大阪市 天王寺 0歳からの幼児教室

ようこそ 七田チャイルドアカデミー天王寺教室のブログへ

皆さん、こんにちは太陽


今回は「言葉を育てる」についてお伝えします。


言葉は、すべての知的作業の根幹をなすものです。


でも、その言葉もちゃんと使いこなし、表現できなければ、意味がありません。


愛情のこもった豊かな語りかけと、右脳、左脳両方への働きかけによって言葉を育てましょう。


・言葉を育てることで・・・

①精神が発達します。

②表現力が育ちます。

③質の高い、豊かな思考力が育ちます。

脳には言語処理を担当するための脳細胞が用意されているので、言葉の刺激を与えることで質が高まります。


そして、脳の動きに沿った働きかけを行うことで、左右の脳をバランスよく使い、言葉を豊かに操ることができるようになるのです。

発達に応じた言葉への取り組みで、質の高い豊かな能力を育てましょう。

今回は、言葉を育てるをテーマにお伝えしました。




お父さんお母さんの言葉がけはとてもよく入っていきます(^ー^)親子(^ー^)。


2歳頃になってくると、お母さんの言葉の癖とかも真似して言ったりするようになりますねモトコサン


この頃は良い悪い関係なく、覚えた言葉を使います。



私の娘が3歳くらいのとき、私を呼ぶのにいつもなら


『ママ~、ちょっと来て~好


と言っていたのに


どこから覚えてきたのか


『ねぇ、お前、ちょっと来て~ハート


と言われたことがあります。


え゛!?????


とびっくりしましたが、相手を呼ぶのにお前、間違えではない・・・

でも、その言い方はよくないよ・・・汗

と話をしました。


テレビや街中で聞いたのだと思いますが、

言語習得している時期はどんどんスポンジが水を吸うように

良い言葉も悪い言葉も、頭の中にすいすいと入ってきます!!


ですので、良い言葉がけ、良い環境づくりを意識していきたいものですね笑顔




子どもの夢を応援します。天王寺教室ホームページ

http://www.shichida.ne.jp/school/061000.html  



真のバイリンガル教育(英語)を始めましょう

http://www.shichida.ne.jp/school/061000E.html  



天王寺バイリンガルスクールブログ

http://ameblo.jp/tennojibilingual  


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

こんにちは。


毎日暑い日が続いていますね。

お盆休みはどこかへ出掛けられましたか?


私は、オリンピック、甲子園と、沢山の方の頑張っている姿に日々感動しています。


活躍されている方々のインタビューをテレビで拝見していると、


『恩師に恩返しがしたい』

『両親のためにメダルをとりたい』

『応援してくれるの皆さまのために』


などなど、自分のため、というより人の役に立ちたい、人に喜んでもらいたいという気持ちが強いようです。


七田教育でも、「人の役に立ちたい」と思える子どもに育てるには?についてよくお話をさせていただきます。


今回は人の役に立ちたいと思えるお子さんに育てるためにどのようにすればいいのかをテーマにお伝えさせていただきます。




七田式教育が目指すものそれは、子どもの知識を増やし、優秀な学力をつけて一流大学、一流企業に勤める人材を育てることではありません。


人間性を育て、人の役に立ちたいという目標へ邁進できる人材を育てることです。


しかし、親はつい「学力が他の子どもよりも上であってほしい」と思ってしまいます。


しかし、学力や知性が中心の教育に偏ってしまうと、物事を自分中心にしか考えられない、心の小さな人間に育ってしまいます。人の役に立ちたいという気持ちを育てるためには。


人と人とのつながりや人間関係を築くことの大切さを教えていかなければなりません。

(夢っこクラブより抜粋)




まずは、小さなお子さんでも出来るお手伝いをしてもらいましょう。


そして、お手伝いをしてもらったら、『あなたがお手伝いしてくれたから、お母さん助かったわ。』

と誉めてあげましょう。


誉めてもらえると、お子さんはお母さんのためにもっと役に立ちたいという心が芽生えます。


今日から一つ、お手伝いをお願いして、「役に立った」「助かった」と言葉を掛けてあげましょう。



子どもの夢を応援します。天王寺教室ホームページ

http://www.shichida.ne.jp/school/061000.html  



真のバイリンガル教育(英語)を始めましょう

http://www.shichida.ne.jp/school/061000E.html  



天王寺バイリンガルスクールブログ

http://ameblo.jp/tennojibilingual  


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

こんにちは。


今回は、「21世紀の子育てイメージを使う」についてお伝えします。

人間には二つの思考回路があります。

左脳の言語による思考回路と右脳のイメージによる思考回路の二つです。


これまで私たちは右脳の働きに目覚め、イメージの使い方を学ぶことがありませんでした。


でも21世紀に入った今、私たちは右脳の働きに目覚め、イメージの使い方を知るようになりました。


人間はもともと右脳のイメージを使っていたのですが、イメージの働きを知らなかっただけなのです。


イメージは上手に活用すると、病気を癒し、健康に過ごす強力な道具になります。


そして、壊れた人間関係を修復する道具にもなります。


さらには、内なる自己と接する道具にもなります。


こうしたイメージの働きや、その活用法を知りイメージを利用して日々暮らすことがこれからの子育てです。



現代では、スポーツなどにはイメージトレーニングが当たり前のようにトレーニングのプログラムとして組み込まれている時代です。


イメージトレーニングを子育てにも活用することで、こどものもともと持っている能力を引き出すことが簡単にできます。


今回は「21世紀の子育てにイメージを使う」についてお伝えしました。




私の小3の息子は七田に通わせていただいているので、当たり前のようにイメージを使います。

野球をしているので、バッターボックスに入る前、ピッチャーの投球前にイメージするようです。

細かな動きや、どこまでボールが飛んでいくかなど、具体的にイメージをしています。

イメージの効果もあってかとても上達しているように思えます。


当たり前に使えるというところが素晴らしいなと思います。



今、オリンピックで日本人の活躍がニュースで毎日伝えられていますね。

活躍されている選手のインタビューを聞いていてもイメージを使っている。というお話をよく耳にします。



私たちの子育てにもイメージを使って、思い描く子育てができるといいですね。





子どもの夢を応援します。天王寺教室ホームページ

http://www.shichida.ne.jp/school/061000.html  



真のバイリンガル教育(英語)を始めましょう

http://www.shichida.ne.jp/school/061000E.html  



天王寺バイリンガルスクールブログ

http://ameblo.jp/tennojibilingual  


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

おはようございます。


今回は、「感動する心を育てましょう」をテーマにお伝えします。


 子どもに感動する心を育ててあげましょう。


花を見て「きれいだね、いいにおいがするね」、空を見て「美しいね、心も広く大きくなるようだね」、小動物を見て「かわいいね、小さくても一生懸命頑張って生きているね」、また料理も「わあーおいしい!とってもおい味だね」など、身近にあるもの(こと)の中で、綺麗なもの、かわいいものなどを、どんどん探して教えてあげましょう。


お母さんの言葉がけひとつで、やさしい心や、美しい心がどんどん育っていきます。


花を見て「きれい!」と心から思える子は幸せです。


感動する心を持った人間は前向きで明るく、光に包まれて輝いて見えます。


お母様自信も、日々の暮らしの中でたくさん「感動を探してみてください。そして、お子様の成長に「すごいね」「今日も元気」など、感動できること探しをしてください。


また、幼児、小学生はもちろん、中学生、高校生になってもお母さんの明るく元気な笑顔と、やさしい言葉がけは、お子様の生きるエネルギー、気力、活力の源泉となります。


お母様がいつまでも若く、美しく、元気にいることが、子どもにとって何より幸せです。


お母様自信のためにも、毎日の生活の中で感動できることを探し、言葉に出して言ってみましょう。


そうすればいつまでも若く、元気で、エネルギッシュなお母さんでいられることでしょう。


 今回は「感動する心を育てる」についてお伝えしました。


(子育てにワンポイントアドバイスより)




毎日、あっという間に過ぎてしまって、感動することを忘れがちの私ですが、子どもは、よく気付き、感動して、言葉にしてくれます。


「ママ~、今日のお空すごく綺麗やね。あの雲ライオンみたいやね」


「ママ~、あそこにかわいいお花咲いているよ~」


「かわいいね。どのお花が好き?今日は暑いからお花さんも喉がかわいてるんちゃう?」


などなど、子どもの好奇心や感性は素晴らしいです。


些細なことでも、私自身も感動をみつけていきたいです。


皆さんもたくさんの感動をしてみてくださいね。




子どもの夢を応援します。天王寺教室ホームページ

http://www.shichida.ne.jp/school/061000.html  



真のバイリンガル教育(英語)を始めましょう

http://www.shichida.ne.jp/school/061000E.html  



天王寺バイリンガルスクールブログ

http://ameblo.jp/tennojibilingual  


いいね!した人  |  リブログ(0)

こんにちは。


今回は習慣を変える小さな行動についてお伝えします。




お子さまに口やかましく小言を言うことは、親子間の溝を深くします。



反対に笑顔と褒め言葉で接すると関係が良くなります。

それを頭でわかっていても、「自分の性格だからなかなか変われない。わかっていてもついついくどくど叱ってしまう。」というお母様が多いようです。

しかし、本当は新しい二つの習慣を作るだけで、性格は変化させることができるのです。自分を表現する方法を少し変えることが、劇的な変化を自分に与えます。それは、次の二つです。



①良い言葉を使う


②笑顔で言う

気難しく、滅多に笑顔を見せたことのないS氏は、これを聞いて一週間だけ試してみることにしました。

彼は朝、妻に「おはよう」と言いながらにっこり笑いかけました。


また彼は、会社やその他の日常生活の中でも、これまで笑顔を見せたことのない人たちに笑顔を見せました。

各種のクレームにも笑顔で対処しました。

やがて、皆が彼に笑顔を返すようになりました。


二つの習慣を続けて二ヶ月ほどたつと、なぜか売り上げが増え、収入も大幅にアップしました。


その結果、気難しかったS氏は明るく人あたりのいい性格の持ち主に変化していったそうです。


難しいと思っているお子さまとの関係も、小言をやめて、笑顔で褒め言葉で接するようになると変わります。

明るい言葉を笑顔で言う、ということを毎日の習慣にしましょう。




人の性格(人格)はその人の持つ習慣から作られています。

「子どもにいつも笑顔でいてほしい。」

「マイナスの言葉ではなくプラスの良い言葉を使える子どもになってほしい。」

と考えるなら 今回ご紹介した2つの行動をまずは、お母様、お父様が日常生活で実践してみてください。


お子様にとって良い家庭環境築かれてくると思います。





私も2人の子どもを持つ母ですがなかな実践できていないのが現状です。


心ではわかっていても、どうしてもマイナスのことばや想いがでてきてしまいますよね。


今日からは意識して


①良い言葉を使う
②笑顔で言う

私も実践していきたいと思います。




子どもの夢を応援します。天王寺教室ホームページ

http://www.shichida.ne.jp/school/061000.html  



真のバイリンガル教育(英語)を始めましょう

http://www.shichida.ne.jp/school/061000E.html  



天王寺バイリンガルスクールブログ

http://ameblo.jp/tennojibilingual  


いいね!した人  |  リブログ(0)

おはようございます。


今回は「リラックスの効用」についてお伝えします。

人間にはストレスいっぱいの状態と、リラックスしている状態があります。


ストレスがいっぱいの状態では心も脳もうまく働かず、何をしても良い成果が得られません。


逆にリラックスした状態では持っている力を十分に発揮でき、素晴らしい成果を収めることができます。


人間は通常、左脳が働いています。その脳波はβ波でストレス脳です。そこで瞑想、呼吸、イメージをすると、脳の働きは左脳から右脳へ自然に移ります。


リラックスした状態では、α波の脳波で理解力、吸収力が良くなり、学ぶことがスイスイ頭に入り、しかもよく記憶されるようになります。



リラックスの効用は学習の面にあらわれるだけではありません。


人間関係においても、心が穏やかになり、人と接するときとても調和のとれた状態で接することができます。

七田チャイルドアカデミー天王寺教室ではプリレッスンといってレッスンの最初に瞑想、呼吸、イメージトレーニングという取り組みを行います。


心身ともにリラックスした状態で学ぶことが子どもの能力を引き出すための大切なポイントだからです。



もしも、親がイライラして常にストレス状態であればその子どもは、どう育つでしょうか?



「頑張れ」という字は 頑固に張りつめるとかきますが、顔に晴れるの「顔晴れ」で子育ての応援をしてあげてください。


なぜならリラックスこそが子どもの能力を引き出す最初のステップだからです。

・頑張れ、頑張れ、頑張れでは結果は❌
・リラックス、楽しい、ワクワクが最高 ⚪️



皆さんも、仕事や子育て、家事など、リラックスして、楽しくワクワクとりくみましょう。



子どもの夢を応援します。天王寺教室ホームページ

http://www.shichida.ne.jp/school/061000.html  



真のバイリンガル教育(英語)を始めましょう

http://www.shichida.ne.jp/school/061000E.html  



天王寺バイリンガルスクールブログ

http://ameblo.jp/tennojibilingual  


いいね!した人  |  リブログ(0)

こんにちは。


今回は「子育ては量より質」をテーマにお伝えします。


「共働きで、子どもとの時間があまり作れない。もっと時間があれば、子どもの力をもっと伸ばさせるのに」このように思って、自分を責める方がいらっしゃいます。


しかし、子育ては、量より質です。子育てにも個性があっていいのです。



一番大切なのは、生活の中でどれだけ子どもに関われるかです。


時間が短ければ、その時間内にできることをすればいいと、割り切ることが大切です。


この思い切りがなければ、親もストレスが溜まりますしそれは子どもにも伝わってしまいます。


一人ひとり、子どもにも個性があるように、子育ても千差万別です。


マニュアル通りにいかないのが子育て。一つの方法に縛られず、ご家庭の状況に応じて臨機応変に取り組んでいきましょう。


子育てはいちばん尊い仕事です。

社会に貢献できる人間、次の時代を創る人間を育てることだと考えるとなんとすばらしいことなのでしょう!


親子で心が通じ、感じた時の何にも替えがたい、温かい気持ち、幸せな気持ち・・・。


その気持ちを忘れず、焦らず、自分らしい子育てをしていただきたいと思います。

今回は「子育は量より質」をテーマにお伝えしました。



子どもの夢を応援します。天王寺教室ホームページ

http://www.shichida.ne.jp/school/061000.html



真のバイリンガル教育(英語)を始めましょう

http://www.shichida.ne.jp/school/061000E.html



天王寺バイリンガルスクールブログ

http://ameblo.jp/tennojibilingual


いいね!した人  |  リブログ(0)

こんにちは。



暑い日が続いていますね。

大阪も今日は猛暑日になるようです。

体調を崩されないようにしてくださいね。



今回は昨日に引き続き子育ての目標は「完璧」ではないについてお伝えします。


ポイントは「子どもを信じる」ことです。


「うちの子はまだ⚪️⚪️できない」という言葉が聞かれることがあります。


なぜ、このような言葉が出るのでしょう?


それは、同じくらいの年齢のお子さまや、自分の理想と比べてしまうからです。


子どもには、潜在的に伸びる能力があります。


親がすべきことは、誰かと我が子を比べることではありません。


「我が子には、すばらしい能力がある」と信じ、子どもにあった働きかけをしていくことと、そして、一つでもできるようになったら、その瞬間を捉え、心から感動して褒めることです。


褒めることは、子どもの能力を引き出す最大の鍵です。ひたすら「ほめの一手」に徹しましょう。



時には、お子さまの自身が自分と他のお子さんとを比べて、劣等感を抱くことがあるかもしれません。


そんなときには、「⚪️⚪️ちゃんはこれが得意だね」と、お子さまのいいところを伝え、自信を持たせるようにすることが大切です。



今回は親がすべきことは「子どもを信じること」についてお伝えしました。


私も親なので、そうはいっても・・・

と比べてしまうこともあります。


でも比べていいことは何一つありません。

親も子どももしんどくなっていきます。


子育てを楽しく出来るように「子どもを信じていきましょう」




子どもの夢を応援します。天王寺教室ホームページ

http://www.shichida.ne.jp/school/061000.html



真のバイリンガル教育(英語)を始めましょう

http://www.shichida.ne.jp/school/061000E.html




天王寺バイリンガルスクールブログ

http://ameblo.jp/tennojibilingual



いいね!した人  |  リブログ(0)

おはようございます。



今回は子育ての目標は「完璧」ではない、についてお伝えします。


人は誰でも初めてのことに挑戦する時には不安感から、気合を入れて取り組むものです。


それは、子育ても同じです。特に、一人目のお子さまは、「しっかり育てなければ!」と理想を持って子育てに臨んでいらっしゃる方が多いでしょう。


二人目、三人目となってくると、親の方も子育てに慣れてきて、リラックスした子育てになってきますが、一人目の時はその辺りのさじ加減がわからなくて、子どものことを思っての行動がつい行き過ぎた働きかけになってしまうことがあります。


子育てには良い意味での「いい加減」が必要です。また、理想の親像を描きすぎて、お母様自身がその理想とギャップに疲れてしまうことがあります。子育てに完璧さを求めるあまり、その通りにできない自分が情けなくなっててしまうのです。


しかし、お子様が一歳なら、親もまだ一年のキャリアでしかないのですから、できなくて当然。わからなかったこと、できなかったことは、その次にできるようにすれば良いのです。


子どもが時には回り道をしながら成長するように、お母様も回り道をしながらで構わないと、肩の力を抜いて下さい。



今回は子育ての目標は「完璧」ではないについてお伝えしました。



私も2人の子どもがいますが、特に上の子には完璧を求めてしまうときがあります。

そうなってくると子どもも私自身もしんどくなり、子育てがうまくいきません・・・

肩の力を抜いて『いい加減』で子育てしていきたいです。



七田チャイルドアカデミー天王寺教室


子どもの夢を応援します。天王寺教室ホームページ

http://www.shichida.ne.jp/school/061000.html


真のバイリンガル教育(英語)を始めましょう

http://www.shichida.ne.jp/school/061000E.html


天王寺バイリンガルスクールブログ

http://ameblo.jp/tennojibilingual


いいね!した人  |  リブログ(0)

おはようございます。今回は『作文力』についてお話します。

社会に出ると、作文力が問われる機会が多くあります。その作文力が最近の若い人達には十分備わっていないと指摘されるようになりました。

作文力は、実は読む力に左右されます。小さなころから絵本が大好きで、自分でもよく本を読み、実体験では味わえない豊富な情報を取り入れた子どもは、感性豊かで、内容にも深みのある文章を書きます。


取り入れたものが乏しく、空疎な頭からは、豊かなものは少しも流れ出してきません。


だからまず、こどもを読書好きに育てることが、作文上手に育てるコツです。


ひらめきや新しい考え、独創的なものは、既に学んだ事柄が新しい結びつきをしてでくるものです。


それを上手に表現するには、作文の書き方も学ばなくてはいけません。まずは、順序よく書くこととを学ばせること。

そして、したこと作文ではなく、五感作文を書くことが上手な文を書くコツであることを教えます。

(「2歳から始める作文博士に育てる本」¥1890 参照)

もう一つのポイントは、書かせる前に何について書くか聞いてあげ、そのテーマについて書き出しをし、イメージを膨らませてあげることです。


作文のコツを学んだこどもは、豊かな感性を言葉で適切に表現できるようになっていきます。

今回は『作文力』ついてお伝えしました。


七田チャイルドアカデミー天王寺教室


子どもの夢を応援します。天王寺教室ホームページ

http://www.shichida.ne.jp/school/061000.html


真のバイリンガル教育(英語)を始めましょう

http://www.shichida.ne.jp/school/061000E.html


天王寺バイリンガルスクールブログ

http://ameblo.jp/tennojibilingual

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。