兵庫県民のバス釣りとかあれこれ

バス釣りとかあれこれを書いてます。


テーマ:

先日の記事 でお伝えいたしました、

ルアーのテストの件。


本日午前中だけですが、投げてまいりました◎


結構面白いことが分かったので、書いてみようと思いますニコニコ



まず、今回送っていただいたのはグリーディガッツ

66SP-SRと、77SP-SRという2サイズだったのですが、

この2種は単なるサイズ違いではなく、全く性質が異なるものでした。



兵庫県民のバス釣りとかあれこれ-CA3I0240.jpg

画像右が66、左が77です。


ふたつの違いの前に、まず共通して言えることは、

飛距離がめっちゃ出る

というところ。


前回にも記載しましたとおり、マグネット式の重心移動システム搭載なのですが、その恩恵はすごいです!

今日もかなりの強風だったのですが、向かい風も十分に打ち抜ける力を秘めています。


これはオカッパリでのアドバンテージはもちろんのこと、

近距離でのキャスタビリティにもプラスになること間違いなしです。

それぞれ、6.8gと10gというウェイトのようですが、

キャストしてみるとまずそんなに軽いとは思えない威力でした。



で、二つの違いですが、

モデル別にまとめてみたいと思います。



兵庫県民のバス釣りとかあれこれ-CA3I0238.jpg

使用タックルは共通で、


●RR630M + ベーシックFC14lb

●RR600SDL + ハードコアバス14lb


の2つを使用しました。




■66SP-SR


先に記載しましたとおり、キャスタビリティに優れるため、

ベイトタックルで十分すぎるほど投げれます。


アクションに関しては、背中部分よりお腹が大きく膨らんだ形状が

おそらく大きく影響しているように感じますが、

ただまきでは、ほぼ全くといっていいほどロールが入りません。

ウォブリングのみじゃないかというアクションです。


いきなりマイナス面を書くのもどうかと思いますが、

コレではせっかくのお腹のクラック塗装などを生かした

明滅効果をあまり期待できないのではないか、と感じてしまいました。


ただ、特筆すべきはそんなことではありません。


めっちゃええ事に気づいてしまいました。


実はある一定以上のリトリーブスピードで

ちどったり蛇行したりするんです!!


しかもむちゃくちゃなハイスピードではなくても

結構ちどってます!

おそらくメーカーページなどにもその記載が無いので、

偶然の産物ではないかと思っています。


コレは上記の固めのタックルセッティングでも、

フレキシブルなセッティングでも同じように見られ、

スプリットリングをはずしたスナップ使用の状態でも、

リング+スナップでも、ともにOKでしたグッド!


それに加え、リトリーブしながらジャークやトゥイッチをいれると

ものすごい不規則な動きをとります。


これは横の動きに強く反応するときにめっちゃ期待できます◎

ゼヒゼヒ皆さんに試していただきたいです。



ただ、この裏返しといえると思いますが、

今まで見たことの無いくらい、トゥルーチューンがめっちゃくちゃシビア!!

ちょっとのことで水面から出てしまうくらい軌道が曲がっちゃいます。


しかし、苦労してトゥルーチューンする甲斐はあります!

手にされた方は是非しっかりチューニングして

不規則リトリーブアクションを体験していただきたい!


あと、ジャーキングに関しては、

どちらかというと、ダート系のアクションで、

ログやロングAに見られるような、

水の壁を強く感じるものというよりは、

今風の「ロッド操作系のシャッド」に近いのではないでしょうか。



■77SP-SR


上記66とはまったくちがって、

こちらは千鳥の「チ」の字も感じないくらい、

安定した泳ぎを見せます。

また、66では全く無かったロールもこちらは少し入っており、

ウォブンロールと言えるアクションをします。


ただ、シャッドライクなアクションを目指したそうですが、

シャッドの代表格である言えるシャッドラップラパラほどタイトな細かいアクションではないです。


しかし、77の良いところは、66と違い、

「ジャークベイトとしての性能」の方が顕著に感じます!


66同様、ダート系のジャークアクションですが、

77の方が、より3Dに、飛び放題に動かすことが出来ます。

また、ロッド操作の強弱などで、規則的に左右にダートさせることも可能でした。


ジャーク時のロールも申し分ないといえると思います。

そしてストップさせたときに、何ともいえない、


フルフル


とか


フワン


といった、動きが見えるので、バイトチャンスを作り出せそうな雰囲気です。


ただ個人的には、3Dダートを生かした、ノンストップジャークがかなり魅力的でしたニコニコ

夢中で目で追うバスの姿がハッキリと妄想できます得意げ

楽しくジャークしまくって、早速フックサークルちゃんと付けてきました。


兵庫県民のバス釣りとかあれこれ-CA3I0239.jpg




と、つたないくせに長々とした文章になってしまいましたが、

うまく伝わったでしょうか・・・。


個人的に総括いたしますと、グリーディガッツがすごく生きる場面というのは、


魚が散ったとき


じゃないかと考えています。


66の不規則リトリーブで広く且つ速く巻き巻きしたり、

77の3Dダートアクションで広いエリアの魚に気付かせながらバイトに持ち込んだり・・・


ということで、結果、自分としては秋ごろにめっちゃ使いたいルアー!


今のところはそういう感じです。



次回はちゃんと魚が釣れた時にアップできればと思いますニコニコ

最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました。


メーカーホームページ

PONTOON21
コンビニ袋隊
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

scarecrowさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「釣り」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。