おはようございます。今回は、自立と過保護についてお伝えします。

自立するとは、自分で立つ、自分を立てる、自分が立つ、と字から解釈できます。


自立するとは、自分だけの世界を生きるより、もっと大きな世界の中で、思慮分別ができ、責任ある自己を創造し、楽しむこととです。


子どもの思慮分別を促すには、幼少の頃から過保護にならないように気をつけることが大切です。


過保護とは、子ども自身ができそうなことも親が先取りしてしまうことです。


子どもがコップで水を飲もうとしている時、水をこぼしそうだから、あるいはコップを割りそうだからと、親が子どもの行動を代行してしまうことです。


子どもは、自分がコップで飲む力がないから、大人が飲ませてくれるのだと思いちがいをします。


過保護は自立を促すどころか、阻害要因になります。さらに悪いことに、大人は子どもの自立の阻害をしていることに気づいていません。


過保護で育った子は、積極的に前に進むことを恐れます。失敗したら恐いから誰かいないと不安になり、他人へ依存することで安心を得ようとします。


年齢にあったお手伝いなどを頼み、一人で最後までできることを少しずつ増やしてあげましょう。


☆子どもの夢を応援する

七田チャイルドアカデミーホームページ


■天王寺教室ホームページ
http://www.shichida.ne.jp/school/061000.html

■真のバイリンガル教育(英語)を始めましょう
http://www.shichida.ne.jp/school/061000E.html


天王寺バイリンガルスクールブログ
http://ameblo.jp/tennojibilingual

AD