首都圏生きものめぐり ~K.Nakamuraの生物・景観ブログ~

 ビル群の並ぶ首都圏にも、草木が生え、生きものの暮らす環境は確かに存在します。
 ここでは、独身編集者K.Nakamuraが直接足を運んだ
 身近な緑地・公園などで出会った「いのち」について
 各スポットの景観美も交えてお伝えいたします。


テーマ:


錦織の試合を長時間視ていて疲弊したため、気力が抜けているのですが(汗)
朝は忙しくなりそうなので今日の内に更新しちゃいます。
(それでなくても昨日・今日と遠出したので、ダメダメである)

冬場は水辺に行けば常に何かしらカモ類が現れ、地雷を踏むことはないのですが、
この日行ったこども自然公園(大池公園)は池が広い割にカモの飛来が少なく、
変わりに小鳥の撮影に適した稀有なスポット。
実際、ミヤマホオジロやルリビタキなどにも何度か出会っていますし
上空には高確率で猛禽類が現れます。






年始の休み明けの土日ということもあってか、
正月イベントを開催していました(三が日に開催しても集客が難しいからか?)。
ちょうど小腹が空いたので、のり餅をひとつ購入。100円でした。






……今、眠い目をこすりながらコレ書いています。
コイツに突っついてもらったら起きれるかもしれませんが
木に穴を開けられるのですから軽く流血沙汰になるでしょう……。





 
バードウォッチャーがよく現れる中池に移動。
この日はスズガモが数羽見られましたが、キンクロハジロがいません。
もう飛んでいってしまったのか、隠れていて見えなかっただけなのか、
はたまたやっぱりスズガモをキンクロと誤認していたのか……(弱気)。






池の周りをぶらぶらしていたら、ポケGOでとんでもないものがヒット!
ハイパーボール+ズリの実のコンボでしっかり1発で捕獲しました。






カイリュー捕獲の興奮も冷め遣らぬまま、湿地帯へ。
確かここは本来深いヨシ原だったはずですが、大々的に刈り取った模様。
まあ、頃合を見てヨシを刈るというのは珍しい話ではありません。
渡良瀬は毎年大規模な野焼きをしますし、境川でも広域で草刈りをしていました。






この手の湿地帯には草木の種や小昆虫・小動物などの鳥の獲物が多いため
頻繁に野鳥が現れ、且つ見通しがいいので観察・撮影にはピッタリです。
写真はおなじみのシロハラ。ここではごく普通に見られます。






そんな中、ツグミ大の鳥影が森の中から現れ、対岸の木に。
後ろ向きで見えにくいですね。ちょっとポジションを変えましょうか。






ポジションを変えても見えにくかったため、少し待っていたのですが
間に太い枝が入って邪魔なことこの上なく。
「これが枝かぶりです」という見本のような写真ですね(呪)

そんなこんなで暫くやきもきさせられましたが
待つこと約5分。ようやく木から降りて見通しのよい場所に移動してくれました。








かなり距離があり、かつ一瞬のことだったので写りは満足ではありませんが
どうにか全身画像を押さえることができました。
トラツグミという、その名の通りツグミの仲間で本ブログでは新顔。
今年2種目の新顔ですね。

遭遇率 … 2

インパクト … 4

美しさ … 3

俊敏性 … 4


イソヒヨドリの♀を全体的に黄土色にしたような配色で
枯れ草や土に紛れやすく、数も多くはないので少々会いにくい鳥です。
舞岡などをはじめ方々の公園で記録は残っているようですが
私は初対面ですし、バードウォッチャーにとっても撮れたらかなり嬉しい種だとか。

ただ、配色だけを見ると縦縞が基本のトラとは大分かけ離れており
むしろヒョウの方が近いような印象を受けます。
ちなみに大阪の方が出やすいとかの特徴はありません。一応念のため。







再び大池に移動。この辺も草を刈って湿った地表が露になっています。
舞岡公園のタシギ、境川のバンなどはこうした環境が大好き。
何かいないかと覗いてみると、もぞもぞと動くものが……。↓








おお、これはなかなかの収穫。クイナが現れましたよ。
こども自然公園では以前にも遭遇したことがありましたが、
あの時はすぐ茂みに逃げ込まれてしまったため、満足に撮れず……。

この個体は少々警戒心が薄かったのか、
結構な近距離でこちらに気づいていたはずにも関わらず、
全然逃げずに食事に夢中になっていました。
クイナは本来気が弱く人前に出ないとよく図鑑に書かれているんですが(汗)。








クチバシが泥で汚れていますが、これは地面に突っ込んでいたためです。
クイナの食事はタシギなどと同じく、長いクチバシを土に刺しミミズ等を探すというもの。
こうした食事スタイルをとる鳥にとっては、
草を刈り込んで歩きやすくなっていた方が有利といえるでしょう。






10分以上開けた場所をウロウロした末に藪の中に消えていきました。
その際も動きは至極ゆったりしたもので、逃げるようなものではなく、
撮っているこちらもほぼ緊張感なく撮影することができました。
クイナ相手でこんなのんびりできたのは多分初めてじゃないかと……。
(警戒させないよう、こちらも緊張でガチガチになりやすいため)








クイナが去って暫くした後、遥か上空にオオタカが現れました。
(間があったため、クイナはこれを恐れて隠れたわけではないようです)
逆光かつ遠距離だったのでこれが限界でしたが、どうやら若鳥の模様。

日中の公園には人が多いため、下りてくるのはなかなか難しいようです。
バードサンクチュアリもありますが、見通しがあまり良くないため
地上の獲物を襲うには不向きな面もあります。
公園近くに田んぼやゴルフ場がありますので、あちらが狩場なのかも?









そうそう、皆さんコレご存知ですか?
再来月の3月下旬から6月にかけて、横浜で緑化フェアが開催されます。
メイン会場はみなと未来21周辺と、ズーラシア前の特設エリア。
会期中は仕事・プライベート双方で足を運ぶことになるはずです。

また、舞岡公園寺家ふるさと村三溪園がパートナー会場となっており
何かしらのイベント(?)がある模様。そちらもチェックしておきたいところです。

……さて、疲れました(汗)
多分錦織が勝っていても私はグダグダだったんじゃないかと(汗)。
明日も早いし、遠方で打ち合わせがあるのでそろそろ失礼いたします。
ゆっくり寝ましょう……zzzzz




【今日のカワセミ君】

厳密にいうとこれはメス。いつもと同じく中池に現れました。
人の立ち入れない池の中島を足場とし、何度もダイブを繰り返していました。



【1/9 こども自然公園で撮影した生きもの】
鳥類・・・オオタカ、ガビチョウ、カルガモ、カワセミ、キジバト、キセキレイ、クイナ、コゲラ、シジュウカラ、シメ、シロハラ、スズガモ、ツグミ、トラツグミ、ヒヨドリ、メジロ
昆虫類・・・タイワンリス


【1/9 こども自然公園で捕獲したポケモン】

イーブイ・・・6
イシツブテ・・・1
オニスズメ・・・1
カイリュー・・・1
クラブ・・・1
コイキング・・・2
コダック・・・1
コラッタ・・・2
コンパン・・・1
タマタマ・・・2
トサキント・・・1
ニドラン♂・・・7
ニドラン♀・・・1
ニャース・・・12
ニョロモ・・・1
ピッピ・・・2
フシギダネ・・・1
ポッポ・・・5
ヤドン・・・2
※起動時間・・・1時間45分

≪総括≫
この時はニャースの巣となっていたらしく、行く先々でヒット。
その気になれば30匹確保も可能だったのでしょうが、ストップの数が少なく、
加えて鳥の出現率が高く集中力を要したので、割と落ち着いた成績になりました。
何と言っても収穫はカイリューでしたが、残念ながらBPこそ2000超えだったものの
技の組合せがよろしくなく、既に2体カイリューを持っていたので博士送りに(汗)。
ちなみに今のデータでやり直してから野生のカイリューが引っかかったのは
これで3回目。そんな中、依然としてラプラスとポリゴンは見つかりません……。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:


この年末年始には珍しくが降ったあの日、
どうせ遠方に出かけても成果はないだろうと踏んでいたので
初詣がてら鎌倉までぶらりと遊びに行ってきました。
この時はまだ降り始めということもありますが、さすが正月の鎌倉。
悪天候で三が日などとうに過ぎたというのに、人があふれていました。





八幡宮についた頃には本降りに。それでも混んでいますね。
ちなみに写真だと、本殿までずっと初詣客が並んでいるように見えるかもしれませんが
さすがに8日ともなるとそういうことはなく、行列に見えるのは単なる偶然ですw
が、三が日であればその悪夢現実のものとなります(呪)
経験者は語る、と。




 
お参りを済ませて下に降りる途中、なんともうスミレの花が咲いていました。
この時はまだ大寒波が来ていなかったから……でしょうかね。





せっかく八幡宮まで来たのですし、いつもの池に行ってみました。
この池、冬場ですとオナガガモ・ヒドリガモを中心に渡りのカモで賑わうのですが……。





そこにいたのは、水面を覆いつくさんばかりのユリカモメ大群
岸辺・水面はもちろん、写真の奥に見える浮島にもカモメが!
一体何があったというのか!?





人を怖がることもなく、すぐ近くまでやってきます。
ちなみにこの写真、足の色がいものと黄色いものが混在していますが
これは年齢差によるものなんだとか。
若鳥の間は黄色で、成熟するごとにだんだん赤くなるんだそうです。








あまりにも逃げないんで、もろに接写してみましたw
ウミネコなんかと比べると目つきも怖くなく、可愛らしい印象を受けますね。
ただし、カモメの仲間で基本は肉食性。クチバシも鋭いので注意が必要です。








DQNのように凄んできましたが、顔が癒し系なので全く怖くありません。
(これがウミネコだったら逃げ出しています)






偶然撮れた、なんとなくコマ送りのように見える写真。
ちなみに「よく動く」「身体が大きい」「接近しても逃げにくい」という特徴から
このユリカモメはダイナミックまたはユニークな行動が撮りやすい鳥だったりします。

まあカラスも当てはまるような気がしますが
カラスを狙い撮りしていると痛い人扱いされかねないので(爆)









では元々いたはずのカモたちはどこに行ってしまったのか?
不安がよぎりましたが、ちゃんと池の中にいました。ヒドリガモですね。
岸辺から離れた浮島にて、人のくれる餌をユリカモメが独占してしまうためか(汗)
芝生に落ちた種(?)をついばんでいました。お気の毒です。





オナガガモも、カモメのいないポイントに固まっていました。
この手のカモたちは基本おとなしい草食性の鳥であり
肉食傾向が強くクチバシが武器となるカモメにはどうしても負けてしまいます。

ユリカモメは肉食とはいえカモを襲ったりは(基本)しませんが
やはり餌の奪い合いなどになればカモよりも圧倒的に有利です。
(機動力があり、すぐに飛び立てるのも有利な理由の1つです)





中にはカモメに臆することなく、ご一緒している勇者の姿も。
まあ、成長したオナガガモはユリカモメより一回り大きいですしね。





人がまいた餌に対し、ユリカモメとハトが群がる!
一方、写真中央のベンチに止まるヒヨドリは体格差ゆえに割り込めず
ただ呆然と突っ立って(?)いました。哀れなり……。






そのヒヨドリは近くの枝に移動。
どうやら自力で食べものを探しに行くようです。








そんな中、1羽だけ明らかにユリカモメでない個体が。
クチバシの先端が黒いことから、ウミネコの若鳥と思われます。

体格面ではユリカモメに勝るウミネコですが、
如何せん数の差がありすぎるので、ここではジーッとおとなしくしていました。
餌をまかれても、自分から入っていこうとはしません。








帰りがけに遭遇した、ハトまんじゅう
急に雨が降ってきたので、寒かったんでしょうね……。




【1/8 鎌倉・鶴岡八幡宮で撮影した生きもの】

アオサギ、ウミネコ、オナガガモ、トビ、ヒドリガモ、ヒヨドリ、ユリカモメ


【1/8 鎌倉で捕獲したポケモン】
アーボ・・・5
イーブイ・・・8
イシツブテ・・・1
ウツボット・・・1
ガーディ・・・1
キャタピー・・・1
クラブ・・・3
ケーシィ・・・2
コイキング・・・1
ズバット・・・2
ゼニガメ・・・4
タマタマ・・・1
トサキント・・・1
ニドラン♂・・・4
ニドラン♀・・・2
ニャース・・・1
ニョロモ・・・1
ビードル・・・1
ピッピ・・・7
ヒトカゲ・・・2
ヒトデマン・・・2
プリン・・・1
ポッポ・・・3
マダツボミ・・・2
リザード・・・1


≪総括≫
実は鶴岡八幡宮では最近になってポケストップが全て撤去されたらしく
ポケモンもほぼ出現しません。初詣にあたり、混雑を見越して対処したのかもしれません。
ただ、元々鎌倉自体が観光名所ということもあり、
駅周辺から小町通りなど全体的にポケモンは多め。
ストップも多いものの、全部捕獲していたらとてもボールが持たないので
この日は目立ったものだけ捕獲しました。ウツボットとリザードは嬉しいですね。

ちなみに御三家フェアはこの日で終わり。
あれ以降、ヒトカゲをじぇんじぇん見かけなくなってしまいました……orz
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


ここのところ、都市公園などに足を運ぶと頻繁にシメを見かけます。
よく木の頂付近でチュッチュッと鳴いていますので、
公園・緑地に足を運んだ際にはチェックしてみましょう。
この日の茅ヶ崎里山公園でも真っ先に姿を現してくれました。

写真がなんとなく、日本の未来を見据える竜馬のよう……。







公園中央の芹沢の池へ。
カワセミの頻出ポイントとしても知られています。






あいにくここにカワセミはいませんでしたが(後述)
マガモコガモが大体4:6くらいの比率で飛来していました。
以前に見たヨシガモの姿は、残念ながら見られませんでした。
(皇居だと毎年のように飛んでくるんですが)






 
公園北端の「畑の村」付近。
菜の花やコスモスが咲く畑も、今はまだ閑散としています。
この付近がノスリの頻出ポイントなのですが、残念ながらこの日は確認できず。
運がよければ畑に下りてくることもあるんですけどねぇ……。








やや南下して、谷の村の鳥類保護区へ。
中には入れないものの、アオジ(写真)を始めとして野鳥が多数見られます。

今来ている大寒波ほどではないものの、この日も結構な寒さだったので
アオジも羽を膨らませておまんじゅうのような姿になっていました。








アオジはホオジロ科の鳥ですが、このカシラダカも同じ仲間。
写真の中には3羽写っています。わかりますか?






ここでまた北上し、今度は公園から出て隣接する田園地帯へ。
小川が流れており、サギなどがよく見られます。
この写真にも、アオサギコサギが写っています。

また、近くに高圧線の鉄塔が建っており、チョウゲンボウがよく足場として利用します。
(以前にも何度かここで紹介したことがあるかと思います)








おっと、キジが現れました。
大型の美しい鳥だけにレア種と思われがちですが、
この里山界隈では結構普通に見られます。

が、あまりに普通に現れるために
人との接触で思わぬ事故に遭遇することもあるのだとか。
代表的なのが、草むらに隠れていることに気づかず草刈り機で(以下グロいので自粛)
共存というのも、時には悲劇に繋がるもののようです。

ちなみにニワトリとキジは同じ仲間で、キジは優秀なジビエとして有名。
味や歯ざわりはほぼニワトリに準じ、癖がなく食べやすいです。
ただし、メスの方が肉質がやわらかくて美味だそうです。(写真は言うまでもなくオス)







私の存在に驚いたのか、
ネットに覆われた畑(?)の中に逃げ込んでしまいました。
本来、キジはこれくらい警戒心の強い鳥です。
境川遊水地公園の個体はかなり人馴れしていて接写も簡単ですが
ああしたタイプはむしろ異端といっていいでしょう。






と、ここで上空に明らかにカラスやトビではない鳥影が出現。
扇状に開かれた、体に比べて大きな尾羽。これはチョウゲンボウですね。
かなり高い位置を旋回し、まず近くの鉄塔に止まりました。

距離はあっても止まってくれればそれなりに鮮明に撮れる……と思いきや
この日は妙にカラスが多く、止まった矢先からちょっかいを出して飛ばしてしまう始末。
しかし、チョウゲンボウもそう簡単に退くわけなく、
飛び立ったものの、隣の鉄塔に引っ越して難を逃れようとします。
カラスに絡まれ、隣に逃げる……この日はその繰り返しでした。






が、撮る私にしてみれば結構厄介な話。
隣といっても、高圧線の鉄塔はかなり広い間隔を設けて設置されており
途中の道も真っ直ぐではありません。
チョウゲンボウが飛ぶたびに大移動を要求されるため、結構骨が折れました。
鳥影を見失わないように上空を見上げながら、小走りで公道を追いかけるので
見方によっちゃながらスマホと同じくらい危険かもしれません。
(もっとも、上を見っ放しということはなく十分に車には気をつけていますけどね)








そうして追いかけ続けて、結局一番鮮明に撮れたのがこれでした(汗)
仕方ありません……バードウォッチングとはこういうものです。
逆に労せずしてレア種に会えることもあるので、ぶっちゃけ運次第。
鮮明に撮りたいのであれば、とにかく出没ポイントに足を運び続けるしかありません。

にしてもこのチョウゲンボウ、結局最後まで鉄塔を渡り歩くだけで
田んぼから逃げることはありませんでした。余程お気に入りの狩場なのでしょう。








公園に戻る途中、飲み物でも買おうかと思ったら……。
なんぞこれ?自販機が大破しています。
実はこれ、隣接する自治体でも発生している事案で、
どうやら人為的なものだとか。要するに自販機強盗ですよね。

ヤフーのニュースにも出ており、ほぼまったく同じ壊れ方でおったまげました。
どう考えても同一犯だと思いますが……。

ここは街中と違い、四六時中人の目に触れる場所ではありません。
言い換えるならば、こうした強引な犯罪行為が目立ちにくいということ。
明かりもほとんどありませんし、夜間に出歩くのは控えたほうがいいかも?






ポケモンが登場するのはパークセンターのある入口付近と、
北端の里の家周辺のみ。芹沢の池や谷の村ではほとんど期待できません。
言い換えるなら、そうした区域では鳥探しだけに集中せざるをえないということ。
逆に入口付近ではほとんど鳥が期待できないので、
むしろカメラを仕舞ってポケモン狩りに集中してしまってもいいくらいです。


チョウゲンボウに振り回されて疲労困憊となってしまったこの日。
一方、ほぼ毎年のように見られたノスリの姿がなかったのが気になるところです。
もう一度、2月辺りにでも確かめに行かなくてはいけませんね。




【今日のカワセミ君】

谷の村の鳥獣保護区で遭遇。かなり距離があり、これが限界でした。
大きな河川や池はありませんが(芹沢の池からは大分離れています)
田んぼに水が張ってあるため、ここで獲物を捕っているようです。


【1/7 茅ヶ崎里山公園で撮影した生きもの】

アオサギ、アオジ、カシラダカ、カルガモ、カワセミ、カワラヒワ、キジ、キジバト、キセキレイ、コガモ、コサギ、シジュウカラ、シメ、チョウゲンボウ、ツグミ、トビ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、マガモ、ムクドリ、メジロ、モズ


【1/7 茅ヶ崎里山公園で捕獲したポケモン】
アーボ・・・3
イーブイ・・・5
コラッタ・・・10
コンパン・・・3
ズバット・・・1
タッツー・・・1
タマタマ・・・1
トサキント・・・1
ナゾノクサ・・・2
ニドラン♀・・・1
ニョロモ・・・1
パウワウ・・・3
ヒトカゲ・・・3
フシギダネ・・・1
ポッポ・・・13
※起動時間・・・1時間25分

≪総括≫
やはりポケモンは公園入口付近に集中しており、
立入の制限されている保護区近くにはほとんど何も出現しません。
まだ御三家フェアの期間中で、短時間ながらもヒトカゲを3体ゲットできたのは収穫。
あと、なぜか里の家周辺で連続してパウワウが連続して出現しました。
いつぞやのこども自然公園のような“巣”ではないものの、
ちょっとした頻出ポイントとなっていたようです。
こういうことは決して珍しくなく、一時期うちの近くの市民会館でも
連続してピカチュウやワンリキーが出現したことがあります。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


正月休みの最終日に行った葛西臨海公園
今年の年末年始は実に天気がよかったですね。9月のアレとはエラい違いだ……。
そして正月から結構人が来ていまして、予想以上の賑わいぶりでした。





今年はまだクロツラヘラサギは見られないようでしたけど、
一応橋を渡って西なぎさへ。





ポケモンを起動させると、何やら暑苦しいことに……。
だからイワークは役に立たねえとあれほどry




 
なぎさの沿岸にはスズガモ(左)の大群が。
所々にカンムリカイツブリも混じっていました。
右の写真の中にもまぎれているのですが、わかりますか?





鳥類園へ移動。こういう林に挟まれた森を歩いていると……。↓




 
足元にも木の上にも、随所でアオジが見られます。相変わらず警戒心が薄いようで。
チッチッという鳴き声が聞こえたら要チェック!





写りはよろしくないですが、アトリの姿も確認。
今冬は当たり年なんでしょうかね? 妙に色々な所でよく見る気がします。




 
いつもの観察小屋から干潟をチェック。冬なのでもうカニの姿は見られません。
一方、本来旅鳥ながらほぼ常駐してしまっているアオアシシギ(左)が2羽出現。
激しく逆光でしたが、距離は割と近かったかな?







同じ観察小屋から。意外と接写が難しいオナガが現れましたよ。
こうして大きく撮ると、そのシンプルな美しさが際立つと同時に
やはりカラスの仲間であるということもよくわかります。
顔の形といい目といい、ハシボソガラスなんかとよく似ていますね。







さて、葛西臨海公園の鳥類園といえば、
毎年数千羽(数万という説も)のホシハジロが冬越しに訪れ、
池を覆い尽くすことで有名です。

実際この日も、池の南側にはそれなりに見られましたが
例年と比べると表に出ている数がちょっと少ないような気も。
いや、そればかりか……↓





北側半分にはなんと1羽もいませんでした。
さらにいうなら、いつもいるはずのサギやカワウすらさっぱり……。
何でこんなに数が減ってしまったのか?
その理由が判然とするまでにそう時間はかかりませんでした。





おお、V字を描きながら突っ込んでくるその御姿は……。
(左奥の赤い服の方もコレを撮っているものと思われます m(_ _)m)








もう間違いないですね。これはチュウヒです。
今まで渡良瀬遊水地でしか会うことのできなかった、貴重な猛禽!
それがネズミの国のお隣(間に広い運河が挟まってはいますが)に現れたのです。
2017年、こいつはもしかしたら幸先いいかも?








真横からのアングルも撮れました。
こうしてみると、何か顔がフクロウによく似ているような気もしますね。

ちなみに補足しておきますと、
葛西にチュウヒがやってくるのは何も今回が初めてのことではなく、
過去には何度となく飛来記録があり、鳥類園のウォッチングセンターには
しっかり写真が飾られています。つまり、そこまでイレギュラーなことではないのです。

また、チュウヒはオオタカやノスリよりも一回り大きく、
ゆえにより大きな獲物を狙います。オオタカですらサギを襲うこともあるくらいなので
それより大きいチュウヒなら、アオサギやカワウとて容易に仕留められるでしょう。

こんなんが上を飛んでいたら、カモたちもおちおち浮かんでいられませんよね……。







身体が飛行中に傾いた際に、上側の姿も撮れました。
これだけだとトビと誤認する人もいるかも?





水族館をバックに。
葛西で撮ったという動かぬ証拠です(迫真)。

さて、私の安いカメラでこれだけしっかりチュウヒを撮れたのですから
今年はもうチュウヒ目当てに渡良瀬行かなくてもいいんじゃないっすかねぇ?wwww
だってほら、あそこ遠くて金かかるし、歩く距離も馬鹿にならないし、
去年はバードウォッチャーのオッサンのせいで嫌な思いもしましたし(呪)


……いやしかし、あそこはチュウヒだけじゃないですしね……。
他の猛禽や、運がよければイタチとかも出るわけですから(2016年の記録参照)
やっぱそれはそれ、これはこれということで
行っておかないとダメかな(汗)





バードウォッチャーの皆さん(ここの方たちは皆とてもいい人)は
正月から結構集まっていらっしゃいましたが、ほぼ全員チュウヒに夢中だったため
せっかく近くに来てくれたジョウビタキ♀は露骨に無視されていました(汗)。

かく言う私も、チュウヒが近くに来るまでの“つなぎ”で1枚撮っただけでした。
これはこれで可愛いのですが、やっぱチュウヒの方が…………ねぇ?





後ほど鳥類園を1周してから戻ってくると、チュウヒの姿は消え、
かわりに奥のほうにノスリが現れました。
この距離でも腹巻模様がしっかりと見えます。






光が足りませんが、ウグイスが結構近くまで来てくれました。
以前にも書きましたとおり、オナガ同様にコイツも接写が難しい鳥。
……いや、「小さい」「止まってくれない」「目立たない」「いつも藪の中」の4重苦で
多分オナガよりも遥かに難しいかと思われます。

鳴き声をよく聞く割に遭遇・撮影の機会に乏しいというのは
かのシュレーゲルアオガエルに通ずるものがありますね。






チュウヒを始めとして魅力的な鳥がわんさか見られたこの日の葛西ですが
ポケモンの方もなかなかの豊作ぶり。後述の総括にも書きました通り
この日は御三家(ヒトカゲ・ゼニガメ・フシギダネ)をターゲットとしていましたが
その他にもシェルダーやケーシィなどのレア度の高い種が多く見られました。
海際ということで、コイルとビリリダマも健在です。江の島ほど極端じゃないですけどね。








そんな収穫たっぷりの葛西臨海公園編のラストを飾るのは
2017年初の新顔です。去年酒匂川で遭遇したカワアイサによく似ていますが
こちらはウミアイサ。その名の通り、海に出現することが多いようです。

遭遇率 … 2

インパクト … 3

美しさ … 3

俊敏性 … 4


これを撮影したのは、上でちらと触れましたネズミの国との間の運河。
この日は偶然にも公園側に寄ってきてくれました。
カワウと形が似ているこの鳥、食べるものもカワウと同じく魚がメインだそうですが
それゆえにカイツブリのごとく頻繁に水にもぐり、撮るのには結構骨が折れました。
一番鮮明に撮れたのが上の写真であることからも、
その難しさがご理解いただけることでしょう……きっと(汗)。



【今日のカワセミ君】

観察小屋の中から見られました。
チュウヒの出現ポイントとは少し離れていたのもあり、
上のジョウビタキみたいに無視されることはなかったようです(汗)。




【1/4 葛西臨海公園で撮影した生きもの】
アオアシシギ、アオサギ、アオジ、アトリ、イソシギ、ウグイス、ウミアイサ、オオバン、オカヨシガモ、オナガ、オナガガモ、カイツブリ、カルガモ、カワウ、カワセミ、カンムリカイツブリ、コガモ、コゲラ、コサギ、シジュウカラ、ジョウビタキ、シロハラ、スズガモ、ダイサギ、ダイシャクシギ、チュウヒ、ツグミ、トビ、ノスリ、ハクセキレイ、ハシビロガモ、ハジロカイツブリ、ヒドリガモ、ヒヨドリ、ホシハジロ、マガモ、ムクドリ、メジロ、モズ、ユリカモメ


【1/4 葛西臨海公園で捕獲したポケモン】
アーボ・・・1
イシツブテ・・・2
イワーク・・・3
ガーディ・・・1
カメール・・・1
ケーシィ・・・2
コイキング・・・4
コイル・・・3
サンド・・・3
シェルダー・・・2
ズバット・・・1
スリーブ・・・2
ゼニガメ・・・9
ディグダ・・・1
ニドラン♂・・・1
ニャース・・・2
ニョロモ・・・1
ピカチュウ・・・1
ヒトカゲ・・・8
ビリリダマ・・・1
フシギダネ・・・40(爆)
プリン・・・1

≪総括≫
この状況がまさに不思議だね……といいたいところですが、
ちょうど御三家量産キャンペーン中の上に公園自体がフシギダネの巣になっていたため
そこまで奇妙なことでもなかったりします。また、逃げやすく捕獲しにくい御三家を
効率よく狩り、なおかつチュウヒをはじめとして多数の鳥を撮る必要があったため
普段よく捕るポッポやコラッタ等のノーマル種はほぼスルーしました。
……でなきゃボールもズリの実も軽く枯渇していたでしょう、ぜったいに。

なお、1回の散策でひとつの種の捕獲数が40体に及んだのは、
今回が初めてだったりします。あの江の島ですらこんなことはなかったですね。
まあ、あそこならたぶんその気になればコイル50体とかも達成できるんでしょうが
代償として失うアイテムが多過ぎるので……(汗)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


年明けに姪御を交えた家族旅行に参加させられ………
……否、参加させていただいていたため(汗)
2017年最初の鳥見に出かけられたのは1月3日でした。
(葛西に行ったのはこの翌日です)

このあと新年会の予定が入っていて時間がなかったため、
自宅近くの例のスポットに軽く足を運んでまいりました。
酉年ということもあるし、せめてノスリには早めに会っておきたかったですしね。





トップの写真にも小さく写っているのですが、ここにはアオサギも頻繁に出没します。
柏尾川やいたち川がすぐ近くにあるので、あちらから飛んできているのかも?






探すこと5分、さっそく件のノスリが電柱の上に現れました。
昨年と違って少々警戒心が強いのか、ちょっと近づいただけで飛び立ってしまい
別の足場に移動……と、この日は延々とこれの繰り返しでした(汗)。







近くの工事用フェンスに止まったり……。







高いところだけではなく、田んぼ脇の杭にもとまりました。
低い位置だと太陽光の影響を受けにくいのですが、
距離があったために鮮明に撮れなかったのが残念。





続いて鉄塔に。とまった高さは10mくらいでしょうか?
先程と比べるとそこそこ距離が近く、背景が空だったので
焦点を合わせやすかったのですが、今度は背中向きという……。
至近距離で撮りまくれた昨年と比べると、どうもツキがないですね(汗)







一応、別角度から思い切りクローズアップしてみました。
やや離れてしまったため、少々ピンボケになってしまいましたが
これがこの日では一番マシだったかな?

ところでこの足場、斜めになっていてとまりにくそう。
せめてもう1段上に移動すればいいのに(汗)



……ともあれ、2017年もよろしくお願いします。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。