瓶詰地獄 --BottlingHell--

かつて太古の昔の中国、神話の時代に存在した帝国を治めた黄帝に仕え、漢字を発明し、4つの目を以って世界を見つめ、ヒトの身でありながら神となった、蒼頡-CanJie-が21世紀の日本に蘇ったッ!(???)

王李月-WongLiyue-の銘で書いてきた文章を完全復刻。


テーマ:
都内某所にて。

今日も何事もなく日は暮れて太陽は沈みゆきます。

明日も平穏に生きられます様に。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
同じテーマ 「お散歩日和」 の記事

テーマ:
お茶してます♪(此処はPCも使えるところなので、実はこの段階で、今日の更新分を再構成していたりもするのです...今日の今までの更新分は9つだぁ?←唖然)
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
勝鬨橋です。

昔は開閉したんです…この下を船が往来して、その度に橋が跳ね上がって開閉する。当時を知るヒトに聞くと「壮観」の一言だったそうです。

東京は河や数多の水路によってネットワークが築かれた「水の都」だったんです。

現在は船の往来が絶えたのと橋自体の老朽化もあり、この橋が開く事はありません。橋の中程にある古びた信号機だけは、そんな「水上都市」だった時代を思い返させてくれます。

此処に来ると、潮の香りがします…なんか妙に懐かしくて暖かい。このまま海に帰れそうな気が…するのです。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
「法要」が行われていたところを内緒で撮影♪

意外に「和風」で古風な作りなれど、窓にはステンドガラス(一応「仏教」風の)が張られ、なんとパイプオルガン標準装備の上、PCやPA機材完備のスゴいところです。大谷魂は死なず…か?

自分が、もし死んだら此処で葬儀をして見送って欲しい…身内だけでイイからさ。

あ、そう云えば元"X-JAPAN"のHideさん も此処で葬儀して周辺地域一帯が大パニックになったっけ?(その近くの某国立病院 でアルバイトをしていたので、その喧騒は今でも覚えていますよ)
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
1617年(元和3年)に親鸞上人を祖にする本願寺派が建立。その後、振り袖火事などの火災で度々焼失。関東大震災での焼失により現在の「古代印度チック」な本堂を建立し現在に至る…設計者は東京大学教授の伊東忠太。

しっかし此処まで「破天荒」なアプローチを行った当時の主である大谷光瑞ってヒトは、あまりに偉大過ぎる思想&行動のヒトなんで心底脱帽します。>> 参考Link"大谷記念館" ←とにかくスゴい♪

後ろに見えるのは「ツインタワー」でお馴染みの聖路加ガーデン (此処の最上階の展望レストランで、当時付き合っていた"彼女"と、彼女の誕生日にDinnerをした記憶が...うぅ)
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。