おはようございます。今回は赤ちゃん体操についてお伝えします。

生まれたての赤ちゃんは、「壊れやすい陶器」みたいに繊細です。赤ちゃんに体操させる・・・と聞くと、少し怖いと思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。赤ちゃん体操の理屈がわからないと、そう感じるのは自然なことでしょう。

今の子どもたちを見てみると、以前の子どもたちに比べて大変発育がよくなってきました。しかし、残念なことに、それに反して運動能力は低下していると言われています。小さなうちから筋肉や神経に必要な刺激を与えることで、子どもたちを丈夫にするだけではなく、運動能力までも引き出すことができます。

そして、赤ちゃん体操によるスキンシップや親子の信頼感は、赤ちゃんの人格そのものの成長や発達を促すことにもつながっていくのです。


【天王寺教室からのお知らせ】


子育てセミナー開催 詳細 http://www.shichida.ne.jp/kouenkai/index2.html

申込受付 1/7(木) 9:30~ 天王寺教室 電話 0120-307-152

※残席わずかとなっております。


■天王寺教室ホームページ
http://www.shichida.ne.jp/school/061000.html

■真のバイリンガル教育(英語)を始めましょう
http://www.shichida.ne.jp/school/061000E.html

天王寺バイリンガルスクールブログ
http://ameblo.jp/tennojibilingual


AD