プロフェッショナルブリーダー シルトクレーテ

カニンヘンダックスフンド専門のブリーダー、プロのトリマーとして一日中犬に囲まれ生活をしております。ドッグショーの結果報告や子犬の出産情報、我が家のワンコ情報、日常話等々お送り致します(*'ω'*)


テーマ:

12月9日…カトリーナ陣痛。

 

早い段階で自然分娩を諦めて帝王切開に移行。

 

子犬の安否を気にしながら時間が経過して行きました。

 

その後、動物病院からまさかの連絡…。

 

「子犬3頭は無事ですがお母さんが…申し訳ございません」

 

想定していなかった事が起こりました。

 

やり場の無い悲しみに涙を流しつつも、今やるべき事をやろうと決意しました。

 

子犬を育て上げる事をカトリーナに約束した、その時でした。

 

何かを感じたヤニカが子犬の傍にやって来ました。

 

 

実はヤニカは10月7日に生まれたデイジーの子犬達の離乳後に

 

何故か母性を感じ始め、乳房が張り母乳が少し出るようになっていました。

 

 

そう言う事があった後だったので、

 

もしかすると、この子達を育てたいのかな?とは思いましたが、

 

今まで同時期に出産した母犬に子育てをお願いした事は

 

あっても、今回のようなケースは初めてで、

 

このヤニカの母乳で育つのか不安はありました。

 

でも、哺乳をしながら任せてみようと思いました。

 

 

ヤニカは自分自身の子供を育てた時よりも真面目に育児を始め、

 

子犬も鳴く事もなく母乳を吸い始めました。

 

経過を観察しているとどうやら問題は無さそうで、

 

一応、一日に一回の哺乳を三日間だけはしましたが

 

その後はずっと付きっ切りでヤニカが育て上げてくれました。

 

 

問題も無く、むしろ元気に育った子犬達は

 

順調に離乳食の時期を迎え現在に至ります。

 

 

カトリーナの事は残念で仕方ありませんが、

 

こうして無事に育ってくれた事、ヤニカが育ててくれた事に

 

深く感謝しております。

 

カトリーナにも良い報告が出来ました。

 

 

今考えても本当に奇跡的な出来事だったと思います。

 

 

2頭の母犬が育んでくれた3頭の子犬達、

 

生涯幸せに暮らして欲しいと願っております。

 

女の子1頭はカトリーナの忘れ形見として私が育てます(*´ェ`*)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。