Life in Adelaide 〜スカーレットの人生ネタ帳〜

オーストラリアのアデレードで夫のLと平和に暮らしています。
2016年に技術独立永住ビザ取得。
オーストラリア看護師登録、永住権取得までの道のり、
国際結婚、アデレード生活など綴っています。


テーマ:

オーストラリアの民間入院保険の保険料は、

30歳を越えると1年ごとに2%づつ高くなります。

(Lifetime Health Cover (LHC) loading と呼ばれます。)

40歳で加入すると、30歳で加入するよりも20%も高い保険料を払うことに。

これは政府が決めた制度で、国の医療費を抑えるために

国民に民間保険への加入を促進するのがねらい。

 

国民健康保険(メディケア)しかない場合、

公立の病院での治療は無料ですが、

待機期間が恐ろしく長い。

昨年アレルギー科にかかりたかったのですが、

1年以上経ちますがまだ受診の連絡は来ていません。

 

私立の病院ならすぐに診察も治療も受けられますが、

費用は自己負担で一部のみメディケアがカバー。

(自己負担率は7割くらいかな?)

歯医者や救急車はメディケア対象外なので全て実費です。

 

私の様な移民の場合、

メディケアに加入して1年以内に

民間の入院保険に加入すれば、

このLHC loadingは免除されます。

 

そろそろ1年経ちますよと言うときに、

政府からは民間保険加入を催促する手紙まで来る周到さ。

 

歯科の保険には入ろうと思っていたので、

入院保険も併せてリサーチを開始しましたが、

保険会社が沢山ありすぎて、

どう選べばいいのかわからない。

しかも保険料は高い割に補償額は低い。

 

エンドレスに悩みそうになり、

メディケア加入後1年の期限が迫ってきたので、

保険料と補償額の両方低めの、

大手の保険会社のプランに加入しました。

 

私に絶対に必要なのは救急車、歯科、マッサージ。

(腰痛持ちなので将来妊娠した時のため。)

 

これでようやく歯科検診に行ける!

不健康はお金がかかりますな。

 

 

クリックお願いします。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

内定しました!!!

やったーーーー!

 

私が小躍りして喜んだのは想像に難しくないと思います。

 

看護師登録してから1年余り、

永住権取得後9か月。。。本当に長かった(涙)

南オーストラリアの就職難の風の冷たさに、

何度も何度もなーーーーんども、

くじけそうになりましたが、

やけっぱちになって履歴書を連打して良かったです。

 

とりあえずオーストラリア国内での経験と呼べる足がかりができました。

正直ほっとしています。

 

カジュアルスタートだけど、

ゆくゆく正規雇用(パートタイムやフルタイム)に

移行すると言ってもらいました。

 

頑張ります!

 

クリックお願いします。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

つい2週間前にも起こったばかり。

こういう痛ましい事件が起こるたびに、

私は彼女のことを思い出します。

 

Gill Hicks

アデレード出身の彼女は、

2005年のロンドンの地下鉄テロ事件の生存者です。

爆弾が置かれた車両に乗り合わせ、

両足の膝下を失いました。

 

フリンダースでの病院実習中に、

スタッフのためだけに開かれた彼女の講演会に参加しました。

 

あの事件が起きて、

どのように救出され、病院に運ばれ、

ICUで目が覚め、リハビリを受け、

ボディーイメージの変化を受け入れる過程など、

医療従事者との関わりを中心に話してくれました。

 

救急隊員の存在がどれほど心強いものだったか、

ICUで看護師にかけられた言葉にどれだけ安心させられたか、

両足を切断してから初めて入るシャワーで、

看護師の介助がなければシャワーができないことや、

自分の体を見て呆然となっている所に、

看護師も一緒に裸になってシャワーに入ってくれた事。

 

スーパーポジティブな彼女は、自分の足をネタに

ジョークを交えながら、かなり明るく話してくれましたが、

私は涙なしには聞けませんでした。

 

彼女のTED Talk

 

 

本も出版されています。

 

 

Pray for London.

 

 

クリックお願いします。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日面接を受けてから、

一向に連絡が来ないので、

こちらから人事部にお伺いのメールを送ってみたところ、

今リファレンス(推薦者)チェックの段階だと返事がきました。

最終選考まで残ったようです。

 

オーストラリア就職活動で、

面接の後に残されたこの最終ステップ。

 

私の看護師としての働きぶりを知っている人を

2-3人推薦者として挙げて、

その人達の名前、勤務先と肩書き、電話番号、

メールアドレスを提供し、

採用側が彼らにコンタクトを取り、

私の人となりを確認するのです。

 

私はオーストラリアでの大学時代の病院実習先のベテランナース1人と、

お世話になったファシリテーター2名の

計3名にお願いしていたのですが、

最後に会ったのはもう2年~1年半も前の話。

 

毎日何人もの学生を担当している彼らが、

私のことを覚えているだろうかという不安でしたが、

連絡を取ると、奇跡的に全員私のことを覚えていてくれていた!

ありがたやありがたや。

 

しかしながら、リファレンスを頼んでおいて、

今まで音信不通ってのも失礼な話。

筆まめにならねばいけませんな。。。

 

日本だと年賀状、暑中見舞い、お中元にお歳暮。。。

お世話になった方に何かしらご挨拶できる機会がありますよね。

オーストラリアにはこういった習慣がないので、

イースターとクリスマスくらいは、

きちんと挨拶のメールを送ろうと思います。

 

 

クリックお願いします。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

早いもので結婚してから1年が経ちました。

 

仕事の事、ビザの事、日本での結婚式の計画などで、

精神的にかなりアップダウンしたこの1年。

時には大喧嘩をすることもありましたが、

まぁまぁ仲良くやってこれたかなと思います。

 

結婚記念日には、

Lがサプライズでワインツアーを計画してくれました。

 

行先は車で1時間ほどのマクラーレンベール。

1件目、Maxwell。

 
ピザで有名なレストラン。
PIZZATECA

 
2件目、Coriole。
 
3件目、Samuel's Gorge
 
 
夜は市内の有名イタリアンで優雅に食事。

Parlamento

 

サービスアパートメントに一泊して市内の夜景を眺め、

IMG_20170528_153255084.jpg

 

翌朝はノースアデレードのカフェでブランチ。

IMG_20170528_153255280.jpg

 

ゆっくりのんびりして、

この1年の感謝の気持ちを伝えあいました。

 

女子力のない私は、

レストランの予約を間違えるという凡ミスをしましたけど(!)。

(直前にLが気付いて予約変更。。。)

 

山あり谷ありの夫婦生活。

これからもお互い支え合っていきましょう!

 

 

クリックお願いします。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。