瓶詰地獄 --BottlingHell--

かつて太古の昔の中国、神話の時代に存在した帝国を治めた黄帝に仕え、漢字を発明し、4つの目を以って世界を見つめ、ヒトの身でありながら神となった、蒼頡-CanJie-が21世紀の日本に蘇ったッ!(???)

王李月-WongLiyue-の銘で書いてきた文章を完全復刻。


テーマ:

近未来...人類は惑星への植民を既に成功していた。地球に住む自分は、ふとした古いアルバムから、自分が火星(だったっけ?...月だったかも知れないし、無名の植民星だったかも知れない)にて産まれた事を知る。

だが、その記憶は一切ない。

Newsを観ると、その星は何らかの原因によって「封鎖」され、誰も立ち入れない地域になってしまっていた。誰にもその原因は分からない...語りたがらない雰囲気。

どうしても、その原因と自分のルーツを知りたくなった自分は、旅行カバンを携えて、宇宙空港に向かう...(この辺、曖昧)...ようやく宇宙へ飛び立つ自分。

星の港に到着するも誰もいない...ただ、鏡張りの無人の空間が拡がっている。端末だけが、ただ無機質に動いている無音の世界に耐えられなくなり、港の外に出ようと走り出す自分。

鏡張りの床に足を滑らせ、無様にスッ転ぶ自分...すると、ポケットから、自らを証明するIDカードが、何故か「2枚」飛び出す...そんなハズはない、自分はこの世にたったひとりのハズ、過度の混乱。どちらのカードも裏返すと鏡...鏡張りの床と反射して、無限に自分の顔が映し出される様に恐怖する。

なんとか逃れようと、立ち上がった時に、鏡張りの角の向こうに、何者かの影がふと浮かび、その影に自分は再び恐怖する。

--

...ってところで目が覚めました。

泡沫の昼寝をした際に見た"夢"...誰か夢判断でもして下さいな。

(自分の見る"夢"って、妙にRealだったり、映画みたいな設定やシナリオがあったりするんだよなぁ...内容を全部覚えていたら、自分の手で「映画化」したい位に)
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。