大阪市 天王寺 0歳からの幼児教室

ようこそ 七田チャイルドアカデミー天王寺教室のブログへ

こんにちは。


今回は習慣を変える小さな行動についてお伝えします。




お子さまに口やかましく小言を言うことは、親子間の溝を深くします。



反対に笑顔と褒め言葉で接すると関係が良くなります。

それを頭でわかっていても、「自分の性格だからなかなか変われない。わかっていてもついついくどくど叱ってしまう。」というお母様が多いようです。

しかし、本当は新しい二つの習慣を作るだけで、性格は変化させることができるのです。自分を表現する方法を少し変えることが、劇的な変化を自分に与えます。それは、次の二つです。



①良い言葉を使う


②笑顔で言う

気難しく、滅多に笑顔を見せたことのないS氏は、これを聞いて一週間だけ試してみることにしました。

彼は朝、妻に「おはよう」と言いながらにっこり笑いかけました。


また彼は、会社やその他の日常生活の中でも、これまで笑顔を見せたことのない人たちに笑顔を見せました。

各種のクレームにも笑顔で対処しました。

やがて、皆が彼に笑顔を返すようになりました。


二つの習慣を続けて二ヶ月ほどたつと、なぜか売り上げが増え、収入も大幅にアップしました。


その結果、気難しかったS氏は明るく人あたりのいい性格の持ち主に変化していったそうです。


難しいと思っているお子さまとの関係も、小言をやめて、笑顔で褒め言葉で接するようになると変わります。

明るい言葉を笑顔で言う、ということを毎日の習慣にしましょう。




人の性格(人格)はその人の持つ習慣から作られています。

「子どもにいつも笑顔でいてほしい。」

「マイナスの言葉ではなくプラスの良い言葉を使える子どもになってほしい。」

と考えるなら 今回ご紹介した2つの行動をまずは、お母様、お父様が日常生活で実践してみてください。


お子様にとって良い家庭環境築かれてくると思います。





私も2人の子どもを持つ母ですがなかな実践できていないのが現状です。


心ではわかっていても、どうしてもマイナスのことばや想いがでてきてしまいますよね。


今日からは意識して


①良い言葉を使う
②笑顔で言う

私も実践していきたいと思います。




子どもの夢を応援します。天王寺教室ホームページ

http://www.shichida.ne.jp/school/061000.html  



真のバイリンガル教育(英語)を始めましょう

http://www.shichida.ne.jp/school/061000E.html  



天王寺バイリンガルスクールブログ

http://ameblo.jp/tennojibilingual  


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

おはようございます。


今回は「リラックスの効用」についてお伝えします。

人間にはストレスいっぱいの状態と、リラックスしている状態があります。


ストレスがいっぱいの状態では心も脳もうまく働かず、何をしても良い成果が得られません。


逆にリラックスした状態では持っている力を十分に発揮でき、素晴らしい成果を収めることができます。


人間は通常、左脳が働いています。その脳波はβ波でストレス脳です。そこで瞑想、呼吸、イメージをすると、脳の働きは左脳から右脳へ自然に移ります。


リラックスした状態では、α波の脳波で理解力、吸収力が良くなり、学ぶことがスイスイ頭に入り、しかもよく記憶されるようになります。



リラックスの効用は学習の面にあらわれるだけではありません。


人間関係においても、心が穏やかになり、人と接するときとても調和のとれた状態で接することができます。

七田チャイルドアカデミー天王寺教室ではプリレッスンといってレッスンの最初に瞑想、呼吸、イメージトレーニングという取り組みを行います。


心身ともにリラックスした状態で学ぶことが子どもの能力を引き出すための大切なポイントだからです。



もしも、親がイライラして常にストレス状態であればその子どもは、どう育つでしょうか?



「頑張れ」という字は 頑固に張りつめるとかきますが、顔に晴れるの「顔晴れ」で子育ての応援をしてあげてください。


なぜならリラックスこそが子どもの能力を引き出す最初のステップだからです。

・頑張れ、頑張れ、頑張れでは結果は❌
・リラックス、楽しい、ワクワクが最高 ⚪️



皆さんも、仕事や子育て、家事など、リラックスして、楽しくワクワクとりくみましょう。



子どもの夢を応援します。天王寺教室ホームページ

http://www.shichida.ne.jp/school/061000.html  



真のバイリンガル教育(英語)を始めましょう

http://www.shichida.ne.jp/school/061000E.html  



天王寺バイリンガルスクールブログ

http://ameblo.jp/tennojibilingual  


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

こんにちは。


今回は「子育ては量より質」をテーマにお伝えします。


「共働きで、子どもとの時間があまり作れない。もっと時間があれば、子どもの力をもっと伸ばさせるのに」このように思って、自分を責める方がいらっしゃいます。


しかし、子育ては、量より質です。子育てにも個性があっていいのです。



一番大切なのは、生活の中でどれだけ子どもに関われるかです。


時間が短ければ、その時間内にできることをすればいいと、割り切ることが大切です。


この思い切りがなければ、親もストレスが溜まりますしそれは子どもにも伝わってしまいます。


一人ひとり、子どもにも個性があるように、子育ても千差万別です。


マニュアル通りにいかないのが子育て。一つの方法に縛られず、ご家庭の状況に応じて臨機応変に取り組んでいきましょう。


子育てはいちばん尊い仕事です。

社会に貢献できる人間、次の時代を創る人間を育てることだと考えるとなんとすばらしいことなのでしょう!


親子で心が通じ、感じた時の何にも替えがたい、温かい気持ち、幸せな気持ち・・・。


その気持ちを忘れず、焦らず、自分らしい子育てをしていただきたいと思います。

今回は「子育は量より質」をテーマにお伝えしました。



子どもの夢を応援します。天王寺教室ホームページ

http://www.shichida.ne.jp/school/061000.html



真のバイリンガル教育(英語)を始めましょう

http://www.shichida.ne.jp/school/061000E.html



天王寺バイリンガルスクールブログ

http://ameblo.jp/tennojibilingual


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

こんにちは。



暑い日が続いていますね。

大阪も今日は猛暑日になるようです。

体調を崩されないようにしてくださいね。



今回は昨日に引き続き子育ての目標は「完璧」ではないについてお伝えします。


ポイントは「子どもを信じる」ことです。


「うちの子はまだ⚪️⚪️できない」という言葉が聞かれることがあります。


なぜ、このような言葉が出るのでしょう?


それは、同じくらいの年齢のお子さまや、自分の理想と比べてしまうからです。


子どもには、潜在的に伸びる能力があります。


親がすべきことは、誰かと我が子を比べることではありません。


「我が子には、すばらしい能力がある」と信じ、子どもにあった働きかけをしていくことと、そして、一つでもできるようになったら、その瞬間を捉え、心から感動して褒めることです。


褒めることは、子どもの能力を引き出す最大の鍵です。ひたすら「ほめの一手」に徹しましょう。



時には、お子さまの自身が自分と他のお子さんとを比べて、劣等感を抱くことがあるかもしれません。


そんなときには、「⚪️⚪️ちゃんはこれが得意だね」と、お子さまのいいところを伝え、自信を持たせるようにすることが大切です。



今回は親がすべきことは「子どもを信じること」についてお伝えしました。


私も親なので、そうはいっても・・・

と比べてしまうこともあります。


でも比べていいことは何一つありません。

親も子どももしんどくなっていきます。


子育てを楽しく出来るように「子どもを信じていきましょう」




子どもの夢を応援します。天王寺教室ホームページ

http://www.shichida.ne.jp/school/061000.html



真のバイリンガル教育(英語)を始めましょう

http://www.shichida.ne.jp/school/061000E.html




天王寺バイリンガルスクールブログ

http://ameblo.jp/tennojibilingual



いいね!した人  |  リブログ(0)

おはようございます。



今回は子育ての目標は「完璧」ではない、についてお伝えします。


人は誰でも初めてのことに挑戦する時には不安感から、気合を入れて取り組むものです。


それは、子育ても同じです。特に、一人目のお子さまは、「しっかり育てなければ!」と理想を持って子育てに臨んでいらっしゃる方が多いでしょう。


二人目、三人目となってくると、親の方も子育てに慣れてきて、リラックスした子育てになってきますが、一人目の時はその辺りのさじ加減がわからなくて、子どものことを思っての行動がつい行き過ぎた働きかけになってしまうことがあります。


子育てには良い意味での「いい加減」が必要です。また、理想の親像を描きすぎて、お母様自身がその理想とギャップに疲れてしまうことがあります。子育てに完璧さを求めるあまり、その通りにできない自分が情けなくなっててしまうのです。


しかし、お子様が一歳なら、親もまだ一年のキャリアでしかないのですから、できなくて当然。わからなかったこと、できなかったことは、その次にできるようにすれば良いのです。


子どもが時には回り道をしながら成長するように、お母様も回り道をしながらで構わないと、肩の力を抜いて下さい。



今回は子育ての目標は「完璧」ではないについてお伝えしました。



私も2人の子どもがいますが、特に上の子には完璧を求めてしまうときがあります。

そうなってくると子どもも私自身もしんどくなり、子育てがうまくいきません・・・

肩の力を抜いて『いい加減』で子育てしていきたいです。



七田チャイルドアカデミー天王寺教室


子どもの夢を応援します。天王寺教室ホームページ

http://www.shichida.ne.jp/school/061000.html


真のバイリンガル教育(英語)を始めましょう

http://www.shichida.ne.jp/school/061000E.html


天王寺バイリンガルスクールブログ

http://ameblo.jp/tennojibilingual


いいね!した人  |  リブログ(0)

おはようございます。今回は『作文力』についてお話します。

社会に出ると、作文力が問われる機会が多くあります。その作文力が最近の若い人達には十分備わっていないと指摘されるようになりました。

作文力は、実は読む力に左右されます。小さなころから絵本が大好きで、自分でもよく本を読み、実体験では味わえない豊富な情報を取り入れた子どもは、感性豊かで、内容にも深みのある文章を書きます。


取り入れたものが乏しく、空疎な頭からは、豊かなものは少しも流れ出してきません。


だからまず、こどもを読書好きに育てることが、作文上手に育てるコツです。


ひらめきや新しい考え、独創的なものは、既に学んだ事柄が新しい結びつきをしてでくるものです。


それを上手に表現するには、作文の書き方も学ばなくてはいけません。まずは、順序よく書くこととを学ばせること。

そして、したこと作文ではなく、五感作文を書くことが上手な文を書くコツであることを教えます。

(「2歳から始める作文博士に育てる本」¥1890 参照)

もう一つのポイントは、書かせる前に何について書くか聞いてあげ、そのテーマについて書き出しをし、イメージを膨らませてあげることです。


作文のコツを学んだこどもは、豊かな感性を言葉で適切に表現できるようになっていきます。

今回は『作文力』ついてお伝えしました。


七田チャイルドアカデミー天王寺教室


子どもの夢を応援します。天王寺教室ホームページ

http://www.shichida.ne.jp/school/061000.html


真のバイリンガル教育(英語)を始めましょう

http://www.shichida.ne.jp/school/061000E.html


天王寺バイリンガルスクールブログ

http://ameblo.jp/tennojibilingual

いいね!した人  |  リブログ(0)

おはようございます。今回は「数のある環境作り」についてお伝えします。

ドッツカードをフラッシュし、右脳にインプットすることと並行して、少しずつ「数」を生活の中に取り入れ、「数」に対して興味を持たせてあげましょう。

数の基礎は、言葉から作られていきますので、数に関係のある言葉を毎日の生活の中で、折りにふれて教えていくことで、少しずつ数の基礎概念が作られていきます。

また、遊びの中に数を取り入れていくことも、楽しみながら数に強い子に育てる良い方法なのです。

家庭でできる数遊びの例をいくつか紹介します。

①お手伝い遊び
「テーブルにお皿を2枚ずつ並べてね」など、お手伝いをしてもらいましょう。

②数あて遊び
箱やお皿に、おはじきなどを隠し、「いくつ入っているかな?」と当てさせます。

③合成遊び
2は、0と2 1と1 2と0 豆やマカロニなどで、合成遊びをしましょう。

④数唱あそび
「20数えたら、お風呂から出ようね。」や、階段の昇り降りに段数を数えるなど、生活の中で数える習慣をつけましょう。

今回は「数のある環境作り」についてお伝えしました。


七田チャイルドアカデミー天王寺教室


子どもの夢を応援します。天王寺教室ホームページ

http://www.shichida.ne.jp/school/061000.html


真のバイリンガル教育(英語)を始めましょう

http://www.shichida.ne.jp/school/061000E.html


天王寺バイリンガルスクールブログ

http://ameblo.jp/tennojibilingual



いいね!した人  |  リブログ(0)

おはようございます。今回は「まねっこ遊び」についてお伝えします。

正しい生活習慣は、早いうちから、きちんと身につけさせたいものです。

でも、「ちゃんとごあいさつしましょう」「はやくかたづけなさい」などのしつけの言葉が理解できる年頃になって初めて有効だと思います。


まだ小さいうちは「いただきますのまねっこ」「おかたづけのまねっこ」というふうに遊び感覚で一緒に楽しみ、まねっこゲームを続けるうちにいつしか正しい生活習慣が身についていくのです。

「~しなさい」「~ができていないじゃないか」と口うるさく言うようなしつけは親も子も苦痛です。

「まねっこ遊び」はしつけの言葉がまだきちんと理解できない小さいこどもにも楽しんでできる方法です。

今回は「まねっこ遊び」についてお伝えしました。


七田チャイルドアカデミー天王寺教室


子どもの夢を応援します。天王寺教室ホームページ

http://www.shichida.ne.jp/school/061000.html


真のバイリンガル教育(英語)を始めましょう

http://www.shichida.ne.jp/school/061000E.html


天王寺バイリンガルスクールブログ

http://ameblo.jp/tennojibilingual

いいね!した人  |  リブログ(0)

おはようございます。今回は「言葉」をテーマにお伝えします。

言葉はすべての知的作業の根源をなすものです。

でもその言葉もちゃんと使いこなし、表現できなければ意味がありません。愛情のこもった豊かな語りかけと、右脳•左脳両方への働きかけによって、言葉を育てましょう。

(言葉を育てることで)
①精神が発達します。
②表現力が育ちます。
③質の高い豊かな思考力が育ちます。

脳には言語処理を担当するための脳細胞が用意されているので、言葉の刺激を与えることで質が高まります。

そして、脳の働きに沿った働きかけを行うことで左右の脳をバランスよく使い、言葉を豊かに操ることができるようになるのです。

発達に応じた言葉への取り組みで、質の高い豊かな能力を育てましょう。

今回は言葉を育てる大切さについてお伝えしました。


子どもの夢を応援します。天王寺教室ホームページ

http://www.shichida.ne.jp/school/061000.html


真のバイリンガル教育(英語)を始めましょう

http://www.shichida.ne.jp/school/061000E.html


天王寺バイリンガルスクールブログ

http://ameblo.jp/tennojibilingual

いいね!した人  |  リブログ(0)

おはようございます。今回は箸の使い方についてお伝えします。

毎日何気なく使っている箸ですが、箸は日本の食生活に欠かせないものです。

しかし、その箸を正しく持って使えている子どもは、約半数だといわれています。

統計によると、正しい箸の持ち方をしている子どもは、成績も上位の子どもが多いという結果が出ているそうです。


箸の正しい持ち方は、幼少のころに、しつけておけば、だれでもできることです。


大人でもその気さえあれば、正しい持ち方に直すことができます。上手に使うことで指先も器用になり、脳も発達します。

正しい箸使い、動作のポイント
①一本の箸を親指と人差し指の根元の間にはさむ。


②その箸を、軽く曲げた薬指の第一関節の上に置いて固定する。

③もう一本の箸は、親指・人差し指の腹で挟み、中指の第一関節で支える。

④小指を薬指に添える

下の箸を薬指の先端と親指・人差し指の股部においてしっかり固定し、親指で二本の箸を押えます。上の箸を親指・人差指・中指の3本で動かして、食べ物をはさんだりつまんだりします。


下の箸は固定し、上の箸だけを動かします。

お箸を上手に使える子どもは、鉛筆も正しく持てます。


手先も器用になります。幼少期に、きちんと身につけておくと、人生の宝になります。正しい箸使いを学びましょう。

今回は箸の使い方についてお伝えしました。


子どもの夢を応援します。天王寺教室ホームページ

http://www.shichida.ne.jp/school/061000.html


真のバイリンガル教育(英語)を始めましょう

http://www.shichida.ne.jp/school/061000E.html


天王寺バイリンガルスクールブログ

http://ameblo.jp/tennojibilingual

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。