台東区花川戸の区立隅田公園で17日、春恒例の浅草流鏑馬(やぶさめ)が行われ、約2万3千人の見物客が詰めかけた。

 都心で早朝、41年ぶりの遅い雪がうっすら積もったが、ぬかるんだ特設馬場に白い砂がまかれ、鎌倉武士の狩り装束を身にまとった射手たちが馬上から的を射抜くと歓声があがった。浅草流鏑馬は江戸時代の正月行事で、区が昭和58年に観光の目玉として復活させた。区の担当者は「過去に雪の重馬場になった例は記憶にない」と話した。

 

検察官役弁護士「有罪を確信」 明石歩道橋事故で元副署長強制起訴(産経新聞)
東京でアパート火災、1人死亡1人重体(読売新聞)
宮乃餅、復権 お土産ショップで一番人気 製造元も「予想外」 栃木(産経新聞)
進次郎氏、高校の制服は腰パンでした(スポーツ報知)
仕分け前に偵察 蓮舫参院議員ら「YS-11」を見学(産経新聞)
AD