内なる宇宙〈上〉 (創元SF文庫)/ジェイムズ・P. ホーガン

¥882
Amazon.co.jp

星を継ぐもの
 ↓
ガニメデの優しい巨人
 ↓
巨人たちの星

ジェイムズ・P・ホーガンの

巨人シリーズ三部作は、終了したと思ったのですが

続編がありました。

舞台は、地球人の祖先の方割れがいる

惑星ジェヴレン

ハント博士とダンチェッカー教授のコンビも健在です。


今回の話は

止められたはずの電子頭脳ジェヴェツクスにまつわる話で

タイトルの通り、インナースペースの話です。


今までとはちょっと毛色が違いますが

十分に楽しめます。

ちょっと長いですが

この夏にどうぞ!
土井徹先生の診療事件簿/五十嵐 貴久

¥1,470
Amazon.co.jp

表紙が「謎解きはディナーのあとで」に似ていたので

関連があるのかと思って読んだ本です。

結局関係はありませんでした。


タイトルにある土井徹先生は獣医さんで

「動物の言葉が分かるかも?」という設定で

主人公の警察副所長の女の子の

事件の相談に対して

先生が謎(といっても動物がらみですが)を解決するという話です。


さくさくと読める本でしたが

逆に何も残らない内容でした。

おもしろくないわけではありません。

でも、体のどこにも

何も残していきませんでした。


ためにはそんな本もいいでしょう。





GATTACA

テーマ:
ガタカ [Blu-ray]/ジュード・ロウ,ユマ・サーマン,イーサン・ホーク

¥2,500
Amazon.co.jp

久々に映画ネタです。


といってもブログを見ていてくれた人なら

前もかいてただろっとつっこんでくれるほど

このブログを見てくれている人は少ないでしょうけど・・・


SFはSFなんですけど

ロケットで宇宙に行くのに

スーツで行くような

今までのSFとはまったく違う切り口の映画です。



なぜまた見たかというと

それはブルーレイだったからであり

この映画ほど

高画質で見た方がいいものはないかもしれません(自称)



DNAで差別される世の中で

DNAとして短い寿命も予測されている

「不適正者」の主人公が

「適正者」でありながら、

事故で夢を実現できない男の力を借りて

宇宙へ旅立とうとするお話。



話は、淡々としていますが

そこに、登場する一人ひとりが

とてもいい味を出しています。


何度でも観たい映画です。
僕たちのミシシッピ・リバー―季節風 夏/重松 清

¥1,500
Amazon.co.jp

重松清の短編集、季節風 春につづいて夏です。


当たり前ですが

春より夏らしく

なので、それほど死のテーマも強くなく

そして懐かしい・・・

中で一番印象に残っているのは

父親の死を前に

夏休みの宿題を一緒に作る話

「タカシ丸」かな。


その話が心に残ったのも

父が亡くなった年齢にどんどん近付いて

いるからでしょうか?



無駄な時間は使いたくないですね。


もっといい本と出合いたい


もっといい人と出合いたい



インザプール(27冊目)

テーマ:
イン・ザ・プール (文春文庫)/奥田 英朗

¥530
Amazon.co.jp

石原軍団の一人が主演したドラマの

原作です。

突き抜けた精神科医が

病気を病気と認識していないような患者を

めちゃくちゃな方法で治療していくという話ですが


めちゃくちゃで読みづらいかと思いきや

結構、ぐいぐい入り込み

読みやすいかもしれません。

ただ、ドラマを見た(予告編だけですが)せいで

そのキャラクターが思い浮かんでしまうのが

ちょっと残念(自分のせいですが)でした。

イン・ザ・プール [DVD]/松尾スズキ,オダギリジョー,田辺誠一

¥2,625
Amazon.co.jp

遠足型消費の時代(26冊目)

テーマ:
遠足型消費の時代 なぜ妻はコストコに行きたがるのか? (朝日新書)/中沢明子

¥777
Amazon.co.jp


コストコに引かれて読んだ本です。

IKEAなんかもキーワードに入っていて

最近のトレンドを遠足型消費という言葉につなげて書かれていますが

正直、内容の無い本だった気がします。

読み終わった後何も残りませんでした。

それより

日経トレンディやダイム、monoqloや

この本にも書いてあったマートなんかを読んで

街を歩いたほうがいいような


そんな本でした。

MONOQLO (モノクロ) 2011年 05月号 [雑誌]/著者不明

¥680
Amazon.co.jp

巨人たちの星(25冊目)

テーマ:
巨人たちの星 (創元SF文庫 (663-3))/ジェイムズ・P・ホーガン

¥987
Amazon.co.jp


巨人の星ではありません。

星を継ぐもの、ガニメデの優しい巨人につぐ

続編三作目です。

この作品で

前2作のいろいろな謎が一気にとけます。

また、前2作と違って

サスペンスタッチのところもあり

結構

どきどき読むことができました。


この作品は

内なる宇宙につづくようです。






巨人の星(1) (講談社漫画文庫)/川崎 のぼる

¥651
Amazon.co.jp

千歳空港近く

千歳アウトレットモール レラに行ってきました。

レラ内にはラーメン博物館があり

といっても展示があるわけではなく

ラーメン店の集合体があります。

現在は

ラーメン桜島
らあめん がんてつ
らーめん処 味一番つばさ
北の麺物語 おおくら山

そして今回行った

らー麺 たかきゅう があります。

私は人気ナンバー2の醤油を食べました。

$ちねちった

ちょうど「ましまし」無料をやっていて

写真はもやしましです。

でも「まし?」という量でした。

チャーシューも三枚、ワンタンも入っています。

味玉も入ってます。

しかし、味に奥行きがない感じがしました。

まずくはないですよ。

うまい方だと思いますよ。


もう少し・・・



住所:北海道千歳市柏台南1丁目2-1
電話:0123-42-3000
営業時間: 10:00開店 19:00閉店
マイノリティ・リポート―ディック作品集 (ハヤカワ文庫SF)/フィリップ・K. ディック

¥672
Amazon.co.jp

このペースだと年間50冊だなぁ・・・


タイトルは「マイノリティ・リポート」で

トム・クルーズ主演の映画の小説版のようですが

実際は「フィリップ・K. ディック」の作品集で

映画マイノリティ・リポートの元となった短編の他に

トータル・リコールの元となった

「追憶売ります」も収録されているので

結構お得です。

短編なので結構楽に読めるライトSFですが

?という作品も中にはあります。




マイノリティ・リポート 特別編 [DVD]/トム・クルーズ,コリン・ファレル,サマンサ・モートン

¥3,465
Amazon.co.jp