紫の花のひと

テーマ:
スノードロップ(Snowdrop、
和名:マツユキソウ)花盛りのわが前庭。
 
 
「他の花の芽も色々と出てきているし
やはり地面に茶色以外の色があると
心が明るくなって来るよな」
 
足取り軽い私の隣でわが夫(英国人)も
「春いよいよ近し、という
気持ちになりますよね。
特に今日なんか日が射していると
もう春が来たんじゃないかと
思わず錯覚してしまうような暖かさ
(気温:8度)ですしね」
 
「でも春はまだ先だよな?」
 
「そうですね、春はまだ来ていません」
 
「庭の花が白一色のうちは
まだ春じゃないんだよな、
ラッパスイセンの黄色とか
クロッカスの紫とかが
春の証なんだよな、確か」
 
「その通りです。今はまだ2月、
この時期にスイセンが咲いて
庭に黄色い色が加わったら
それはもう地球温暖化極まれり、
という話になってしまいます」
 
「・・・夫よ、お言葉だが
なんかここに黄色い花があるぞ」
 
 
「・・・まあこれはスイセンではないので
カウント外ということにしませんか」
 
そうしましょう。
 
しかしこの花、
なんていう名前の子なのかしら。
 
記憶をたどると去年もこの時期に
ひっそり花を
つけていたような気もするのですが。
 
「春の花はスイセンかクロッカスだものな。
あれは3月4月に花を咲かせる子達だし」
 
「・・・妻ちゃん、お言葉恐縮ですが
ちょっとあそこを見てください。
あの花、もしかして
クロッカスじゃありませんか」
 
 
「・・・クロッカスだな、これはどうも」
 
地球温暖化の魔手がとうとうわが前庭にも・・・!
 
「これは君が植えたクロッカスですか?
去年の秋に球根をいくつか買っていたでしょ?」
 
「あの球根は全部鉢植えにしたんだよ。
だからこのクロッカスは
この家の前の持ち主さんが植えて行った名残だ」
 
「・・・庭のこっちのほうにまで
クロッカスが植わっていましたっけ?」
 
「土壌が合うってこういうことなのか、
スイセンとクロッカスは年々
数を増やしている印象だぞ。
見ろ、こっちでももう花をつけている」
 
 
根が吝嗇な私に言わせると
花が勝手に増えてくれるなんて
それはとってもお得な事態。
 
これからも春の花諸氏には
ぐんぐんと領地を
広げていってほしい所存であります。
 
 
春が近づいてきている
実感がある今日この頃
 
ああ、そろそろ
芝刈り機の準備もしなくちゃ
 
そしてその次には
雑草との闘いが待っている・・・!
 
園芸とは永久機関ナリ
 
庭仕事がお好きな貴方も
苦手な貴方も
お帰りの前に1クリックを
AD

太陽とスノードロップ

テーマ:
本日は気温が二桁を
記録しそうな
素敵な日和でございました。
 
朝食を終え
夫(英国人)とともに外に出て
ここぞとばかりに
ビタミンD生成に従事。
 
北国の人間にとって
これは死活問題。
 
美白など南国人の贅沢です!
 
日ノ本の国の人には
それがわからんのです!
直射日光を浴びる肌の面積は
広ければ広いほどいい、
しかし先日までは
帽子手袋必須な寒さであったのが
今日は頑張れば
腕まくりも可能なんですから
もう変な笑いが止まらない。
 
まあ頑張りすぎると
逆に風邪を引きそうな不安もあったので
適当なところで切り上げておきましたが。
 
それにしても日光は
すべてを美しく照らし出すもの、
曇りの日や雨の日は
それはそれは陰鬱な
我が家の前庭が
今日は日差しを浴びてきらきら輝き、
スノードロップは
お日様の光も似合うなあ!
 
 
なんと眩しいこの白さ!
 
 
よく見ると倒木の下でも
ひっそりと花を咲かせているこの健気さよ。
 
 
・・・庭に『倒木』が存在する
不条理については
不問に付してくださいませ。
 
風が強いとね、色々あるんですよ!
 
スコットランドはこのまま
暖かくなってくれるのでしょうか、
そろそろバラに剪定を施すべきでしょうか、
でもここは4月くらいに
突然霜が降りるしなあ・・・
 
ただそんなことを心配していたら
いつまで経っても
『春の園芸作業』を
開始できないしなあ・・・
 
そんな悩みも少し嬉しい、
春の陽気は偉大なのです。
 
 
一昨年の秋に球根を植えた
今年もどうやら芽が出てきました
 
 
隣人の言葉を信じれば
ここらではチューリップは
多年草扱いとのこと
 
去年と同じく色とりどりの
花を咲かせてくれるのか
2年間は花が小ぶりになったり
色が褪せたりするものなのか
 
楽しみに結果を待ちたいと思います
 
春の陽気に浮かれる貴方も
体調を崩しそうな貴方も
お帰りの前に1クリックを
 
AD

花には雪がよく似合う

テーマ:
だんだんと明るく
(16時過ぎでも外が明るい嬉しさよ)
そして暖かくなってきている
(路面凍結の頻度が低い2月です)
昨今のスコットランド。
 
このまま春に突入することを
切に望む私ですが
まあたまには雪の日もございます。
 
しかし北国の常識として
『雪の日は寒さがそれほど厳しくない』
というものがございまして、
ほら、雪が降る日は湿度が下がるので
体にまとわりつく冷気は控えめになるという。
 
我が家の庭においては
この季節の雪は
スノードロップ(Snowdrop、
和名:マツユキソウ)の上に
降り積もることになり
これはこれでまた風情があり。
 
 
棋士には月下の光がよく似合うように
スノードロップには雪花の春がよく見合う。
 
 
それにしても春の花は
案外雪に強いものです。
 
霜には弱いんですけどね。
 
多少雪が積もっても
日が経って地肌が再び露わになると
そのたびに緑の芽は
勢いを増しているという。
 
 
自然の摂理は
良くできているのでございます。
 
 
・・・私の写真の腕の
問題なのかもしれませんが
スノードロップっで何か
ニョロニョロに似ていますよね
 
 
こう白く静かに発光している感じが
 
今年は花が終わったころに
種をほり返し植え直してみる予定
 
(注:スノードロップは球根植物、
種など掘り返すことはできません)
(花の後に種がつくことはありますが)
(コメント欄でのご指摘ありがとうございました)
 
そうすると花がもっと増え
見栄えがするようになるのだそうな
 
まあそれは楽しみ
の1クリックを
 
AD
そんなわけで現在毎日真面目に
複数のお薬をのんでいる私ですが
メインの薬の潜在的副作用の一つが
『体重の増加・もしくは減少』、
これはいったいどういうことなのかと。
 
薬を服用することで太りがちになるなら
食事に気を付けてカロリーを控えたいし
逆に薬のせいでやつれていく可能性があるなら
滋養のある食べ物を意識して
食べていきたいところだし、まあ今のところ
目立った体型の変化はありません。
 
これ即ち副作用が
あまり出ていないということで
私としては一安心でございます。
 
 
そんなある日、夫(英国人)と一緒に
夕食後に紅茶を飲んだところ
何というか味がいつもと微妙に違う。
 
「・・・夫よ、最近我々は
紅茶の葉を変えたか?」
 
「いえ、いつもの茶葉ですよ?」
 
「でも何かこう独特の香りがしないか?
ちょっと植物っぽい・・・ハーブ茶のような・・・」
 
「いつもと同じ味だと僕は思いますが
・・・君、大丈夫ですか?」
 
うん、私も自分が大丈夫か
ちょっと不安になってきた・・・
 
いえ、私が近頃せっせせっせとのんでいる
錠剤の一つが鉄剤なんですが
鉄分って味覚に影響するというじゃないですか。
 
いや、待てよ、確か鉄分が不足していると
味覚がおかしくなって、そこでちゃんと
鉄分を摂るようになると
味覚は回復するという話、ということは
「今までの私の味覚が変だったということか?
そのおかしさを今日やっと自覚できたという話か?
素直に言ってくれ、最近の私の料理、
どうだった?塩辛すぎたりしていない?」
 
「いつも通りですよ、大丈夫ですよ!」
 
「可能性としては結婚当初からずっと
私の味覚が変であったということも考えられる
・・・そうなると君の味覚だって変調を
きたしているだろうし、どうしたもんだ、これ」
 
悩みながらその日は就寝、翌朝
いつものように早起きをした夫が
枕元に紅茶をいれて持ってきてくれまして
ヨロヨロと起き上がった私はカップに口をつけ
・・・うん、やはり紅茶の味が違う。
 
これはお医者に相談しないと駄目かしら、と
カップを片手に寝室からよろめき出たところ
その姿を見た夫が驚いたように
「あれ!紅茶、飲んだんですか?」
 
「何だその朝の挨拶は。
まずは『おはようございます』じゃないのか」
 
「いや、君、起きたんですか。なんかとても
眠そうだったから君はあと1時間くらい
起きないものかと・・・で、その紅茶、
飲んだんですか?味はどうでしたか?」
 
「うん、やっぱりいつもと違う。
私の舌はおかしくなったのかなあ」
 
「いえ、あのね、君の味覚は正常です。
実はさっき気が付いたんですけど、
これ、茶葉じゃなくて牛乳がですね、
その・・・紅茶に入れている牛乳の
消費期限が結構だったんです」
 
「・・・はい?」
 
「牛乳が腐っていたみたいなんですよ。
だからそう考えると君の味覚は鋭敏ですね、
昨日の時点で異変に気が付いていたんですから。
僕は今朝のお茶の時間まで気付きませんでした」
 
「いや、そうじゃなくてだな、君もまた何故私に
腐れ牛乳入りの紅茶を持ってきてくれたんだ」
 
「あの時点では気付かなかったんです。
それに君、深く寝入っていたみたいでしたし
起きるには時間がかかるだろう、と思って・・・
で、その腐った牛乳入りの紅茶、
飲んじゃったんですか?大丈夫ですか?」
 
その後時間が経過しても大丈夫であった
己の消化器官に感謝しきりな私です。
 
皆様も腐敗牛乳にはお気をつけて。
 
 
件の牛乳、なんというか
『腐りたて』であったためか
そこまで悪い味はしなかったんですよね
 
分離もしていなかったし
 
でもゴクゴク飲みたい味ではなかったですね
 
己の味覚に自信のある貴方も
ちょっと自信のない貴方も
お帰りの前に1クリックを
 

ガチョウたまご速報2017

テーマ:
ニワトリ・ガチョウの家禽ネタは
年末から英国を席巻している
鳥インフルエンザ禍が終息してから、
と考えている私ですが
とりあえず一つだけご報告を。
 
我が家の雄ガチョウ『兄君』と
ペアというかトリオになっている
雌ガチョウ『里子姉妹』の2羽のうち
1羽が本年の初たまごを出産しました。
 
よかったよかった!
 
出産日というか産卵日は2月15日。
 
先週あたりから
兄君の気性が普段に輪をかけて
荒くなってきていたので
そろそろかな、とは思っていたのですが
・・・週末のうちに巣材となる
ワラを追加供給しておいでよかった、
と胸をなでおろした私に
たまごを発見した夫(英国人)いわく
「でも今年の彼らはワラではなく
落ち葉を使って巣を作った様子ですよ」
 
え?
 
落ち葉を使って?
 
それはどんな巣?
 
当ブログをご覧の皆様とともに
その驚きを共有したい、と
カメラ片手に庭に出た私でしたが
ガチョウ小屋から10メートルほどの
距離に近づいたところで
兄君ガチョウが私の姿に気付き
・・・すみません、私は写真より
己の命とか身の安全とか
怪我のない暮らしとかが大事な人間なんです。
 
何かしら、今時の言葉だと
ガチギレ・・・とでもいうのかしら、
犬養毅暗殺犯だって
もう少し話が通じたと私は思うの。
 
巣の写真を撮るには
ガチョウ小屋に入らないといけないんですけど
あそこまで完全な戦闘態勢に入った雄ガチョウとは
何があろうと私は密室で対峙したくない。
 
捨て身のガチョウは怖いのよ、
噛むし、噛んだらひねりを利かせるし、
翼で殴られたら痣になるしね。
 
夫は先日某雄ガチョウに
喉笛に食いつかれ出血しました。
 
このお話の詳細は
鳥インフルエンザ終息後に
詳しくお伝えいたします。
 
前に撮ったガチョウ写真でお茶を濁す作戦
 
本年のガチョウたまご豊作を
祈念しつつ本日の記事をまとめたく。
 
それでは皆様また明日。
 
 
兄君ガチョウは普段から人間に対し
「おう、俺は組をしきる立場だから
とりあえずお前の手は噛んでおくぜ」
みたいな態度の男ではあるのですが
そこにはお芝居もしくは冗談の余裕があった
 
噛むと言っても甘噛みというか
つつく真似、みたいな感じで
場を収めてくれていたし
 
今はね、もうね、突撃体勢で
「キイーイーエエエエエー!」
と完全に息の根を止めに来ている
 
・・・なんか物騒な言葉の並ぶ記事ですみません
 
金正男氏暗殺ニュースの影響でしょうか
 
色々驚いたんですけど一番驚いたのは
そのニュースが入った翌日の
某高級誌『テレグラフ』の1コマ漫画
(2月15日付の『MATT』)
 
車の後部座席で喧嘩をする
幼い兄弟に運転席の母親が一言
「兄弟を殺したいならまず
北朝鮮の指導者にならなくちゃ」
 
・・・これ、日本の新聞が載せたら
大問題間違いなしと
思うんですがどうですか
 
そういえば皆大好き
『ビッグバン・セオリー』でも
時々いきなり
北朝鮮ネタが出てきて
私は驚いたものでした
北朝鮮情勢から目が離せない貴方も
落ち葉を使ったガチョウの巣が気になる貴方も
お帰りの前に1クリックを