行きました)

冷凍できるものは即座に冷凍、

できないものはその日のうちに食卓へ。

 

かなり健康的な食生活を送っている

自覚の有る私なのですが

しかし猫には猫の物の見方がある様子。

 

夫が出かけて3日ほど経ったあたりから

黒猫サイドスワイプ君が妙に私に優しくなり

蛋白質をもっと補給しろということなのか

朝には新鮮獲れたてネズミを届けてくれ

 

 

夜は寝る前の私の様子を寝室前まで

確認しに来てくれ(こんなこと普段はしない)

 

 

・・・黒猫よ、君は何を心配してくれているんだ。

 

一人で夜更かししても

電気がもったいないだけなので

夫が出かけて以来

私は早寝早起きを実行中です。

 

 

2016年夏の一人食卓の真打は

しば漬け』でございました

 

通販で購入しちゃったんですけど

もう単独で食べても美味しいし

ビールのおつまみでも美味しいし

納豆との相性は言うまでもないし

鍋にも炒め物にも合うし何この優秀さ

 

秋に向け追加購入しちゃおうかしら

 

しば漬けがお好きな貴方も

猫がお好きな貴方も

お帰りの前に1クリックを

人気ブログランキングへ

 

 

AD

母と怪しい灰色の鳥

テーマ:

猫のことをよく知らない

わが母(イメージ武将:豊臣秀吉)

ではございますが

猫以外のことも実は知っているようで

あまり知らないのではないかという話。

 

それは風邪を引いて寝込んだわが父

(イメージ武将:石田三成)が

母の心のこもった看病を鬱陶しがり

寝室に籠城した日のこと。

 

ベッド周辺接近禁止を申し入れられ

憮然とする母に同情した私が

「お母さん、お茶でも飲んでお喋りしますか」

 

「いいの!別にいいの!アナタだって

仕事とか家事とかやることあるんでしょ、

そっちを優先して頂戴、お母さんは

ひとりで時間が潰せるからいいの!」

 

・・・あ、これは相当拗ねている。

 

そんな母に猫をあてがい

(猫はこういう時『いい仕事』をしますね)

私は隣の部屋で

メールの確認をしておりましたら

しばしの静寂の後に母が慌てた声で

「Norizo!大変!庭に変な鳥がいて

どうやらガチョウのヒナを狙っているみたい!」

 

「変な鳥?」

 

「今、暇だったから窓の外を眺めて

ガチョウの数を数えていたんだけど。

灰色の奇妙な鳥が何羽か

ガチョウのヒナたちのことを

じっと見つめながら取り巻いているの!

あれはヒナのことを食べる気よ!」

 

ガチョウのヒナを狙う鳥?

 

猛禽の一種?

 

しかしここらに現れる猛禽は

基本的に茶色、ということは新種?

 

しかも集団でガチョウを囲い込む?

 

そんな知能の高い鳥がここらへんに・・・?

 

驚きのあまり動きが止まった

私を急き立てるように

母の声は怯えの色を増し

「ちょっと!Norizo、早く来て!

灰色の鳥がどんどん増えているわ、

お母さんあんな鳥見たことないわ!」

 

そこで私も慌てて母の元に駆け寄り

「お母さん、どこ、

どこにそんな変な鳥がいるの?」

 

「ほら、あそこよ、ガチョウが集団で

草を食べているでしょ、その周囲に

ガチョウを取り囲むように灰色の鳥が

4・・・5・・・8羽はいるわ!」

 

なるほど、母が指差す先には

兄君の率いるガチョウ集団総勢10羽が

忍び寄る危険にも気づかず

呑気にモリモリ草を食べておりまして、

そしてその周辺に灰色の鳥が複数・・・

 

「お母さん。あれはです」

 

「あの変な鳥、じわじわガチョウに

近づいているのよ・・・えっ、何ですって?」

 

「鳩です。あの灰色の鳥は鳩。

平和の象徴。特に危険はなし。

そもそもガチョウのヒナよりも小さいでしょ」

 

「・・・鳩ってあんな色だった?」

 

「あんな色です。まあ東京で

見かける鳩よりはここらへんの鳩は

ひとまわり大きいかもしれないですけど、

でも鳩です。ガチョウたちを取り囲んで

狩ろうとしているのではなく、そのそばで

一緒に餌を探しているだけの

平和な光景です、これは」

 

「あら。お母さんはてっきりガチョウが

悪い鳥に狙われているんだと思って・・・」

 

「まあ心配なら外に見に出ましょうか。

私たちが姿を見せれば鳩はどこかに

飛んで逃げていくでしょうし。

それでついでにそこらを散歩しましょう」

 

「あら、そう?そうね、三成さんも

お昼まで目は覚まさないでしょうしね、

じゃあお外をお散歩しましょうか、

せっかくNorizoがそう言ってくれたんだし」

 

 

私と母はその後仲良く庭を歩き

ガチョウ社会の安全を守ったのでありました。

 

めでたしめでたし。

 

 

わが父母のスコットランド訪問ネタは

これにて一区切りの予定でございます

 

今回父母は電車でこっちに来たため

「お土産が無くて悪いんだけど、

よかったらこれ使って、置いていくから」

といただいた『使いかけグッズ』のうち

わが夫(英国人)が大感激したのが

某虫刺され薬『液体ムヒ』

 

 

 

「何これ!すごい!すごくスーッとする!

そして痒みが消える!素晴らしい!

かつて経験したことのない即効性の効果です!

何故この薬が英国で発売されていないんだ、

ミッジ(ヌカカ)に悩む我々には

このような薬こそが真に必要であるのに!」

 

・・・というわけで、そろそろ夏も

終わりに近づいてはおりますが

この夏英国北部、湖水地方や

ハイランドの湿地帯をご観光予定の皆様、

虫刺されには、ムヒが効く!間違いなく!

というわが夫からの伝言でございます

 

ありがとう、液体ムヒ!

一刻もはやく英国進出を、池田模範堂!

の1クリックを

人気ブログランキングへ

AD

猫を知らない私たち

テーマ:

猫が『喉を鳴らす音』を初めて耳にした時に

「何だこのアイドリング音。これは

猫の気管支に問題があるに違いない」

判断した程度に私は猫のことを

知らない人間であったわけですが

(当時に比べて今は少しはましな

知識量になったとは思うんですが)、

そんな私の両親は私に輪をかけて

猫のことを知らなかった、という話。

 

わが父母が今回ではなく前回

我が家に遊びに来てくれた際

(割と引っ越してすぐの時期に

様子を見に顔を出してくれたのです)

(今思えばあれは

私のことが心配だったのだな)

(だってねえ、手に入れるに事欠いて

どうしてそういう家なのって物件でしたし)

(まあ今は住めば都状態)、

ある日私も夫(英国人)も

朝から夜まで仕事で家を空けなくては

ならないことがありました。

 

わが両親は快く留守番を申し出てくれまして、

当然の如くその一日で我が家の壁からは

すべての蜘蛛の巣が取っ払われ

(あとから母に『まさかあの蜘蛛、貴方の

旦那様のペットだったりしなかったでしょうね』

と確認される程度にひどい有様であった)

庭の石畳はブラシでこすられて磨かれ

(石なんて磨いても磨かなくても一緒、と

それまで思っておりましたが違うものですね)

床も窓もピカピカしていて、もちろん

台所には素敵なお食事が準備されていて、

夫と私は素直に小躍りして

この僥倖を喜んでいたところ、

ドアの影から母が顔を出し妙に暗い声で

「ところで二人に言わなくちゃ

いけないことがあるんだけど」

 

その背後から父が真剣な顔をして

「いや、まずNorizoだけに言った方がいい。

夫君に我々が直接告げては

ショックが大きいかもしれない」

 

・・・え?

 

「何の話ですか?」

 

「ちょっとこっち来て。猫のことなの。

確かに夫君にはいきなり言えないわ、

だってあの人、猫が好きなんでしょ」

 

「私だって一応好きなんですけど。

猫が何か馬鹿な真似をして

おふたりにご迷惑でもおかけしましたか」

 

「ううん、私たちはいいんだけど」

 

私と父母はこそこそと家の隅に移動し、

そこで母の目に促された父が沈痛な声音で

「お前の家の猫な。黒猫のほうだ。

あの猫、たぶん病気だ。それもかなり悪い

 

「はっ?サイドスワイプがですか?」

 

「しっ、声が大きい!夫君に聞こえちゃうだろ!

やっぱりお前たちは気付いていなかったんだな・・・

二人とも昼は外に仕事に出かけているからな」

 

「な、何かその・・・吐いたりですとか

悶えたりですとか、異常な症状があったんですか」

 

「今日な、お父さんとお母さんはずっと一日

家の中で仕事をしていただろう。

だから気づいたんだが・・・いいかお前、

あんまりショックを受けるなよ。

こういう時はお前が落ち着いて夫君を

支えてあげなくちゃいけないもんなんだからな」

 

「うん。何があったの」

 

「お前のあの黒猫な・・・駄目だ、

俺からは言えない。

悪いがお母さんから聞いてくれ」

 

父の言葉に母は頷くと(この時点で

私は嫌な汗を相当かいていた)

「いい?お父さんも言ったけど、

ショックを受けすぎちゃ駄目よ。

あのね、貴方達、今日の7時半ごろに

家を出て仕事に向かったでしょ。

それで今、夕方になって帰って来たでしょ。

その間・・・その間、ずっとね、

あの黒猫は眠っていたのよ・・・!」

 

 

「・・・で?」

 

「朝から夕方まで10時間近くを

ずっと寝ていたのよ!たぶんもう

病気が進んで動けなくなっているのよ・・・!」

 

「いや、お母さん。それはね、お母さん」

 

「Norizo、お母さんの言っていることは本当だ。

俺も時々様子を見たが、近寄っても

身動きひとつしないし、ヒゲに触ると

片目を開けて様子を見るがまたすぐ

寝入ってしまうんだ。こんなことを聞いて

お前もすぐには納得できないと思うが、

あの猫はもう・・・まだ若いらしいが

それだけにたぶん病の進行も早く・・・」

 

「いやだからお父さん。ちょっと待って、

二人ともこれ、本気でおっしゃっているのよね?」

 

その後、私は夫の助力を得て

『猫が長い時間寝るのは普通のこと』という

猫世界の常識を両親に伝えたのですが、

二人はなかなか納得してくれませんでした・・・

 

猫のことを知らない皆様へ:

 

猫は寝る生き物です。

 

そして猫が喉を鳴らす音は

機械の作動音に似ています。

 

おかげさまで今も

我が家の猫たちは元気です。

 

よかったよかった。

 

 

『僕の妻は猫が喉を鳴らす音を知らなくて

初めてアレを聞いた時、何かの機械の

作動音か気管支の不具合だと判断した』

 

『僕の義理の両親は猫が良く寝る動物だって

ことを知らなくて、初めて猫が寝続ける様子を見て

死病に憑りつかれたと思って嘆き悲しんだ』

 

この二つは現在

わが夫のパーティーにおける

『爆笑鉄板ジョーク』である模様です

 

咳き込むまで笑い続ける人もいるらしい

 

いやでも猫の『喉を鳴らす音』、

聞いたことがない人は存在すると思うのよ

 

猫のすべてを知り尽くす貴方も

猫のどこを撫でたらいいのか想像できない貴方も

お帰りの前に1クリックを

人気ブログランキングへ

猫の力、ブログの力

テーマ:

わが両親がスコットランドに

遊びに来た際のことに

無理やり話を戻します。

 

わが父(イメージ武将:石田三成)が

風邪にやられて引っくり返った一方、

わが母(イメージ武将:豊臣秀吉)は

なんと猫と友好関係を築き上げ

私と夫(英国人)を驚かせたのでした。

 

いや、わが母は猫が嫌いという

訳ではないんですけど、

前回我が家に遊びに来た時は

「あら、これが例の猫ね?ふーん。

あ、じゃあもう結構ですので

あっちに行ってもらって」

みたいな感じだったんですよ。

 

それが今回は我が家に到着する

前の晩にわざわざ電話で

「猫ちゃんの名前を確認したいんだけど。

黒くて頭のいい方がサイドスワイプで

白黒二色でちょっと抜けているのが

サンストリーカーでいいんだっけ」

 

その後見かけた母のメモ帳には

『サイドスワイプ:黒、りこう

サンストリーカー:白黒、バカ』

と堂々たる筆跡で記されていて

・・・うん、その情報は正しい、

正しいんですけど、でも『バカ』って・・・

 

ともあれ、このたびの訪問において

母は黒猫と目が合うと

「ハーイ、スワイプ君。よしよし」

 

・・・母が猫を撫でる姿

私は生まれて初めて目撃しました・・・

 

最初は警戒の色を見せていた

サイドスワイプ君ですが

そのうち目を細めて

母の手にすり寄るようになり、

以来わが母は視界の隅に

黒猫の姿を認めると

猫の目をまっすぐ見つめながら

両手で八の字を描くようになりまして

(二拍子の指揮を

両手でとる姿をご想像ください)

(映画『羊たちの沈黙』で

レクター博士がこんな動きを

していたような記憶も)、

「えーと、お母様、

その奇妙な動きは何ですか」

 

「サイド君を誘っているのよ、

これは猫の頭を撫でる時の手の動き!」

 

この不可解なハンドサインの意味が

猫には通じていたところが不思議です。

 

 

さてメモ帳に『バカ』まで書かれた

白黒猫サンストリーカー君も

兄弟猫が新しい頭撫で要員

得たことに気付いたのか

そのうちだんだんと

わが母との距離を詰めるように。

 

ある日母を居間に残し

外でせっせと草をむしっていたところ

開いた窓から

間の抜けた悲鳴が聞こえてきました。

 

「お母さん、今のは何」

 

「サンストリーカー君たらひどいのよ!

突然親しげに膝に乗って来たから

頭を撫でてあげていたの。

そしたらあの子、目を閉じて

涎を垂らして嬉しそうに

もっともっとと催促するから、そうね、

お母さん30分位ずっと

あの子のことを撫でていたのよ。

誰か来て写真を撮ってくれないかしらと

思っていたのに誰も来てくれなくて、

まあそれはいいんだけど、でもあの子、

いきなり鼻をふんって鳴らしたかと思うと

お母さんの膝にぎゅーっと爪を立てて

そのまま飛び降りてどこかに行っちゃったの!

数秒前までお腹を見せて引っくり返って

お母さんに撫でられて喜んでいたのに!

猫の爪ってものすごく痛いのね!

何なのあの子、あれはどういう態度なの!」

 

「お母様、ご自分でメモを

取っていらしたじゃないですか。

あの子はちょっとお利口じゃないんです」

 

「でも物には限度があるでしょ!

恩を仇で返すにしても程があるわ!」

 

 

猫と母が仲良くなってくれて

私としては何よりでした。

 

「ところでお母様はずっと

猫に興味がない感じでいらしたのに

どうして今回は2匹と仲良くなろうと

努力してくださっているの。

猫の魅力にとうとう籠絡されましたか」

 

「うーん、そうじゃなくてねえ、ほら、

Norizoのブログを読んでいたら

この2匹に親近感がわいちゃったのよ。

あと本当に書いてあるほど

お利口とバカなのかしらって興味もね

・・・書いてある通りだったわね」

 

当ブログが真実を

お伝えしていたのも何よりです。

 

 

猫も人を見るのか2匹とも

わが父に近寄りはするものの

その膝に乗ろうと

することはありませんでした

 

さて白黒猫サンストリーカーは

黙っていると割と

色男に見える猫なのですが

そんなサニー君をある時

じっと見ていたわが父が

「この猫は死期が近づくと

ふらっとどこかに行くような感じだね」

 

 

・・・どんな感じ?

 

ねえ、それどんな感じっ?

 

まあしかしそれは純粋な

買い被りである気もする今日この頃

 

利口な猫が好きな貴方も

間抜けな猫が好きな貴方も

お帰りの前に1クリックを

人気ブログランキングへ