ホワイトセージの伝統的な使い方

テーマ:
こんばんは!
ハーブ専門店セントです。
 
 
品切れ中でしたアバロニシェルSサイズ入荷しました。
ほかにもちょっと小ぶりなグリーンアバロニシェルも新入荷!
それぞれ貝の中の色合いや模様が異なりますので、
お好きな模様を探してみてくださいね。クローバー
 
アバロニシェルはホワイトセージ用の器として使用します。
 
今日はこの「ホワイトセージ」についてのお話です。
 
 
ご存知の方もいらっしゃると思いますが簡単に説明。
 
「ホワイトセージ」
学名:Salvia apiana
シソ科サルビア属
アメリカのカリフォルニア州南西部~メキシコで自生。
 


浄化用のハーブとして有名なホワイトセージ。
使い方はとても簡単です。

セージの葉に火をつけ、その火を消すと煙が立ち上ります。
その煙でお部屋や天然石、自分自身などを浄化します。


ホワイトセージは、
ネイティブアメリカンは神聖な植物として
儀式や日常において使い続けてきた伝統的なハーブです。

ホワイトセージの葉を焚いてその煙と香りでいぶすことを
スマッジング」といい、彼らの生活の一部となっていました。

この煙と香りは、
自然界と目に見えないスピリットの世界をつなぎ、
癒しと調和をもたらす神聖なものと見なされています。
そしてスマッジングによって、自然で清められた空間を創り出し、
人も物も世界も、本来の純粋な姿を取り戻すことができるのだと伝えられてきました。


ネイティブアメリカンの伝統的な浄化の方法は、
4大元素を用いて、そこにひとつの地球を表現するのだそうです。

海のものである貝は「」を意味し、
その貝に「」である大地の土を敷き、
その上に自然の恵みのセージを置いて「」をつけ、
鳥の羽根で「」を送り、セージの煙で浄化をします。

貝の中でも、特にアバロニ・シェル(アワビの貝)が好んで使われています。
貝の内側の美しさに惹かれて使うようになったとも。




中がきらきら輝いててきれいですね!キラキラ


4大元素を用いた浄化方法、
ぜひ試してみてください♪ウインク


・お掃除のあとのお部屋の浄化に、
・ヒーリングや瞑想に、
・パワーストーンの浄化に、
・気持ちをリセットしたいとき、
・心の静けさを感じたいとき、などなど。

さわやかなホワイトセージの香りを楽しんでみてください。照れ
 
AD