人って、どれほどDNAを残したいのかな。

 

 

子供が居ると、楽しみと同じくらい、

悩みや、問題がある。

 

 

子供を作らない選択もあるけれど、

 

 

私は、余り深く考えずに、

「子供が欲しい~~~~!!」

と、思っていた。

 

 

結婚より先に、子供が出来て、

やっと、自分だけのミカタが出来た!!と、ただ嬉しかった。

 

 

でも、子育ては、絵に書いた餅では無く、

現実で、子育てと言うよりも、

自分との闘いだった。

 

 

やっと、子供が二十歳を過ぎて、

親の責任から、離れたとしても、

子供の、

仕事のこと、

お金のこと、

夫婦関係のこと、

心配や、心捉われることは尽きない。

 

 

勿論、

いちいち口出しも、

手出しもしてはいないけど、

 

きっと、死ぬまで、

親であり、子であるのだろう。

 

 

今日、湯舟に浸かりながら、

ふと考えた。

 

 

人は、無意識の中に、

DNAを残したいと、強く思っているから、

子孫を残し、何時までも、

心配や、心捉われるのだろうか。

 

 

子供が居たから、

今日までの人生が頑張れたとも言えるけど・・・。

 

 

でも、もし子供がいなかったら。

お金も、時間も、自分だけのものだった。

 

 

もっと、楽だったな~。

 

 

・・・

・・・

・・・。

 

 

ま、でも子供が居る人生を選んで良かった。

 

 

ね!!

 

 

もう一つの人生は、

最高に素晴らしかったかも知れないけど。

 

 

さあ、あと少し、

こっちの人生で頑張ろう♪

 

 

ナガモリ ミカ

 

 

AD