サウンド・パズル sound puzzle;December snow

私が活動するプログレッシブ・ロックバンドscope(スコープ)の紹介や、すばらしい各国の音楽(演奏者側の観点からも)アート・映画等を気軽に書込みできるブログで紹介します。

japanese progressive rock band S C O P E 寺沢裕久 terasawa hirohisa


テーマ:
イタリア・メローレコードより、私達scopeのアルバム『サクリファイス』(販売元マーキー・ベルアンティーク)『資本主義の風景』を聴きトリビュート・アルバム参加の依頼があったのは、昨年の2月、早々にメンバーであるキーボード奏者/田中氏が譜面を制作し、当日アレンジなどの打ち合わせ後、リハなしの、録音というscopeお決まりの強行スタイルでそのままスタジオに入り、6時間で各パートを録り終えたのが2004年の7月である。イタリアのレコード会社は、スローペースだと聞いていたのだが、今年早々、ムーディ・ブルース専門誌のサイトに紹介されたのには驚いた。日本の販売元は今のところ未定ですが、おそらくマーキーになると思います。最新盤(2003)から選曲したのは、現役バンドである彼らへの敬意からです。

日本のファンのみなさん、ムーディ・ブルースを盛り上げましょう~
来日を願って


以下が参加バンドです。
Moodies tribute box set en route.? Mellow Records will soon release Higher and Higher - A Tribute to The Moody Blues, a three-CD box set. The material, as covered by over two dozen rock and alternative artists from around the world, spans the band's catalog, from Justin's 1966 solo track "London is Behind Me" to 2003's "December Snow." The track listing is as follows:

CD ONE
RYAN GUIDRY (USA) - London is behind me 2'58"
MIKROMIDAS (NORWAY) - Go Now 6'16"
IN THE LABYRINTH (SWEDEN) - Cities 5'45"
HAMADRYAD (CANADA)- Dawn is a feeling 3'33"
YOLK (SWITZERLAND) - Peak Hour 6'24"
SONIC PULSAR (PORTUGAL) - The sun set 3'17"
CINNAMONIA (GERMANY) - Twilight time 3'44"
GAP PARTY (ITALY) - Nights in white satin 4'22"
QUARKSPACE (USA) - Legend of a mind 8'59"
FAVERAVOLA (ITALY) - Voices in the sky 4'10"
JEFF BRAGG (USA) - The best way to travel 3'25"
MYSTERY (CANADA) - Visions of Paradise 4'45"
FLOATING STATE (ITALY) - The actor 8'00"
EXTREME REACTION FORCE (CANADA) - Lovely to see you 4'19"

CD TWO
ALGEBRA (ITALY) - Dear Diary 3'04"
ROUSSEAU (GERMANY) - Never comes the day 5'18"
INES TREMIS (ITALY) - Lazy day 3'12"
DARKSTAR (SWEDEN) - The Dream 5'01"
GOAD (ITALY) - Have you heard / The voyage 8'55"
STEVE TASSLER (USA) - I never thought I'd live to be a hundred / Watching and waiting 7'44"
MARCO MASONI (ITALY) - Out and in 3'52"
CONQUEROR (ITALY) - Question 4'39"
AKACIA (USA) - And the tide rushes in 5'45"
SARAX (CHILE) - Tortoise and the hare 3'27"
FANTASYY FACTORYY - It's up to you - 4'34"
TANTRA (PORTUGAL) - Melancholy Man 7'36"
SPIRITS BURNING (USA) - The story in your eyes 4'13"
FARPOINT (USA) - New Horizons 6'29"

CD THREE
AJALON (USA) - You and Me 4'38"
THE YLECLIPSE (ITALY) - I'm just a singer (in a rock'n'roll band)
7'27"
CHURCH OF HEAD (USA) - Steppin' in a slide zone 4'56"
ELEGANT SEMPLICITY (UK) - Driftwood 5'20"
UBI MAIOR (ITALY) - Veteran Cosmic Rocker 3'53"
TIRED TREE (SWEDEN) - Blue World 4'48"
THE ROB STAR NOESIS (USA) - I know you're out there somewhere 3'27"
FLAMBOROUGH HEAD (THE NEDERLAND) - Bless the Wings 6'30"
ROZ VITALIS (RUSSIA) - Words you say 6'48"
SCOPE (JAPAN) - December snow 4'57"

ムーディー・ブルース専門誌のサイトhttp://www.moodies-magazine.com/moody_news.htm

スコープのオフィシャルサイトhttp://www.hibiki-web.co.jp/scope
AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:
2004 CREUZA DE MA
ジャケットみて、ピ~ンときた、亡きデ・アンドレの名盤を、再演しているアルバム。共同プロデュースのパガーニが人生の分岐点でもあった、アルバムを再レコし、感謝を・・友人としての思いを・・天国のデ・アンドレへプレゼントしているかのようである。
聴き比べるのも面白いが、別物のアルバムと位置づけしたいものだ。
24BITのアンドレのCREUZA DE MAも懐かしく購入したが(笑)なんと日本円にして900円。アンドレのCDジャケの空の美しさが当時の私には感動もので、scopeのセカンドアルバムのジャケット(資本主義の風景)のイメージも実はCREUZA DE MAからの引用である。
それだけに、このアルバムは、私にとって特別なアルバムである。
次回のscopeのライブではSIDUNを披露しようかとも思う。


収録曲
01)AL FAJR
02)CREUZA DE M?
03)JAMIN-A
04)SIDUN
05)SINヒN CAPUDヒN PASCIヒ
06)´A PITTIMA
07)QUANTAS SABEDES
08)A DUMENEGA
09)D? ME RIVA
10)MエU MエUN
11)NEUTTE

参加メンバー
EMIL ZHRIAN
MOUNA AMANI
ANDREA PARODI
EROS CRISTIANI
JOE DAMIANI
MAX GABANIZZA
GIORGIO CORDINI
GAVINO MURGIA
ARNALDO VACCA




前回の作品 ~domani~
2003年8月、断愚流通信から~

PASSA LA BELLEZZAから12年ぶりのMAURO PAGANI の新作DOMANIが届いた(サウンドトラックとしては97年にNIRVANA)。
期待と不安の中、アルバムを眺めながら、針を落とす?スイッチをON。一曲目からタイトル曲となるDOMANI。正直最初は、ズッケロがゲストかとも思ってしまった。美しいバラード調の曲である。
ハスキーボイスが功をなしすばらしいの一言。バックを支えるオーケストレーション(ストリングス)が心地いい。ときどき顔を出すパーカッションは絶妙である。アルバム全体の印象は、音楽アプローチを聞くと、あれBATTIATO~誰かににてる?なんて感じるところがいくつかあるが、PAGANIの楽器と化した声がすべてを打ち消してしまう魅力を感じる。
使用楽器は、地中海(1stソロ)~からお決まりのブズーキ、当然フルート。しかし、なんと全曲バイオリンを弾いていません。ショック・驚き。又、顔の広さから、見事なゲストの数。ボーカルに専念した様に聞こえるこのアルバム、実はPAGANIの本来の姿なのかも。
ヨーロッパ文化の中のクラシックの流れからいくと、楽器は声を支えるものであり声そのものが神なのである(いいすぎか?)。
このアルバムこそ、パガーニの求めていた姿なのだ。PFM時代のボーカルパートとは、 ぜんぜん違う。若いころは、焼肉が一番だったが、今は、焼き魚が好きだと言わんばかりのアルバム。ちなみに、現PFMとの接点を多く感じるのだが…。
曲順は、パガーニ本人によるものと、思うのだが、イタリア人がフランス料理をこよなく愛し、前菜が勝負と言わんばかりの曲順である。中間部でメインディッシュとなり、最高のデザートでシメとする。当然メインディッシュは、魚(地中海1stは肉だった)。
新譜でありながら、なかなか手に入らないアルバムであるが是非とも聞いてほしい。次期PFMには、パガーニの姿を期待していたが、是非ともソロで、きてほしい。

01/DOMANI(シンプルな美しいバラード)
02/PER SEMPRE(ミドルテンポの曲、ユッスンドール・現ピーガブを思わせる)
03/PAROLE A CASO(美しいバラード)
04/THE BIG NOTHING(スローテンポの曲)
05/FRONTE FREDDO(スローテンポの曲・現ピーガブを思わせる)
06/NESSUNO(地中海音楽)
07/FINE FEBBRAIO(スローテンポの曲・ジャズ的アプローチ)
08/SARA' VERO(地中海音楽・BATTIATOっぽい)
※一曲目は、普通これでしょうって感じ。
09/ALIBUMAYE'(バラード)
10/GLI OCCHI GRANDI(ギターのよる弾き語り・アルペジ部分は、out of a roundabout)
11/QUIERO(ラテン調の曲・スローテンポの曲)
12/PSYCHO P.(打ち込み主体の曲・BATTIATOっぽい)
13/DING DING(弾き語り)


ゲスト
ELE VALDES/voce
LIEN DIAZ/voce
RAIZ/voce
CARLOS ALFONSO/voce,basso
EQUIS ALFONSO/voce,tastiere
MORGAN/voce,pianoforte,tastiere
LUCIANO LIGABUE/voce,chitarra acustica
ANGELA BAGGI/backing vocals
MAX GABANIZZA/basso
FLAVIO ZANON/basso
ERMANNO CARTA'/basso
ASH/basso
JOE DAMIANI/batteria
LUCA SCARPA/pianoforte
EDOARDO DE ANGLIS ENSEMBRE archi
ONEY CUMBA'/percussioni
EUGENIO DORIA/batteria
JOSE' LUIS ALMARALES/chitarre
ESTEBAN PUEBLA/tastiere
MAX COSTA/ed.loops,sounds,programming
MOHSSEN KASSIROSAFAR/daf e zarb
VITTORIO COSMA/hammond, wurlitzer
MARCO BRIOSCHI/tromba
GIORGIO CORDINI/chitarra
MAURO DI DOMENICO/chitarra classica


寺澤裕久

断愚流通信サイト紹介
http://synzembi.net/
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
PFM + MAURO PAGANI
ミラノのCD ショップで、偶然にも、PFM +MAURO PAGANIとMAURO PAGANIの新譜を購入。あれ~MAURO PAGANIのアルバムは、2004年のアルバム?びっくりです。12年ぶりにdomaniがでたこともあり、個人的には、そんなに早く出るなんて~情報ぶそくでした。
まずは、PFM + MAURO PAGANI の内容は、紙ジャケの二枚組。
CD12曲、DVD15曲
収録曲は、初期作品、当然、パガーニのことを考えるとこの様な選曲になるわけだが・・イタリアへ行くたびに14時間ものつらい飛行を経験した学習から、ちょっと物足りないが、i-bookを買い、イタリアへ、おかげで、すぐ映像をみることができた。涙ものである、黄金期だ~ハンスを歌うパガーニは、あのモノクロビデオがよみがえり、よい年の取りかたをしてるな~と感心してしまった。97年のウリッセの内ジャケの写真も渋かった。
ゴーストで弾くパガーニのバイオリンは、個性ある音で、録音技術の向上は、ほんと演奏家を想像以上に活気だてるものだ。うれしいことに、ファブリがバイオリンでも参加。いまのPFM は、こうでなきゃね~ダブルバイオリン・カルテットと見せ場は、てんこもり。プレモリのアコーディオン姿が、映像にはないのが残念だが・・Come Ti Vaをベースとの掛け合いで歌うチョッチョがうれしい。
収録曲は以下の通りです。

01】RAIN BIRTH
02】RIVER OF LIFE
03】PHOTOS OF GHOSTS
04】LA CARROZZA DI HANS
05】LA LUNA NUOVA (FOUR HOLES IN THE GROUND)
06】UN GIUDICE
07】MR 9 TILL 5
08】SIENA VIOLIN JAM
09】ROSSINI'S WILLIAM TELL OVERTURE
10】E' FESTA (CELEBRATION)
11】SE LE BRESCION
12】E' FESTA (CELEBRATION) REPRISE
DVD(映像)
01】RAIN BIRTH
02】RIVER OF LIFE
03】PHOTOS OF GHOSTS
04】LA CARROZZA DI HANS
05】LA LUNA NUOVA (FOUR HOLES IN THE GROUND)
06】SI PUO' FARE
07】SIENA ROCK JAM
08】SI PUO' FARE
09】PROMENADE THE PUZZLE
10】MR 9 TILL 5
11】SIENA VIOLIN JAM
12】ROSSINI'S WILLIAM TELL OVERTURE
13】E' FESTA (CELEBRATION)
14】SE LE BRESCION
15】E' FESTA (CELEBRATION) REPRISE

参加メンバー
FRANZ DI CIOCCIO
PATRICK DJIVAS
FRANCO MUSSIDA
FLAVIO PREMOLI
MAURO PAGANI
PIERO PELU'
LUCIO FABRI
ROBERTO GUALDI
QUARTETTO SOLIS
etc
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨年poohのすばらしい新譜やそのDVDが発売になり、いい年でしたよね。
ちょうど、ベネチアでライブがありました。シンプルなデザインのポスターですが、緑の色がすごく景色になじみ、思わず写真を・・・・
現役バンドとしては、イタリアメジャーどころとして、PFM やBANKOなどがありますが、POOHがこんなに人気があり、PFMよりメジャーだとは、おどろきました。http://www.pooh.it/index.html
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。